失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

グッチ、GGキャンバス、35098型の買取

2018年12月11日

グッチ ワンショルダー 買取

須賀質店五反田本店で、グッチ、GGキャンバス、35098型のバッグを買取いたしました。グッチは世界で初めて品質保証のために、デザイナーの名前を商品に入れたブランドと言われています。グッチ伝統ロゴマークであるGGはこのように誕生し、ダイヤモンド型に全面に並べられたデザインが広く浸透しています。

 

グッチ、GGキャンバスの解説

 

グッチは人気のある高級ブランドで、バッグや財布等はレザーのような高級な素材の商品も大変人気なのですが、グッチが人気になった背景にはキャンバスや竹といった素材が関係しています。

 

1921年にイタリアで創業されたグッチは、第二次世界大戦時に革が統制品となり国で管理されるようになったため、バッグに代替品の素材を使用するようになりました。それがキャンバスや竹といった素材です。代替品として使用されるようになったキャンバスや竹は、独特のデザインや配色で人気となり、現在でもグッチの代名詞として残っています。

 

キャンバス地をコーティングし、耐水性や耐久性を向上させたGGスプリームというラインもありますが、そのままのキャンバス地というのはより印象がカジュアルになるため普段使いには最適です。

 

実際の査定

 

今回お持ちいただいたのは、グッチ、GGキャンバスのショルダーバッグです。グッチらしいベージュの地に、GGのマークが全体にデザインされています。グッチといえばこのデザインを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

 

キャンバスという素材は布地であるため、水や汚れがしみ込んでしまうという欠点があり、また、引っ掛けてしまったりするとキズが付いたり破れたりしてしまいます。キャンバス地というのは強度や汚れやすさと言う点ではあまり強くはありません。そういう理由があるため、須賀質店の買取査定で持ち込まれるお品物も状態があまり良くない事が多いのですが、今回お持ち頂いたGGキャンバスのバッグはほとんど使用されていなかったようで、かなり良好な状態でした。

 

グッチ GG 買取

新品とまではいきませんでしたが、非常に状態が良いお品物としての買取査定をいたしました。同様のグッチのバッグでも、状態が悪いという理由で数千円程度の買取査定となる事も多くあるのですが、大幅な高価査定となりました。須賀質店五反田本店で、25,000円で買取いたしました。

 

グッチ、GGキャンバスのバッグの買取とまとめ

 

今回はグッチのバッグの買取をご紹介させていただきました。五反田本店での買取のご紹介でしたが、同じように渋谷、池袋の店舗でも、ブランドバッグ等を高価買取しています。

 

須賀質店は、都内に三店舗展開している老舗の質屋で、創業から100年程経っています。永く続けていられるのには訳があります。何か、売りたい物がある方は須賀質店にいらしてください。皆様にご来店をお待ちしております。

 

 

 

 

 

 

グッチの他のショルダーバッグの買取事例←はこちら

グッチの時計の買取事例←はこちら

ブランドバッグの買取相場←はこちら

この記事を書いた人
R.M
主任
趣味でバッグや財布を作る、須賀質店の古株従業員です。接客業が好きなため、アルバイトをしていた頃から職歴の全てが接客業です。自分でも物作りをするため、高級ブランドの商品の作りの良さに日々感嘆しています。