失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

グッチ、GGプラスのショルダーバッグの買取

2019年9月3日

須賀質店渋谷営業所で、グッチのショルダーバッグを買取いたしました。162905という型番で、グッチ特融のGG柄で黒地のキャンバス地をPVC加工した、GGプラスというラインのお品物となっています。ちなみに、現在はPVCではなくポリウレタンでコーティングされたGGスプリームという名前のラインになっています。

 

グッチのショルダーバッグの買取

 

バッグや財布の素材で、キャンバス地という、麻や綿で織られた平織りで厚手の生地がよく使われています。日本では古くから帆船の帆に使われるなど丈夫な素材である事が知られています。

 

しかし、バッグや財布を作る上では欠点があるのをご存じでしょうか。布地であるため、汚れが付きやすく、水が染み込みやすいという点です。

 

この欠点を解消しているのが、今回の買取でお持ちいただいたグッチのGGプラスのようなキャンバス地をコーティングした素材で作られたバッグです。

 

実は、ルイヴィトンで最も有名なモノグラムとダミエの両ラインも、特殊な派生ライン以外は、GGプラスと同様にコーティングされたキャンバス地なのです。

 

バッグの買取に於いて、汚れというのは大敵です。拭いて落ちるような汚れであればあまり問題はありませんが、シミが付いてしまうとどうしても買取査定に大きな影響が出てしまいます。

 

汚れが付きづらければ、それだけ買取査定の際にキレイなままの状態でお持ちいただけます。

 

今回お持ちいただいたお品物は、大変キレイな状態でお持ちいただけました。汚れだけではなく、バッグを使用していると付いてしまいがちな、角のスレ等キズもほとんどありませんでした。

 

状態が良ければ、それだけバッグの買取は高価査定となります。

 

コーティングされているとは言え、布地で作られたバッグであってもこのような金額の買取となるのは、やはりブランドの人気とネームバリューでしょう。

 

須賀質店渋谷営業所で28,000円で買取いたしました。

 

グッチに限らず、有名なブランドのバッグであれば高価査定で買取をしております。もし、売却をお考えのブランドバッグをお持ちの方がいらっしゃいましたら、須賀質店にご連絡ください。心を込めた接客で対応させていただきます。

 

グッチ、GGプラスのショルダーバッグの買取を通して、質屋としてのまとめ

 

大切なものや愛着のあるもの、普段から使っているものでもいつか買い替える時や、いらなくなる時がくるかもしれません。そんな時に須賀質店いらしていただければお客様のお役に立てる事があると思います。大正9年創業で、およそ100年続く須賀質店では、池袋、五反田、渋谷どの店舗にいらして頂いても熟練のスタッフが常駐しています。100年で積み重ねたデータと、最新の相場を駆使してお客様に満足していただける買取査定が出来るように日頃から研鑽を重ねていますので、是非一度、買取査定だけでもいらしてみてください。また、電話のお問い合わせも受け付けておりますので、ご連絡をお待ちしております。

 

お品物を手放してしまう事に抵抗を感じるのであれば、買取だけではなく、手放さずに一時的に現金化する質入れという方法もございます。お預かりしたお品物に応じた金額をご融資いたしますので、様々な状況に合わせて須賀質店にご相談ください。

この記事の執筆者:MR