ヴァンクリーフの指輪を高価査定で買取いたしました | 買取・質入れの須賀質店
失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

ヴァンクリーフの指輪を高価査定で買取いたしました

須賀質店渋谷営業所で、ヴァンクリーフ&アーペルの指輪を高価買取いたしました。枠はイエローゴールドで、ダイヤモンドが花のように配置されたデザインです。

 

VCA 指輪 買取あまり最近に製造された物ではなく、少し古めの商品です。そのため指輪の内側に入っている刻印が、最初から薄いのか、消えかけているのか、あまり鮮明ではありません。

 

このような場合、本物かどうかの見極めが通常の買取査定よりも困難になります。

 

ジュエリーであっても時計であっても、このように不安のある物や、保証書等の付属品が無い物の場合、買取を断るお店も多いのですが、今回のヴァンクリーフの指輪は須賀質店では高価買取をいたしました。

 

【目次】

①ヴァンクリーフ&アーペルの指輪を高価買取!!

②ヴァンクリーフ&アーペルの指輪、買取を解説

③ブランドジュエリーの買取に関するマメ知識

④ヴァンクリーフ&アーペルの指輪の買取を通してのまとめ

 

 

ヴァンクリーフ&アーペルの指輪を高価買取!!

 

ヴァンクリーフ&アーペル ダイヤ 買取こちらのヴァンクリーフ&アーペルの指輪の買取金額は、200,000円です。

 

ブランドジュエリーの買取の場合は、金やダイヤモンドといった素材のお値段では無く、ブランド品、製品としてのお値段を付ける事が出来るため、ノンブランドで全く同じ形をした物があったとしてもより高値での買取が可能です。

 

しっかりとヴァンクリーフ&アーペルの指輪としてお値段を付けた結果が200,000円という買取金額になります。

 

ヴァンクリーフ&アーペルの指輪、買取を解説

 

まずは、どのような商品であったかを詳しく書いていきます。

 

枠のイエローゴールド、こちらは18金です。純金、100%の金である場合は24金となりますが、強度面等の理由から金製品の大半は18金です。

 

ノンブランドも含めジュエリー全体で見ると、24金や14金といった金性の物もありますが、高級ブランドと呼ばれるブランドの金製品ではほとんどが18金です。

 

ちなみに、ジュエリーと呼ばれるのはネックレスや指輪等の装飾品の中でも高価な素材を使用している物を指します。ただ、これは国によっても感覚が違うようで、日本ではメッキの製品をジュエリーとはあまり呼びませんが、メッキの製品もジュエリーに含む国もあるようです。

 

ヴァンクリ ダイヤ 買取ダイヤモンドは当然ながら、かなり質の良い物が使われていました。おそらく、合計で2ct前後であると思われます。このようなメレダイヤと呼ばれる小さなダイヤモンドをいくつも使っている商品は、その合計のカラット数で表示します。なので、合計でどれくらいという言い方になります。

 

カラット数が“おそらく”と曖昧になってしまうのは、ブランドジュエリーの場合、基本的にカラット数が製品には書かれていないからです。見た目で推測するしかありません。

 

逆に、ノンブランドジュエリーの場合は、製品の見えにくい場所に小さく刻印でカラット数が入っているのが基本です。

 

ヴァンクリ 金 買取全体の重さは4.8gでした。

 

指輪を正面から見ると、ダイヤモンドの花のように見えます。ヴァンクリーフ&アーペルは、花や蝶々といった自然の物をモチーフにした商品が多いブランドです。一番人気で有名なアルハンブラもクローバーがモチーフになっています。

 

ここまで書いた情報を総合して、ノンブランドジュエリーのように金とダイヤモンドの買取金額で提示するのであれば、100,000円程度になります。

 

刻印が薄かった、保証書等の裏付け要素がなかった、これらを考慮に入れると、この指輪の査定額をこの位に設定するお店も多いのではないかと思います。

 

ですが今回須賀質店の買取査定では、ここまで書かせて頂いた通りにヴァンクリーフ&アーペルの指輪としての買取金額を付けています。

 

そして、ヴァンクリーフ&アーペルの製品として見た買取金額が、金とダイヤモンドとしての金額の倍、200,000円という高価査定となったのです。

 

