10金と18金のジュエリーを高額買取 ~金のジュエリーをより高額に売却する秘訣を紹介~ | 買取・質入れの須賀質店
失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

10金と18金のジュエリーを高額買取 ~金のジュエリーをより高額に売却する秘訣を紹介~

須賀質店池袋営業所にて10金のジュエリー4点と、18金のジュエリー2点を買取いたしました。

 

2020年に入り、何度かニュースにも取り上げられているためご存じの方も多いかも知れませんが、今回買取したジュエリーの素材である金は相場が高騰しています。

 

金は毎日相場が変わるものであるため、一日一日で見ると上下するときもありますが、2019年、2018年さらにそれ以前の相場と見比べると、金の相場はかなり上昇しています。

 

そのため、不要になった金のジュエリーなどの売却を検討している方々は、上昇途中である今のタイミングが売りどきかも知れません。

 

今回は金のジュエリーの売却を検討されている方へ、より高額で売却するための秘訣を紹介します。
【目次】

①金のジュエリーをより高額で売却するコツ

②金のジュエリーの売却はぜひ須賀質店へ

③【まとめ】今回買取した金のジュエリーの買取金額について

金のジュエリーをより高額で売却するコツ

 

 

シャネル買取にはタイミングが大切

①複数の買取店の買取金額を調べる

 

冒頭でもお話したとおり、金の買取相場は毎日異なり、買取金額も買取店ごとに異なります。

 

なぜ買取店で買取金額が異なるのかというと、買取後の換金方法や、お店の利益、方針などに違いがあります。

 

2020年に入り、金の買取金額はかなり上昇しています。

そのため、金製品の売却を希望される方もかなり増加しました。

 

金相場が高騰し、金製品の売却を希望される方が多いと、買取店でも金の買取金額で価格競争が起こります。

 

他店よりもより高い金額で買取し、例え薄利になってしまったとしてもより多くのお客様にご利用していただくため、熱心な買取店は日々買取金額の見直しを行なっています。

 

須賀質店でも金相場の上昇に合わせこれまで何度も買取金額の見直しを行い、より高額で買取しようと日々努めています。

 

しかし、中には金製品の買取に熱心でないお店の場合、買取金額の見直しはあまり行っていない可能性もあります。

 

他の買取店では価格競争のためギリギリまで買取金額を上げているにも関わらず、競争に参加していないお店に売却してしまった場合、お客様が受取る金額に大きな差が出てしまうことになります。

 

そのため、金の売却を決心された際には、まず買取店の買取金額を調べることをお勧めします。

 

買取金額を調べるといっても調べ方がわからない人も多いと思います。

 

現在ではほとんどの買取店がホームページに本日の金の買取相場を掲載しています。

そのため、わざわざ一軒一軒お店に足を運ばずとも、買取金額がより高額な買取店を探すことが可能です。

 

一番高額な買取金額を提示している買取店を見つけたら、すぐに行こうと思うかも知れませんが、一度電話で買取について確認されることをお勧めします。

 

あまりにも高額な買取金額を提示しているお店は、買取手数料や査定料を求められる可能性があります。

 

高額な買取金額を提示しておきながら、実際に査定した際には手数料などが引かれてしまい、最終的に受け取れる金額が他のお店よりも少なくなってしまうかも知れません。

 

さらに、ホームページに掲載している買取金額は、「宅配買取の場合のみ」や「総額何万円以上の売却時のみ」など条件が設定されている場合があります。

 

売却時に店頭でそのようなことを言われてもしょうがないと思って売却してしまうかも知れませんが、もしかすると買取金額が2番目に高額だったお店のほうがより高額な買取金額になったかも知れません。

 

結果的にお客様が損をしてしまうことに繋がるため、売却時には一度お店へ電話などで確認されることをお勧めします。

 

②より高額なタイミングで売却する

さきほど、金の買取相場は日によって上下するとお話しましたが、実際どの程度変わるのだろうかと疑問に思うかも知れません。

 

18金の場合、一日で変わる買取金額の差は大きくても数十円程度でしょう。

 

数十円程度かと驚く方もいらっしゃるかも知れませんが、注意していただきたいポイントは「1gあたりの買取金額」であるということです。

そのため、gが多ければ多いほどその差は大きくなります。

 

例えば18金のジュエリーを複数お持ちいただき、重さの合計が100gであり、前日よりも「1gあたりの買取金額」が90円異なっていた場合、一

日売却するタイミングが変わっただけで受け取れるお金が9,000円減ってしまいます。

 

