失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

カルティエ デートウィズリングの買取

2017年10月23日

須賀質店五反田本店でカルティエのデートウィズリングを買取いたしました。デートウィズリングはダイヤが1ツブ付いたデザインのリングで今回のものはダイヤの石目が0.40ctで、付属品はありませんでしたがダイヤのガードルにGIAのレポートナンバーが刻印されていました。

 

【目次】
カルティエブランドジュエリーの買取について

 

GIAのレポートナンバーの刻印について

 

今回のカルティエリング デートウィズリングの買取査定について

 

カルティエ デートウィズリングを高く買取してもらうコツは

 

カルティエ デートウィズリングの買取 まとめ

 

 

 

カルティエブランドジュエリーの買取について

カルティエのブランドジュエリーは人気があるので、毎日多くの方が買取や質預かりで須賀質店にお持ちになっていただけます。お持ち頂けるメーカーで多いのがカルティエ、ブルガリ、ティファニーの3つが多く、それにハリーウィンストン、ヴァンクリーフ&アーペルが続くように思います。

 

 

カルティエ、ブルガリ、ティファニーの中でもカルティエが一番多いように感じ、比較的安価なモデルから高価格帯のモデルまで多くのカルティエ製のジュエリーを査定しております。

 

 

カルティエのブランドジュエリーの相場の傾向として、ピンクゴールドとイエローゴールドが高く、それに比べホワイトゴールドは安くなってしまうということです。カルティエのジュエリーの場合はピンクゴールドやイエローゴールドよりもホワイトゴールドの方が定価が高いのにも関わらず、買取相場はピンクゴールドやイエローゴールドの方が高くなります。

 

 

定価がホワイトゴールドの方が高い理由はイエローゴールドの場合は金が75%で残りを銅などを混ぜますが、ホワイトゴールドの場合は金が75%で残りをパラジウムや銀を使っています。パラジウムは近年非常に値上がりをしていて、プラチナとほとんど変わらないくらいまで値が上がっていますので、ホワイトゴールドの方がコストがかかっていますので定価も高くなります。

 

 

 

GIAのレポートナンバーの刻印について

今回買取いたしましたカルティエブランドジュエリーであるデートウィズリングには付属品がありませんでした。通常、1ツブダイヤのジュエリーには鑑別書などが付くことが通常で、そこに石目やカラー、カット、クラリティが記載されています。

 

 

カルティエのブランドジュエリーでは、ダイヤのクオリティによって査定額が決まってくるわけですが、GIAの鑑別書はなくてもガードルにレーザーでレポートナンバーを刻印してくれるので、GIAのサイトに訪問して指定箇所にレポートナンバーを入力すれば、取り付けられているダイヤモンドの詳細をインターネットですぐに調べることができます。

 

 

GIAのホームページに行くとレポートナンバーを入力する検索窓がすぐにありますので、そこに番号を打ち込めばそのダイヤの石目、カラー、クラリティ、カットが表示されます。

 

 

 

 

 

今回のカルティエリング デートウィズリングの買取査定について

今回のカルティエのデートウィズリングは石目の刻印が指輪の枠にあり、0.40ctでした。通常のカルティエのデートウィズリングで石目が0.40ctあれば買取で100,000円前後までいきますが、今回の指輪はサイズが47号とかなり小さいものでした。

 

 

通常のノンブランドジュエリーだと指輪のサイズで査定額が変わってくることはまずないのですが、ブランドジュエリーの場合は再販されることが前提ですので、サイズが非常に重要になってきます。その理由のひとつは、ブランドジュエリーのサイズ調整はそのブランドのブティックに持ち込んで、修理の扱いでサイズの調整をすることになるからです。

 

 

ノンブランドジュエリーであれば、一般の宝石店や百貨店などで割安に出来る作業であっても、ブランドブティックに依頼するとかなり割高な出費になります。サイズを大きくする場合などは、サイズを小さくする場合よりも材料費がかかるのでさらに割高な費用を考えておかなければなりません。ブランドジュエリーは、ブランドメーカー以外の修理を受けた場合、改造品の扱いになってしまうので、費用が高めになったとしてもブランドブティックに持ち込むことをお勧めいたします。

 

 

現在のブランドジュエリーのサイズのトレンドは大きい方が値が高くなり、小さいと値が安くなります。とくに50号を切るようなサイズになると非常に安値になってきてしまう傾向にあります。

 

 

ですからダイヤと枠を別に考えて査定をすることにし、ダイヤに付いているGIAのレポートナンバーを見て0.40ctでGカラーのVS-1のGoodであることが分かり、ダイヤの値段と指輪の金の値段を足した方が、製品としてよりも高くなることが分かりましたので80,000円で買取いたしました。

 

 

カルティエ デートウィズリングを高く買取してもらうコツは

カルティエのブランドジュエリーは人気があり、流通量も多いので、買取や質入れの現場に良く持ち込まれてきますが、カルティエのブランドジュエリーの中でも多数流通している商品と、あまりお目にかからない商品が分かれている印象があります。

 

 

良く見かけるカルティエブランドジュエリーのモデルは、ラブ、パンテール、トリニティ、ラニエールといったモデルですが、デートウィズリングはそれ程流通しているといった印象は有りません。こうした流通量の少ないブランドジュエリーの買取を考えた場合、ブランドジュエリーの買取や質入れの経験が多く、実績のある店舗に尾根がすることが高い買取や質入れを実現させるコツです。

 

 

須賀質店で過去に取引したカルティエデートウィズリングは、およそ以下の様な買取価格になりましたのでご参考にしていただければと思います。須賀質店ではカルティエのブランドジュエリーの買取や質入れには以前より力を入れてきました。あまり流通していないデートウィズリングについても、以下の様な実績がありますので、カルティエデートウィズリングの買取や質入れをお考えの方は、ぜひ須賀質店までお問い合わせください。

 

 

商品名 ダイヤモンドの大きさ 買取価格
カルティエデートウィズリング 0.2ct前後 30,000円~40,000円
カルティエデートウィズリング 0.3ct前後 50,000円~60,000円
カルティエデートウィズリング 0.4ct前後 70,000円~80,000円
カルティエデートウィズリング 0.5ct前後 100,000円~130,000円
カルティエデートウィズリング 0.7ct前後 180,000円~220,000円

 

 

カルティエ デートウィズリングの買取 まとめ

須賀質店では腕時計、ブランドジュエリー、宝石貴金属やブランドバッグなどの買取をしております。池袋、渋谷、五反田と都内に3店舗あり、どちらの店舗でも査定額は同じなのでご都合の良い店舗にご来店ください。3店舗共に、様々な商品の買取や質入れを通じて経験値や実績をたかめた査定員が常駐しています。

 

 

査定員は、本店でたくさんの商品の知識を習得した後に、ブランド品オークション市場に参加してブランド品の落札結果や落札相場を把握するようにしています。こうした最新のオークション市場を体験することで業界最高値を提示することが可能となっています。高価買取をご希望であれば、須賀質店にご来店くださいますようよろしくお願いいたします。

この記事を書いた人
須賀兼一
代表取締役
平成16年4月より須賀質店の代表取締役を務めています。質屋のシステムやビジネスモデルについて、初めてご利用する方にもわかりやすく解説することを心がけています。質屋でお金を借りることは、銀行や消費者金融からお金を借りる手法にはないメリットがあるのです。現役の質屋でしか語れない「質屋の便利な使い方」について、当Webサイトで解説しています。
おすすめ記事