もちろん、今回の指輪を同じようにブランドジュエリーとしての高値を付けるお店も多いとは思いますが、中古品の買取というのはこのように基準や見方が異なる場合も多々あるので、何かを売りたい時には、複数のお店を回ってみると良いでしょう。

 

ブランドジュエリーの買取に関するマメ知識

 

先ほどの解説でも書きましたが、ノンブランドジュエリーとブランドジュエリーでは買取金額が大きく違います。ですが、どんなブランドジュエリーであっても高値が付くという事でもありません。

 

では、どんなブランドジュエリーであれば高値が付くのでしょうか。

 

まず、ブランドジュエリーとはどういった物の事なのでしょうか。これは、製造した会社がブランド名を設定しているかというような事ではありません。

 

中古品業界で、ブランドジュエリーとして認識されているブランドの製品、これが一番正しい言い方だと思います。つまり、誰も知らないようなブランドの製品では、ブランドジュエリーとしての価値を見る事は出来ないという事です。

 

また、ある程度の知名度はあったとしても、中古品業界でブランドジュエリーとして扱われていなければ、それもブランドジュエリーとしての高価買取には繋がりません。

 

ブランドジュエリーに該当するブランドはあまりに多いので、全てを書き出す事は出来ませんが、ヴァンクリーフ&アーペル、カルティエ、ティファニー、ブルガリ等のブランドが該当します。

 

次に、商品そのものに中古品としての人気が必要です。

 

分かりやすい例を挙げるとすると婚約指輪です。立て爪のような婚約指輪定番のデザインは、中古品としての人気がありません。婚約指輪を中古品で探そうという人はあまりいないと思います。なので、中古品として販売しても買う人がいないので、高値が付き難くなります。

 

中古品であってもブランドジュエリーとしての人気、需要のある商品であればある程高値が付きやすいという事です。

 

そして、本物かどうかです。

 

残念ですが、ジュエリーに限らずブランド品というのは偽物が世の中に出回っています。同じデザイン、同じブランド名の刻印であっても、製造しているのが正規のブランドで無ければ、ただの偽物ですし、高価買取にはなりません。

 

中古品の買取をしている人間であれば、ある程度見極めが出来るものではありますが、ではブランド名の刻印が削れて消えてしまっていたり、大きく変形してしまっていたりしたらどうでしょう。

 

例えそれが本物であったとしても、それを見極める事が出来なくなってしまっています。これでは、ブランド品として買取を行う事は出来ません。

 

刻印が削れているは極端な例ですが、こういった事も含めこの見極めという点に関しては、査定をする人物の技量にも左右されてしまう可能性のある要素です。

 

ブランドジュエリーを高く売るために必要な最後の要素は、売りたい皆様のお店選びと言う事です。

 

ヴァンクリーフ&アーペルの指輪の買取を通してのまとめ

 

今回は人気の高級ブランド、ヴァンクリーフ&アーペルの指輪の買取をご紹介させて頂きました。

 

須賀質店は、このようにブランドジュエリーや時計、バッグ、貴金属といった商品の買取を行っている老舗の質屋です。

 

質屋が老舗と言うからには、創業はかなり前です。大正9年、今から100年程前が須賀質店の創業です。

 

現在は、本店の五反田の他にも、渋谷、池袋にも店舗を構えております。

 

都内近郊にお住まいの方で、何か売りたい物があるという方は、老舗の質屋、須賀質店をご利用ください。他店で納得出来なかった買取金額でも、須賀質店の買取査定であればお喜びいただけるかもしれません。

 

笑顔の接客と、万全のコロナ対策で皆様のご来店をお待ちしております。

 

 

ヴァンクリーフ&アーペル、指輪の買取事例←はこちら

ヴァンクリーフ&アーペル、ピアスの買取事例←はこちら

ブランドジュエリーの買取相場←はこちら

この記事を書いた人
R.M
主任
趣味でバッグや財布を作る、須賀質店の古株従業員です。接客業が好きなため、アルバイトをしていた頃から職歴の全てが接客業です。自分でも物作りをするため、高級ブランドの商品の作りの良さに日々感嘆しています。