失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

カルティエ、パシャC、W31076M7の時計を買取

2017年10月24日

Exif_JPEG_PICTURE

須賀質店渋谷営業所で、カルティエ、パシャC、W31076M7型の時計を買取いたしました。カルティエのラウンド型の時計といえばパシャシリーズ、35mmのケースサイズでステンレスのみの素材の物をパシャCと言います。日付の形で新旧があり、右下に台形の日付があるのは新しいタイプのパシャCです。

 

カルティエ、パシャCの買取

 

今回お持ちいただいたのは、カルティエのパシャCの時計で、日付表示の新しいタイプのお品物です。1995年にパシャシリーズの10周年を記念して作られたモデルがパシャCになります。オールステンレスのモデルで、35mmサイズ、同一のサイズで金等の素材を使用している物はパシャ35という名前になります。

 

日付表示の形で新型、旧型があるので、買取査定の際にはしっかり把握していて確認しないと正しい買取査定が出来ないので高価査定が出来なくなってしまいます。右下に丸型の日付表示が一番古い旧型で、中央下部に大きな日付表示でビッグデイトと呼ばれる物があり、一番新しいのが今回お持ちいただいた、右下に台形の日付表示のあるお品物です。

 

パシャCに限らず、ブランドの時計やバッグ等には、新型、旧型、サイズ違い等の見た目Exif_JPEG_PICTUREが似ていても買取査定では金額に大きな差が出る場合があります。高価査定をするためにも正しい判別が出来ないといけません。須賀質店のようにお客様に長年ご愛顧いただき、様々なお品物を見る機会に恵まれていないと間違えてしまうかもしれません。須賀質店のような歴史ある店舗にお任せいただければ安心出来るのではないでしょうか。

 

お持ち頂いたパシャCの状態は、細かなキズはあるものの動作に不備は無く、良好な状態でした。時計の買取の際には、動作に不備がある、故障している状態での買取は大きなマイナス査定になってしまう事があるので、動作の確認も重要なポイントです。

付属品は無く、時計本体のみ買取ではありましたが、マイナスポイントではありませんでしたので、状態の良好なパシャCの買取という事で高価査定をさせて頂きました。

須賀質店渋谷営業所で、120,000円で買取いたしました。

 

時計の状態による査定の変化

 

Exif_JPEG_PICTURE買取査定では、新品の状態に近い物ほど高価査定になりやすい傾向があり、つまりは新品未使用の物が一番状態が良いという事です。

時計が動かない、止まっている等の状態は、時計として中古品市場に出す場合には修理が必要になるのでその分マイナスになります。修理代を考慮に入れた買取査定をする際に大きく引き過ぎてしまったりしないようにするためにも、須賀質店のような豊富な取引量や経験が必要になります。また、付属品有無によって買取査定の価格が変わる場合と、変わらない場合があるので、本体のみだからといって必ず安くなってしまうという事ではありません。

こういった判断を即座に下せるスタッフがいるのが須賀質店です。

 

まとめ

 

大切なものや愛着のあるもの、普段から使っているものでもいつか買い替える時やいらなくなる時がくるかもしれません。そんな時に須賀質店いらしていただければお客様のお役に立てる事があると思います。大正9年創業で、およそ100年続く須賀質店では、池袋、五反田、渋谷どの店舗にいらして頂いても熟練のスタッフが常駐しています。100年で積み重ねたデータと、最新の相場を駆使してお客様に満足していただける買取査定が出来るように日頃から研鑽を重ねていますので、是非一度、買取査定だけでもいらしてみてください。

 

須賀質店のトップページ

須賀質店の買取のページ

須賀質店のカルティエ相場のページ

須賀質店(五反田本店)アクセス

須賀質店(渋谷営業所)アクセス

須賀質店(池袋営業所)アクセス

 

 

 

 

 

この記事を書いた人
須賀兼一
代表取締役
平成16年4月より須賀質店の代表取締役を務めています。質屋のシステムやビジネスモデルについて、初めてご利用する方にもわかりやすく解説することを心がけています。質屋でお金を借りることは、銀行や消費者金融からお金を借りる手法にはないメリットがあるのです。現役の質屋でしか語れない「質屋の便利な使い方」について、当Webサイトで解説しています。
おすすめ記事