ルイヴィトン ジッピーウォレットの高価買取 ~様々なジッピーウォレットの買取実績も紹介~ | 買取・質入れの須賀質店
失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

ルイヴィトン ジッピーウォレットの高価買取 ~様々なジッピーウォレットの買取実績も紹介~

LV 財布 高価買取

須賀質店渋谷営業所にて、ルイヴィトンのお財布であるジッピーウォレットを買取いたしました。

 

今回買取しましたジッピーウォレットは、モノグラムラインがデザインされており、ルイヴィトンのお財布の中では一番認知度が高いアイテムと言えるでしょう。

 

ルイヴィトンのジッピーウォレットは、ダミエやエピなどライン違いのモデルや、一部の期間しか販売されない限定モデルなど数多く存在します。

 

今回は、老舗の質屋である須賀質店が様々なモデルのジッピーウォレットについて解説します。

【目次】

①ジッピーウォレットの査定について ~査定員が見ているポイント~

②ルイヴィトン 様々なラインのジッピーウォレットについて

③今回買取したジッピーウォレットの買取金額について

④須賀質店は皆様からのお問い合わせをお待ちしております

ジッピーウォレットの査定について ~査定員が見ているポイント~

様々なモデルのジッピーウォレットについて紹介する前に、査定員の見るルイヴィトンのお財布の査定ポイントについて解説します。

 

お財布の査定で重要なポイントは、キズや汚れ、型崩れなどといった状態です。

 

キズや汚れなどが殆どない、状態が良いものであればより高額な買取金額が期待でき、状態が悪いと、マイナスポイントとして判断され、買取金額にも影響してしまいます。

 

特に、お財布の場合はカード入れやコインケースの内側などが重要なポイントです。

カードケースは大切に

お財布のカード入れにはポイントカードや、クレジットカードなどを入れる方が多いと思いますが、入れすぎには注意が必要です。

 

カード入れに許容量以上のカードを無理やり詰めると、カード入れの端が切れてしまったり、お財布が破損してしまう可能性があります。

 

そのため、カード入れに多くカードを詰め込むことは、お財布の状態を悪くさせ、買取金額にも影響を与えてしまうため、注意が必要です。

 

次に、コインケースについてですが、コインケースの内側は意外と汚れやすいのです。

 

コインケースに入れる硬貨は人の手の脂や汚れなどが多く付着しており、大事に使用していたお財布で外観はキレイであっても、コインケースの内側は真っ黒になっていることは珍しいことではありません。

 

とは言っても、お財布に小銭を入れることは仕方がないだろうと思うお方が多いと思います。

 

コインケースの汚れは買取金額に大きく影響するポイントではありませんが、キレイであることに越したことはありません。

 

ルイヴィトンのお財布を売却しようと思ったら、コインケースの内側を今一度確認し、汚れている場合は柔らかい布などで拭くだけでも、状態は変わり、査定員への印象もより良くなります。

 

ルイヴィトンのお財布を少しでも高額に売却しようと思う方は、売却前に落とせる汚れなどはなるべく落としてから、買取を依頼されることをお勧めします。

 

ルイヴィトン 様々なラインのジッピーウォレットについて

冒頭でもお話したとおり、ルイヴィトンのジッピーウォレットにはとても多くの種類があります。

 

ルイヴィトンのラインは、定番であるモノグラムを始め、ダミエ、エピ、ヴェルニなど様々あります。

 

2020年には新ライン「モノグラム・エクリプス リバース」が発表されるなど、ルイヴィトンのラインは次々と増えていきます。

 

中には季節限定モデル、日本限定モデルと言った希少性の高いモデルもあります。

 

先程、お財布の査定ポイントには「状態」が重要だとお伝えしましたが、その次に重要なポイントは「相場」です。

 

ルイヴィトンのジッピーウォレットは多くの種類があり、中古品市場では同じお財布でもラインが違うため、人気も異なり、相場も異なります。

 

ルイヴィトンの新ラインは、発表当時は中古品市場でも人気が高く、同じモデルであっても、ラインの違いで相場が大きく変化することもあります。

 

須賀質店は、ルイヴィトンのジッピーウォレットの買取件数がとても豊富であり、限定モデルの買取も多く行っています。

 

ここでは最近の買取実績をいくつか紹介いたします。

 

