失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

ロレックスを売りたい方へ!箱なしのロレックスでも買取してもらえるの?

2020年11月1日

ロレックスを購入したときは箱に入っていたはずなのですが、いつの間にか箱はどこかに行ってしまいます。
買取してもらう際は、箱がなくても大丈夫なのかわからないですよね。
査定に影響するかもしれないと不安に感じる方はいらっしゃいますよね。
では、箱がないとどれくらい安くなるのでしょうか。箱なしでロレックスを買取する場合について解説します。

□ロレックスは箱がなくても売却が可能

箱なしのロレックスを持っているが、箱がない状態で売却できるのか心配という方はいらっしゃいませんか。
結論から申し上げると、ロレックスは、箱がなくても売却できます。
売却はできても高値での取引は期待できません。
そのため、高額での取引を希望する方は、箱がないと安くなる点に注意してください。
ロレックスを中古で買い求める人は、できるだけ新品に近いものを欲しがります。

その理由の1つとして、中古を買い求める人の中には、ロレックスのコレクターがいるからです。
コレクターはロレックスをこよなく愛しているので、同じ買うなら付属品も含めて買おうとします。
そのため、付属品が揃っていればすぐ売れるので、買取店も高値をつけてくれるのです。

コレクターは買った品物を実際に使うのではなく、ショーケースなどに並べて見て楽しむので、そういう人にとっては箱があるかないかは重要なのです。
中古を買い求める人の全員がこのようなコレクターではないでしょう。
しかし、中古市場におけるコレクターの存在はかなり大きいと言えます。

ちなみに、箱と同様に重要なのが保証書です。
保証書は、そのロレックスが本物であることを証明するものなので重要なのですが、買取店の査定士は保証書がなくても、本物かどうか見分けられます。
ではなぜ保証書の有無が、査定額に影響するのだろうと思いますよね。

その理由は、査定士は本物を見分けられても、中古のロレックスを買うお客は、本物を見分けられないためです。
そのため、保証書がついている品物のほうが安心できるため、高く売れるのです。
また、上記のコレクターが箱付きを欲しがるのと同様に、保証書付きのロレックスを欲しがる傾向もあります。
つまり、コレクターにとっては、付属品はブランド品の一部なのでしょう。

このような理由で、箱付きや保証書付きのロレックスが高値で買取されるのです。
購入時には、後々買取に出すことも考慮して、箱や保証書をしっかり保管しておくようにしましょう。
そうしないと、何年かたつうちに、箱や保証書はどこかに行ってしまいます。
もちろん、箱や保証書があっても箱が傷ついていたり、保証書が汚れていたりすると、価値が下がってしまいますから、きれいな状態で保管しましょう。

□箱の有無で査定金額がどれくらい変わるのか

箱を大切に保管している方や箱は捨ててしまった方もいますよね。
また、新たにブランド品を買って箱を処分しようか迷っている方もいるでしょう。
箱があったり、付属品がついていなかったりする場合では実際にどれほど査定額が変わるのでしょうか。
ここでは、具体例を挙げて詳しく紹介するため、是非参考にしてください。

1つ目は、サブマリーナRef.116610LN(現行モデル)の場合です。

箱なし、保証書あり 買取価格 620,000円
箱あり、保証書あり、買取価格 630,000円

2つ目は、サブマリーナRef.16610(先代モデル)の場合です。

箱なし、保証書あり 買取価格 510,000円
箱あり、保証書あり、買取価格 530,000円

上記2例からわかるように、箱なしと箱ありでは、買取価格が1~2万円ほど変わるでしょう。
このように、ロレックスは箱があったほうが高値で買い取ってもらえるので、極力箱をつけて査定に出しましょう。
上記に挙げた2つのモデルは比較的新しいものですが、古いビンテージ物になると、箱の有無によってさらに買取価格に差が出やすくなります。

たとえば、デイトナRef.16520、ヴィンテージサブマリーナRef.1680などのビンテージモデルの場合は、箱があるだけで3~5万円ほど査定額が高くなることが期待できます。
もっと古いビンテージ物の場合は、箱の有無によってさらに査定額に差が出るので、できる限り箱はとっておくようにしましょう。

 

*箱なしの場合はどうするのか

ロレックスは、箱がないと買取してもらえないことはないため、安心して下さい。
上記のように、箱なしであれば買取額が下がることは受け入れるしかありません。
買取額に不満がなければ、買取はしてもらえるでしょう。

