ロレックスの買取を検討中の方へ!買取で人気のモデルを紹介! | 買取・質入れの須賀質店
失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

ロレックスの買取を検討中の方へ!買取で人気のモデルを紹介!

ロレックスは世界的な高級ブランドなので、ロレックスの時計を買取に出すと高く買い取ってもらえます。
しかし、どれも同じように高値がつくのではなく、ロレックスの買取では人気のモデルほど高値がつきます。
ロレックスの時計が高く売れるのはなぜでしょうか。
また、どんなモデルが高値がつくのかも知っておきたいものです。
さらに、ロレックスには高額で売れる時期があるといいますが、それはどのような時期なのでしょうか。

□ロレックスが高く売れる理由

ロレックスは性能がよく人気もあるので、中古でも高く売れます。
モデルによっては定価よりも、中古品のほうが高値で取引されることもあります。
こういった現象は、他の高級ブランド時計ではほとんど見られません。
ロレックスの強さの秘密は何でしょうか。

*買取市場が安定している

ロレックスは中古品でも人気があり、常に高値で取引されるので、買取市場が安定しています。
中古品を購入する人が多く、それに見合ったロレックスが供給されているので、安定した状態が続いています。
ブランド品は景気や世界情勢に影響されやすいのですが、ロレックスは世界的に広く認知されており、ブランド時計として絶対的な地位を築いているので、常に高値を維持できます。

また、中古品でも資産価値があるため、売りたいときに高額で売却できるので、投資目的で買う人も少なくありません。
このような理由で、ロレックスは高値で取引されるのです。

*堅牢で実用性が高い

ロレックスはブランド時計でありながら、実用性に優れています。
また、堅牢で壊れにくく、安心して使えるのもこのブランドの特徴です。
ロレックスは一生物と言われることがありますが、それはロレックスが頑丈で、何十年も使えることを意味しています。
このように、定期的にオーバーホールをすれば、いつまでも新品同様に使えるのがロレックスなのです。

オーバーホールにはある程度の費用がかかりますが、価値のあるブランド時計を何十年も使えるのですから、長い目で見れば維持費用は安くなっています。
このような理由で、ロレックスは人気があるのです。

□高価買取価格を出せるロレックスのモデル

高値で取引されるロレックスの中でも、特に高値になりやすいモデルをご紹介しましょう。

1位:デイトナ REF.116500LN
国内定価:1,274,400円 買取価格:2,680,000円

定価の2倍以上で買い取られる時計です。
スポーツロレックスと呼ばれるモデルの中で、デイトナは一番人気のあるモデルです。
スポーティで、高いステータス性があるので、男性なら誰もが持ちたくなる時計です。
過去には一時的に、並行輸入価格が国内定価より下がったこともありますが、現在は円安が続いているため持ち直しています。
円安になると中古価格も上がり、査定額も上がるのが通常の流れですから、買取価格が定価を上回るのは珍しいことではありません。

2位:サブマリーナデイト REF.116610LV
国内定価:928,000円 買取価格:1,550,000円

買取価格が、定価を1.5倍以上も上回っています。
本体は傷がつきにくいセラミック製ベゼルでできていて、プラチナでコーティングした目盛りを採用しています。
さらに、ダイヤルにはグリーンゴールドが施されているという、何とも贅沢な仕様です。
特に、新型のLVは中古市場に出回る数が少なめなので、サブマリーナデイトの中でも高い査定額となっています。

3位:GMTマスターⅡREF.116710BLNR
国内定価:918,000円 買取価格:1,520,000円

サブマリーナデイト同様に、買取価格が定価の1.5倍以上になっている人気モデルです。
2007年のモデルチェンジ以降、セラミック製のベゼルは、1時間刻みでピッタリ止まる特許構造を採用しています。
モデルチェンジにより、全体的に高級感がアップしたこともあって、上記のような高値を維持しています。
流通量の少ないサブマリーナデイトと違って、中古市場に出回る量が多いのに、これだけの買取額を維持しているので、流通量が減ればもっと買取額が高くなるのは間違いないでしょう。

