失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

エルメス マルワリGMの買取

2017年10月3日

図1

須賀質店五反田本店でエルメスのマルワリGMを買取いたしました。なかなか見かけることが少ないショルダーバッグですが、トリヨンクレマンスのレザーを使った大きめのカバンですので存在感があり、色も情熱的な赤色でした。

 

エルメスのレザーについて

 

エルメスはトリヨンクレマンスやトゴ、ヴォーエプソンなど色々な種類の革があり、質感などが大きく変わり買取査定額にも影響があります。

 

一番高値が期待できるのワニの革であるクロコで、クロコの中にもポロサス、ニロティカスやアリゲーターなどワニの産地によって名前が変わってきて、ポロサスは東南アジアやオーストラリアで、ニロティカスはアフリカ、アリゲーターはアメリカ産のワニを使っています。

 

人気のある革はトゴやトリヨンなどの柔らかい素材の革で、雄仔牛のレザーを自然に型押ししたバッグで、キズが付きにくく扱いやすいのが特徴です。

 

その他でも最近のバーキンに多いのがヴォーエプソンで、トゴやトリヨンなどと同じく雄仔牛のレザーですが、硬めにプレスしている分目が細かく固い素材です。

 

エルメスのカバンについて

 

エルメスのカバンはレザーのものとキャンバスなどの布系の素材のものでは査定額は大きく変わってきます。フールトゥというエルメスのカバンがありますが、キャンバス素材のものは買取で10,000円くらいになることが多いですが、レザーの素材のフールトゥになると買取で50,000円くらいになることが多いです。

 

また牛とクロコでも大きく変わってきて、中古のバーキンの場合だと牛の革ですとだいたい50万円前後になることが多いですが、クロコのバーキンの場合は中古で200万円前後になってくることが多いです。

 

今回買取したマルワリGMについて

 

今回買取いたしましたマルワリGMはあまり見かけないカバンで、見かけたとしてもキャンバス素材のものが多いように感じます。キャンバスのマルワリは軽く、気兼ねなく使う普段使いにはもってこいのバッグで比較的安く買うことのできるカバンです。

 

しかし、レザーのマルワリGMはエルメスらしい高級感と重量があり、普段使いするには少し恐れ多い印象を受けます。

 

今回は明るい赤色でしたが、製造年の刻印は□Nと2010とそこまで古くもなく、型崩れはしていましたが状態は決して悪くはないものでした。

 

今回はあまり見かけない色ということで珍しいので買取査定を頑張り、110,000円で買取を致しました。珍しい色の場合高値になったり安くなったりするので査定のしがいを感じます。

 

まとめ

 

須賀質店では腕時計、ブランドジュエリー、宝石貴金属やブランドバッグなどの買取をしております。池袋、渋谷、五反田と都内に3店舗あり、どちらの店舗でも査定額は同じなのでご都合の良い店舗にご来店ください。すべての店舗に熟練された鑑定士が常駐しており、スピーディーに高価買取査定を行います。すべての鑑定士が古物商の免許を持っているプロだけが参加することができる業者間オークションに毎月参加をしているためリアルタイムの最新の相場を把握しており、それにより業界最高値を提示することが可能となっています。高価買取をご希望であれば、須賀質店にご来店くださいますようよろしくお願いいたします。

 

須賀質店のトップページ

須賀質店の買取のページ

須賀質店のエルメスバッグ相場のページ

須賀質店(五反田本店)アクセス

須賀質店(渋谷営業所)アクセス

須賀質店(池袋営業所)アクセス

この記事を書いた人
須賀兼一
代表取締役
平成16年4月より須賀質店の代表取締役を務めています。質屋のシステムやビジネスモデルについて、初めてご利用する方にもわかりやすく解説することを心がけています。質屋でお金を借りることは、銀行や消費者金融からお金を借りる手法にはないメリットがあるのです。現役の質屋でしか語れない「質屋の便利な使い方」について、当Webサイトで解説しています。
おすすめ記事