失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

ダイヤモンドが合計1.006ct埋め込まれた指輪を高額買取 ~ダイヤモンドの買取実績について紹介~

2020年12月22日

ダイヤ付き指輪 高価買取 都内

須賀質店五反田本店にて、18金の指輪を買取いたしました。

 

今回買取しました指輪にはダイヤモンドが五粒埋め込まれており、合わせて1.006ctのダイヤモンドが使用されていました。

 

今回の査定金額のメインは、指輪の素材である18金ではなく、埋め込まれていたダイヤモンドの方です。

 

指輪に使用されるダイヤモンドは0.1ctを下回る小粒のものから、指輪の印象を一変させる1ct超えのものなど幅広いサイズがあり、その他にもダイヤモンドの色合いやカットなど様々な種類があります。

 

今回買取しました指輪には5粒で1.006ctのダイヤモンドが埋め込まれており、一粒あたりの大きさは0.2ct前後だと予想できます。

 

今回は、一粒あたり0.2ct前後のダイヤモンドが使用された指輪について、どのように査定金額が付けられるのか、紹介していきます。

【目次】

①今回買取したダイヤモンド付きの指輪について

②ダイヤモンド付きの指輪をより高額で売却するためのコツ

③須賀質店のダイヤモンドの買取実績

④須賀質店は様々なお品物の買取を行っております

今回買取したダイヤモンド付きの指輪について

ダイヤモンド 高価買取 老舗

今回買取しましたダイヤモンド付きの金の指輪は、冒頭でもお話したように、0.2ct前後のダイヤモンドが5粒埋め込まれたデザインのお品物でした。

 

指輪に使用されるダイヤモンドは、買取業界では中石と呼ばれる指輪の中心に配置される比較的大きなダイヤモンドから、メレダイヤと呼ばれる中石をより豪華に見せる引き立て役としての小粒のダイヤモンドなど様々な種類があります。

 

今回買取しました指輪に埋め込まれたダイヤモンドはそれぞれが0.2ct前後と、中石としても使用されるくらいのサイズでした。

 

一粒が0.1ctを下回るメレダイヤの場合は、それぞれが小さいため査定金額は使用されているメレダイヤの合計が何ctであるかで決められます。

 

しかし、今回買取した指輪に使用されていたような0.2ct程度のダイヤモンドであれば、買取金額はそれぞれのダイヤモンドにお付けすることができ、より高額な買取金額を期待することができます。

 

ダイヤモンドの査定には、査定員がルーペを通してダイヤモンドを確認し、色やカット、内包物の有無などを確認し、金額をおつけします。

ダイヤモンドは無色透明であればあるほど、内包物も小さければ小さいほど高額な買取金額が期待できます。

 

今回買取しました指輪のダイヤモンドは、全体的に透明に近い色をしており、内包物もルーペで微かに確認できるくらいの比較的質の良いダイヤモンドが使用されていました。

 

査定金額としてはダイヤモンドに25,000円、指輪の素材である金に18,000円の計43,000円になりました。

 

須賀質店は100年以上続く老舗の質屋であるため、今回のようなダイヤモンド付きの指輪の買取を行っており、リピーターとして須賀質店を何度も使用してくださる方も多くいらっしゃいます。

 

次は、そんな須賀質店がダイヤモンド付きの指輪をより高額で売却するためのコツを紹介します。

ダイヤモンド付きの指輪をより高額で売却するためのコツ

先程もお話したように、ダイヤモンドの査定は、査定員が実際に目で確認し、色やカットなどのスペックを判断して買取金額をお付けしています。

 

そのため、買取店や担当した査定員によって、ダイヤモンドのスペックの判断が異なる可能性が大きいです。

 

ダイヤモンドのスペックは同じものは無く、カラー一つをとっても、ある買取店では黄色味が強いと判断したとしても、他の買取店では黄色味がそこまで強くないと判断する可能性があります。

 

ダイヤモンドのスペックの判断には長年の査定実績としっかりとした観察眼が必要不可欠になり、これらが不足している場合、必要以上にスペックを下に判断されてしまうことがあります。

 

長年ダイヤモンドの査定経験が豊富な査定員の場合、細かな色の判別が可能であり、多少ダイヤモンドに黄色味があったとしても、必要以上にマイナスポイントとしては判断しないでしょう。

 

しかし、経験が不足している査定員の場合、多少の黄色味を必要以上に大きなマイナスポイントとして判断してしまい、結果的に買取金額も他よりも大きく違うものになってしまうかもしれません。

特に、大粒のダイヤモンドになってくると、判断したスペックの違いによって買取金額が何万円も異なることは決して珍しいことではありません。

 

それだけダイヤモンドの査定は難しく、判断する人によっても買取金額が変わることがあるのです。

 

