失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

シャネルのアクセサリーの買取をご検討中の方!買取のポイントについてお話しします!

2020年12月24日

バッグや香水で有名なシャネルは、アクセサリーも数多くラインナップしています。
今回は、シャネルのアクセサリーの特徴や、歴史についてご紹介します。
シャネルのアクセサリーを高値で買い取ってもらうためのコツも伝授するので、ぜひご覧ください。

□シャネルのアクセサリーの特徴や歴史について

まずは、シャネルのアクセサリーの歴史と特徴について確認していきましょう。
シャネルの歴史は、ココ・シャネルが1910年にパリで帽子の専門店「シャネル・モード」をオープンしたことに始まります。
その後、ココ・シャネルは1915年にジャージ素材のドレスを発表し、それまで忌み嫌われていた黒い服のドレスを世に出したことで、大きな話題となりました。

また、それまでの窮屈な服装にかわり、女性がパンツを履くなど女性が動きやすい服装を提案しました。
ココ・シャネルはそれまでのタブーを破り、女性のファッションを変えることで、女性の暮らしに大変革をもたらしたのです。
シャネルの製品はバッグや服にとどまらず、ネックレスやピアス、指輪などのアクセサリーも数多くあります。
ココ・シャネルのデザインにはカメリアや星がモチーフになったものが多く、繊細でありながら普段使いにも適したアクセサリーは、たちまち世界中の女性を魅了する存在になりました。

□シャネルのアクセサリーの査定時のポイントについて

ここまで、シャネルのアクセサリーの特徴や歴史を確認してきましたが、査定の際のポイントがわからない方もいらっしゃいますよね。
結論を説明すると、基本的にはアクセサリーの状態や年代が査定の基準となります。

状態に関しては、できるだけ新品に近い状態で保管しておくことが重要です。
付属品をつけておくことや汚れを落とすことが重要ですが、こちらに関してはのちほど確認していきましょう。

年代に関しては、近年では、1980年~90年代のファッションが流行したことや、海外のセレブが身につけて話題になったことから、ヴィンテージシャネルの人気が高まっています。
そのため、新作ではあまり見られない、大ぶりなゴールドのアクセサリーやネックレスなどが高い値段で取引されています。

□アクセサリーをより高値で買取ってもらうためのコツについて

シャネルのアクセサリーは比較的値段が高いものが多く、18Kホワイトゴールドや宝石をあしらったネックレスになると、かなりの高額になる場合が多いです。
また、プリュム・ドゥ・シャネルなどのデザイン性の優れたアイテムは、数百万円になるものもあります。
ここまで高額なものはあまり多くありませんが、それでもシャネルのアクセサリーは高値で取引されています。

しかし、どうせ売るなら、なるべく高く買い取ってもらいたいですよね。
そこで、以下のような方法を使うことで、より高値の買取額を期待できます。

*売る前に汚れを落とす

査定の前に汚れをきれいに拭くだけでも、査定額が変わることがあります。
特にネックレスや指輪などのアクセサリー類は、汚れがあると査定に響きます。
ネックレスや指輪は直接肌に触れるため、皮脂汚れがつきやすいので注意しましょう。
皮脂が付いたまま使っているとアクセサリー全体に輝きがなくなり、くすんで見えるのでなるべくきれいにして査定に出すことをおすすめします。

また、アクセサリーもバッグなどと同様に傷があると査定に影響するので、普段使う際に傷がつかないように注意してくださいね。
指輪に細かい細工がしてあったり、宝石などがはめ込んであったりする場合は、爪楊枝などの先の柔らかいもので隅の汚れを落としてきれいにしましょう。
この際、先が固い金属で隅の汚れを取ろうとすると、アクセサリーを傷つけてしまうので注意が必要です。

*付属品をつける

査定時に付属品も一緒につけると、査定額が上がることがあります。
そのため、ネックレスや指輪を買ったときについていた保証書や鑑定書、保存袋などを揃えて出すようにしましょう。
中古市場でシャネルの商品を買い求める人は、できるだけ新品に近い状態で買いたがるので、こういった付属品があった方が高値になります。