しかし、箱がない場合は、買取を出す際に、あるポイントに注意することをおすすめします。
それはロレックスの取扱数が多い買取店に出すことです。
これはなぜかというと、ロレックスの取扱数が多ければ、それだけ付属品の流通も多いので、そのモデルの箱を入手できる可能性が上がるためです。

箱があれば高値で売れるので、査定額も高くなるでしょう。
ロレックスの流通量が多い買取店は都心部に集まっているので、都心部にある大手の買取店であれば、箱なしでも高く買い取ってもらえると考えて良いでしょう。

 

*箱以外の付属品

ロレックスの付属品は、箱以外に国際保証書やブレスレットのコマ、タグや説明書などがあり、一部の限定モデルには、外箱がついている場合もあります。
箱以外にも、これらの付属品の有無によっても査定額が変わるので、なるべく多くの付属品を揃えて出すようにしたいものです。

箱や付属品が査定にどれほど影響を与えているかをご理解していただけたでしょうか。
将来的な売却の時に後悔したくない方は新たにブランド品を購入した際の付属品類は大切に保管しておきましょう。
今回紹介した内容を押さえて売却を進めれば、納得のいく取引ができるでしょう。

□ロレックスはどのように査定されるのか

実際に買取に出す際にどのような点をチェックして査定されるかを詳しく知っている方は少ないですよね。
しかし、それらのポイントを知っておくと便利でしょう。
ここからは査定の際にチェックされる項目を紹介します。

買取に出されたロレックスは、おおよそ次のような項目をチェックして査定されます。

まずは、見た目に関わる部分であるデザインやカラー、キズや故障による状態の変化です。
また、先ほども紹介したように付属品も重要でしょう。

そのほかには、希少価値や流通量、人気度合い、為替などが関わってきます。
さらに、タイミングや製造年といった部分も大切です。

ロレックスはもともと海外製品なので、新品の価格は為替変動によって左右されます。
中古市場はそれほど為替の影響はないのですが、それでも新品の価格が変動すれば、中古市場の価格もある程度影響を受ける可能性があるため、気をつけましょう。

 

*買取価格を決めるのは中古市場の相場

買取に出したロレックスの買取価格は、中古市場でそのモデルが、どれくらいの金額で取引されているかにかかっています。
その相場を左右するのが、上記のようなさまざまな条件なのです。

人気の高いものであれば流通量が少ないと査定額は高くなることはわかりますよね。
しかしこれは逆のパターンもあり、人気が低くても流通量が少ないと査定額は高くなるでしょう。

ちょうど買取に出したときに、そのモデルが品薄であれば高くなるし、十分な供給量があれば安くなってしまいます。
これは需要と供給のバランスの問題で、供給量が少なければ高値になります。

このように、ロレックスの買取額はいろんな条件が複雑に絡み合って、算出されるものなのです。
特に重要なのは中古市場の流通量です。

これは一般の人にはわからないので、いつ買取に出せば高値になるのかを見極めるのは、困難なところもあります。
このように査定に関してはわからないことや難しく感じることが多いと思います。
そういった場合は、専門業者に相談して、悩みや不安を解決しておきましょう。

査定のポイントを押さえておけば、取引で後悔することはないでしょう。
そのため、ポイントをよく理解した上で、買取へ向かうことをおすすめします。

□まとめ

ロレックスの買取の際に、箱がなくても買い取ってもらえますが、箱がない場合は若干査定額が下がります。
中古市場でロレックスを買い求める人は、なるべく新品の状態に近いものを欲しがるので、箱などの付属品があるほうが売りやすいのです。
そのため、買取店も箱があると少し高値をつけてくれます。
査定額に関しては、紹介した条件が大きく影響するため、減額しないように丁寧な扱いを心がけましょう。
また、為替変動の影響を受けたり、中古市場の流通量によっても相場が変わったりするため、査定額もそれに合わせて上下します。

この記事を書いた人
須賀兼一
代表取締役
平成16年4月より須賀質店の代表取締役を務めています。質屋のシステムやビジネスモデルについて、初めてご利用する方にもわかりやすく解説することを心がけています。質屋でお金を借りることは、銀行や消費者金融からお金を借りる手法にはないメリットがあるのです。現役の質屋でしか語れない「質屋の便利な使い方」について、当Webサイトで解説しています。