そのため、ダイヤモンド付きの指輪の売却を検討されている方は、一件目の買取店で売却されるのではなく、複数の買取店へ持ち込むことをお勧めします。

 

さらに重要なポイントは、買取店へ「持ち込む」ことです。

買取価格が高い店舗

最近では、須賀質店を始め多くの買取店がメールやLINEアプリを通して査定を受け付けています。

 

メールやLINEアプリを使用する場合、お品物の写真を撮って送るとより正確な買取金額を知ることができます。

 

しかし、ダイヤモンドの場合、1ctを超えていたとしても写真で見るには小さすぎ、カラーや内包物の有無、カットなどを判断することができません。

 

さらに、大きなダイヤモンドである場合は、欠けがあることは珍しいことではありません。

 

もしもLINEなどで高額を付けてもらったため、来店したら店頭で全く違う金額を提示されてしまう可能性もあります。

 

そのため、ダイヤモンド付きの指輪の場合は多少面倒であっても、実際にいくつかの買取店へ持ち込み店頭で査定してもらい、その中からより高額な買取金額を提示したお店へ売却されることをお勧めします。

 

その上で、須賀質店は一番最後にご来店してみてください。

お問い合わせください

須賀質店は大きなサイズから、小粒のものまで幅広くダイヤモンドの査定を行っており、買取実績も数多くあります。

 

次は、須賀質店の最近のダイヤモンドの買取実績について紹介します。

須賀質店のダイヤモンドの買取実績

 

今回は、ここ数ヶ月で買取した指輪やネックレスに埋め込まれていたダイヤモンドについて、須賀質店が買取した金額について紹介します。

 

それぞれの写真は、買取後にダイヤモンドを専門鑑定機関に鑑定してもらい、スペックを記したソーティングシート(簡易鑑別)になります。

 

  
買取金額:800,000円

3ctを超えるかなり大きなダイヤモンドでした。大きなダイヤモンドの場合、それだけ内包物も多く含まれる可能性が高いですが、こちらのダイヤモンドの内包物はルーペで確認しないとわからないくらい小さなものしかありませんでした。須賀質店にて800,000円とご提示し、お客様には他よりも高額だったと言って頂き、問題なく買取契約が成立しました。

 

  
買取金額:15,000円

ダイヤモンドといえば、一般的なカットは皆さんのダイヤモンドとしてのイメージでも強い、ラウンドブリリアントカットですが、他にも様々なカットが存在しています。こちらはオーバルカットと呼ばれる楕円形に近いカットであることが特徴です。ラウンドブリリアントカット以外のダイヤモンドは、買取店によってはなかなか見ないものであるため、強気な買取金額は付けられないかもしれませんが、査定経験の豊富な須賀質店であれば問題ありません。

 

  
買取金額:3,000円

こちらのダイヤモンドは0.1ctを下回るかなり小さなダイヤモンドでした。しかし、ダイヤモンドのスペックがかなり良いものであり、カルティエやハリーウィンストンといった高級ジュエリーブランドでも使用されるようなものでした。かなり小さなダイヤモンドであるため、熱心ではない買取店であれば買取金額を付けなかったかもしれませんが、ダイヤモンドの買取実績が豊富である須賀質店であれば、自信を持って買取金額をお付けいたします。

 

須賀質店は様々なお品物の買取を行っております

今回買取しましたお品物はダイヤモンド付きの指輪ですが、須賀質店では他にも様々なお品物を買取しています。

 

質屋と言えば、昔ながらのイメージでブランド物や貴金属類のイメージが強いでしょう。

 

もちろん、須賀質店ではそれらも買取を行っています。

 

しかし、須賀質店では今後もより多くのお客様にご利用していただくために、日々取扱商品の幅を広げています。

 

最近では生活必需品と言っても過言ではない、スマートフォンやタブレット、パソコンを取り扱い、さらにはヘッドホンの買取も積極的に行っています。

 

買取金額も専門店に負けることのない、高額な買取金額を期待することが可能です。

 

ブランド物や貴金属などの他に、電化製品などの売却を検討されている方も、ぜひ須賀質店をご利用ください。

 

須賀質店の取扱商品←はこちら

1.143ctのダイヤモンドの買取事例←はこちら

【高価買取】エメラルドの買取について←はこちら

この記事を書いた人
K.Y
ご覧いただきありがとうございます。私は須賀質店に入社して2年目を迎えます。 出身は長野県で、進学のために神奈川県、新卒で広島県、現在は神奈川県に住んでおり色々な地方を行き来しました。趣味は写真撮影で、様々な場所の風景写真を撮ることが休日の楽しみです。最近の悩みは、5年近く蓄積された写真の影響で、パソコンのデータ容量が足りなくなってきていることです。
おすすめ記事