特に保証書や鑑定書は、本物であることを証明する大切なものです。
買取店の査定士は、持ち込まれたアクセサリーがシャネルかどうか見極められますが、中古市場で買う人は見分けられないので、保証書や鑑定書があると安心して買ってくれるでしょう。
つまり、保証書や鑑定書があるだけで早く売れる上に、少し高値でも買い手がつきやすいのですね。

*買取業者を慎重に選ぶ

優良な買取業者を選ぶことで、高く買い取ってもらいやすくなります。
シャネルのアクセサリーを買取に出す場合は、ブランド品の買取専門店に出すようにしましょう。

ブランド品のアクセサリーを売るには、近くのリサイクルショップや質屋、ネットオークションなども利用できます。
しかし、リサイクルショップや質屋では、商品の価値を正確に判断できない場合が多いので注意しましょう。
なぜなら、リサイクルショップや質屋には、ブランド品を見分ける査定士がいない場合が多いからです。

ブランド品には偽物も多いため、本物かどうか見極める査定士がいないと、万が一偽物だった場合のことを考慮して査定額を低く出す傾向があります。
そうしないと、偽物だった場合に損をしてしまうからです。
そのため、せっかく本物を持って行っても低く査定されてしまうおそれがあるので、リサイクルショップや質屋はあまりおすすめできないのです。

また、ネットオークションを使うと簡単に売買できるので便利ですが、オークションである以上、必ずしも高値で落札されるとは限りません。
思った以上に低い金額で競り落とされてしまうこともあるため、こちらもあまりおすすめできません。
しかもネットオークションは個人取引なので、落札してもお金が振り込まれなかったり、送った品物に傷があったとクレームをつけられたりすることもあるので、後々のトラブルのもとにもなります。
こういった理由で、ネットオークションもあまり良い方法とは言えないのです。

その点、ブランド品の買取専門店なら、プロの査定士が正しい査定額を出してくれるので、安心して買取に出せるでしょう。
シャネルに限らずブランド品の査定は、その商品の人気度や商品の状態、中古市場の流通量などを見て適正な買取額を決めるので、これができるのは買い取り専門店の査定士だけなのです。

*優良な買取店の見極め方

アクセサリーのような貴金属を買い取ってもらう場合は、目の前で計量してくれる業者を選びましょう。
ほとんどの場合は目の前で計量してくれますが、中には一度店の奥に引っ込んで計量する業者もいます。
目の前で計量すれば、何グラムあるのかお互いに確認できるので安心ですが、奥で計量されるとグラム数をごまかされている可能性もあります。
そのため、不安な場合には、目の前で計量してもらうように提案してみましょう。

また、近くに同業の買取店がないと、他店との競争がないので、査定額を低めに出す業者もいるかもしれません。
そのため、近くに複数の買取店がある場所で買取に出した方が、高めの査定になりやすいことも覚えておきましょう。
近くに複数の買取店があれば、競争原理が働いて高めの査定をつけてくれやすくなりますよ。

□まとめ

今回は、シャネルのアクセサリーの歴史や特徴と、高く売るためのポイントについてご紹介しました。
シャネルのアクセサリーの買取は、商品の状態や製造年が査定の決め手になります。
高く売るためには、査定の前に汚れを落としたり付属品をつけたりすることが大切です。
本記事が皆様の参考になれば幸いです。

この記事を書いた人
須賀兼一
代表取締役
平成16年4月より須賀質店の代表取締役を務めています。質屋のシステムやビジネスモデルについて、初めてご利用する方にもわかりやすく解説することを心がけています。質屋でお金を借りることは、銀行や消費者金融からお金を借りる手法にはないメリットがあるのです。現役の質屋でしか語れない「質屋の便利な使い方」について、当Webサイトで解説しています。