ダミエライン N60015 買取金額28,000円

商品画像 解説
  ルイヴィトンのラインの中ではとても人気のあるダミエラインのジッピーウォレットです。
モノグラムラインよりも歴史が長いダミエラインは、性別問わず多くの人から人気を集めています。派生ラインとして、ダミエアズールや、ダミエ・グラフィットなど、同じダミエラインでもバリエーションが豊富に存在します。こちらのお財布は、金具のキズや、カドに擦れ傷が見られたものの、破損や破れまでは見られませんでした。そのため、キズがあったもののできるだけ高額な買取金額をお付けして、28,000円で買取いたしました。

 

2018年期間限定モデル M63379 買取金額70,000円

商品画像 解説
2018年の冬季限定のジッピーウォレットです。ルイヴィトンのアイテムは季節限定モデルが多く、中古品市場では人気も高いです。

こちらのお財布は冬を連想させるデザインであるため、売却されるなら、中古品として需要が高まる冬のシーズンがお勧めです。

買取当時、まだ販売されて間もないタイミングであり、未使用の状態でお持ちいただいたため、かなり高額な70,000円で買取いたしました。

 

 

 

2019年期間限定モデル M67826 買取金額70,000円

商品画像 解説
最後のアイテムは、ジッピーオーガナイザーと呼ばれるものですが限定アイテムであるため紹介します。こちらのお財布も2019年の秋冬モデルとして限定発売されました。

2018年新作のジッピーウォレットと異なり、こちらのジッピーオーガナイザーのデザインは季節を連想させるようなものでは無かったため、シーズンによって相場が変わる可能性は少ないでしょう。

多少の使用感はあったものの、中古品市場でもまだ出回っていない限定モデルであったため、査定員も強気の査定を行い、70,000円で買取いたしました。

今回買取したジッピーウォレットの買取金額について

LV ジッピーウォレット 未使用 高価買取

今回買取しましたルイヴィトンのジッピーウォレットは、同じブランドの中でも認知度の高いモノグラムラインであり、未使用の状態でお持ち頂きました。

 

そして、画像からもわかるように付属品として箱や布袋も合わせてお持ち頂きました。

 

お財布やバッグの場合、箱や布袋といった付属品で査定金額が上がることはありませんが、箱や布袋に入れてお持ちいただければ、キズなどを付けずにお店に持ち込むことができます。

 

細かい話かもしれませんが、バッグの中にお財布を単体で仕舞われた場合、他の物と接触して、キズや汚れがついてしまう可能性があります。

 

未使用の状態であれば、良い状態を保ち、買取していただくことが一番であるため、持ち込む際は箱や布袋に入れることをお勧めします。

 

今回買取したジッピーウォレットはモノグラムラインであり、中古品市場でモノグラムラインはとても人気があり、需要も高いため高額な買取金額を期待できます。

 

合わせて、状態も未使用であったため、査定員は他の買取店に負けないよう、60,000円をお付けして買取させて頂きました。

 

須賀質店は皆様からのお問い合わせをお待ちしております

須賀質店は、五反田、渋谷、池袋の3店舗を構えており、どの店舗も駅から近く、立地の良い場所に設置されています。

 

須賀質店では、店舗に行く時間が無い方や、大体の買取金額が知りたいといった方のためにLINEアプリでも査定を受け付けております。

 

LINEアプリを通して写真やお品物の情報を送信していただければ、須賀質店の経験豊富な査定員が短時間の間に買取査定価格お調べし、お値段ご案内いたします。

 

特にお財布は、キズや汚れ、状態が重要な査定ポイントだと紹介しました。

 

そのため、キズや汚れのある場合は、その部分写真で送っていただければより正確なお値段がご提示できます。

 

LINE査定の他にも、電話やメールでもお問い合わせを受け付けております。お店の場所や、取り扱い商品、須賀質店のシステム等、わからない事がありましたらお気軽にご連絡下さい。

 

ルイヴィトン お財布の買取相場←はこちら

【解説】ルイヴィトンのお財布を高く売るためのコツ←はこちら

【解説】長年使ったお財布を売却する際のポイント←はこちら

この記事を書いた人
K.Y
ご覧いただきありがとうございます。私は須賀質店に入社して2年目を迎えます。 出身は長野県で、進学のために神奈川県、新卒で広島県、現在は神奈川県に住んでおり色々な地方を行き来しました。趣味は写真撮影で、様々な場所の風景写真を撮ることが休日の楽しみです。最近の悩みは、5年近く蓄積された写真の影響で、パソコンのデータ容量が足りなくなってきていることです。