 

たかだか数十円と思うかも知れませんが、お品物の重さや、売却するタイミングによってはここまで変わる可能性があります。

 

さらに、何度もお話している通り、2020年に入ってから金の相場は急上昇しています。

 

今後の金相場を予想することはとても難しく、急激に2019年頃の相場に戻ってしまう可能性も0ではありません。

 

そのため、金の売却を検討されている方は「もっと上がるだろう」と期待しすぎると損をしてしまう可能性もあるため充分な注意が必要です。

 

より高額で売れるタイミングと言われても金相場についてわからないといった方も多いと思います。

 

金の相場について気になることがあればぜひ須賀質店へお問い合わせ下さい。

お電話などで、本日の買取金額や、昨日と比べて今日はどの程度変わったかなどお気軽にお問い合わせ下さい。

 

須賀質店の査定員は日々金相場の観察を行なっているため、スムーズに現在の相場についてわかりやすくご説明いたします。

 

金のジュエリーの売却はぜひ須賀質店へ

須賀質店は創業100年を超える老舗の質屋です。

 

近年ではリサイクルショップなど金の買取を行うお店が急増している中、須賀質店は今もな都心に3店舗を構え、日々お多くのお客様にご利用していただいています。

 

特に、2020年に入ってからは、金相場の高騰の影響もあり、使用しなくなった金のジュエリーの売却を依頼される方がとても増えました。

 

須賀質店でも、よりお客様にご利用していただき、長く愛されるお店であるために創意工夫を凝らしています。

 

金の買取金額も何度も価格設定を見直し、最高レベルの買取金額をご提示しています。

 

ご利用いただいているお客様の中には、何度も来店してくださるリピーターのお客様も多くいらっしゃいます。

 

長い歴史と、多くの人から利用いただいている須賀質店をぜひご利用下さい。

 

【まとめ】今回買取した金のジュエリーの買取金額について

今回買取したジュエリーは、10金が4点、18金が2点でした。

 

10金のジュエリーのうち、ネックレスの一つがチェーンが切れてしまっていました。

 

破損があるジュエリーは買取金額が下がってしまうと思われがちですが、今回の様に買取金額が素材である金のお値段である場合、例え壊れていたとしても買取金額に変化はありません。

 

そのため、割れてしまった指輪や切れてしまったネックレスなどで金としての買取金額が変わることはありません。

 

今回買取したジュエリーは、ダイヤモンドが埋め込まれていましたが、大きさ、スペックが不十分であったためにダイヤモンドにはお値段をお付けすることができませんでした。

 

買取金額は金に対してのみではあったものの、須賀質店池袋営業所にて合わせて19,000円で買取いたしました。

 

お客様からはいつ購入したか忘れたくらい古いものであった方お金になってよかったと満足していただき、無事買取契約へと進みました。

荷物を整理した際に過去に購入したジュエリーなどを発見し、売れるものかどうかわからないということも少なくないと思います。

 

その際はぜひ須賀質店をご利用下さい。

 

須賀質店には熟練した査定員と、お品物が金であるかどうか判別する専用の設備もございます。

 

査定自体は無料ですので、お気軽に須賀質店をご利用下さい。

今回の金の買取の詳細は以下の通り

 

金属の品名 重量 数量 単価 買取金額
K10 5.7g 4 2,500円 14,000
Pt900 1.1g 2 4,900円 5,000

【2020年10月15日 須賀質店の金・プラチナ買取価格表】

 

金属の品名 買取価格 金属の品名 買取価格
24金インゴット 6,650 プラチナ1000インゴット 3,020円
24金 Au1000 6,460円 プラチナ1000 2,930円
22金 Au916 5,870円 プラチナ950 2,770円
20金 Au833 5,350円 プラチナ900 2,670円
18金 Au750 4,930円 プラチナ850 2,520円
14金 Au583 3,660円

須賀質店の金の買取金額←はこちら

プラチナジュエリーの買取事例←はこちら

24金インゴッドの買取事例←はこちら

この記事を書いた人
K.Y
ご覧いただきありがとうございます。私は須賀質店に入社して2年目を迎えます。 出身は長野県で、進学のために神奈川県、新卒で広島県、現在は神奈川県に住んでおり色々な地方を行き来しました。趣味は写真撮影で、様々な場所の風景写真を撮ることが休日の楽しみです。最近の悩みは、5年近く蓄積された写真の影響で、パソコンのデータ容量が足りなくなってきていることです。