4位:サブマリーナデイト REF.116610LN
国内定価:874,800円 買取価格:1,070,000円

中古市場の買取額が、定価の1.2倍を超えています。
旧型の基本的な仕様を受け継ぎ、さらにアップデートした機種です。
旧型のモデルと同様に防水性能があり、ベゼルにセラミックを採用して、さらに高級感あふれるフォルムを実現しました。
流行にとらわれず、長年にわたって人気を保ってきたモデルなので、買取店でもなるべく多く確保したいため、買取額も高めとなっています。

5位:サブマリーナノンデイト REF.114060
国内定価:768,000円 買取価格:910,000円

買取額が定価の1.2倍近くになっています。
4位までのモデルに比べると、買取額はそれほど高くありませんが、他のブランド時計では、買取額が定価を超えるだけでも驚異的です。
日付表示と、サイクロップレンズがないシンプルなデザインが特徴です。
旧モデルRef.14060Mも人気商品でしたが、2012にモデルチェンジしたREF.114060は、さらに高値を実現しました。

□ロレックスには高額買取が見込める時期がある

ロレックスは常に高値で取引されますが、それでも特に買取額が上がる時期があります。

*円安の時期

ロレックスはスイスに本拠があるので、日本はスイスから輸入することになります。
輸入した商品は、円安の場合に買取価格は高くなる傾向があります。
このところ、為替相場はずっと円安が続いているので、ロレックスを買取に出すにはいい時期と言えるでしょう。
しかし、価格が高くなっても、すぐに中古市場の相場は上がりません。

為替相場が円安になり、輸入品のロレックスの価格が上がると、新品では買えなくなった人が、中古市場で買い求めるようになるので、中古の相場も上がるのです。
そのため、中古相場が上がるのは、ロレックスの価格が上がってしばらくたってからになります。
中古のロレックスが売れ出すと品薄になるので、買取店は少しでも多くのロレックスを確保しようと、高値をつけるようになるのです。
円安になると、買取額が上がるのはこのためです。

*ボーナスの少し前

ロレックスは中古でもかなり高いので、いつでも気軽に買えるものではありません。
そのため、ロレックスは夏と冬のボーナス時期によく売れます。
ボーナス時期によく売れるなら、その少し前に買取に出すと、高値がつきやすいでしょう。
買取店はボーナス時期を前に、少しでも多くのロレックスを仕入れたいので、高値で買い取ってくれるのです。

*卒業、就職シーズン

中古のロレックスは、卒業や就職シーズンにもよく売れます。
そのため、ボーナス時期と同様に、この時期も買取額が少し高めになります。
ロレックスは中古でも高いので、特別な贈り物として、大学卒業や就職祝いに使われることが多いです。
また、贈り物ではなく、卒業や就職の記念に自分で自分のために買う人もいます。
そこで、卒業や就職シーズンの少し前に買取に出すと、高値が期待できるでしょう。

*メディアで話題になる

有名な俳優が、ドラマでロレックスの時計を使うと、そのモデルが急に値上がりすることも予想されるでしょう。
そうなると、そのモデル以外のロレックスも高値になる傾向があります。
そのため、メディアで話題になったタイミングで売ると高値になります。
ただし、この人気は一時的なもので、ドラマが終わるとまた元の相場に戻ってしまうため、早めに売るのが高値をつけるコツです。

□まとめ

ロレックスが高く売れるのは、性能がよく人気があるからです。
そのため、モデルによっては定価以上の値がつくこともあります。
ロレックスは、円安の時期やボーナス時期、卒業や就職シーズン、メディアで話題になった時期などに高値となります。
ブランド品の買取に出そうとお考えの方はぜひ一度当社にお問い合わせください。

この記事を書いた人
須賀兼一
代表取締役
平成16年4月より須賀質店の代表取締役を務めています。質屋のシステムやビジネスモデルについて、初めてご利用する方にもわかりやすく解説することを心がけています。質屋でお金を借りることは、銀行や消費者金融からお金を借りる手法にはないメリットがあるのです。現役の質屋でしか語れない「質屋の便利な使い方」について、当Webサイトで解説しています。