失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

カフスの買取

2019年4月9日

須賀質店池袋営業所で、エルメスのカフスを買取いたしました。カフスという呼び方は日本だけで呼ばれる呼び方で、いわゆる和製英語です。本来の呼び方ではカフリンクスと言い、カフスというのは、袖口そのものを指す英語となっています。

 

エルメスの小物の買取

 

エルメスは高級ブランドですが、全ての商品が高価なお品物なのではなく、手ごろな価格帯の商品もあります。ブランド品のジュエリーといえば、金やプラチナを使用した、素材から高級な商品が多数ありますが、素材の金属としてはあまり高値で取引される物ではない、ステンレスや真鍮といった金属が使われている商品もあるのです。

 

今回お持ち頂いたのは、エルメスのカフス(カフリンクス)で、金やプラチナといった貴金属ではなく、ステンレスで作られた物でした。

 

ノンブランドのジュエリーと同じように、素材に対してお値段を付けるのであれば、今回のお品物の買取金額は0円となってしまいます。金やプラチナと違い、元々があまり高価な素材ではないステンレスには、中古品としてお値段をお付けする事は出来ないためです。ノンブランドでステンレス製のネックレス等は、括りとしてはジュエリーではなくアクセサリーとなり、値が付かないという理由で、買取対象外となるのです。

 

今回お持ち頂いたのは、ブランドがエルメスであるという点を除けば、お値段の付かないノンブランドのアクセサリーとなんら変わらないお品物なのです。しかし、エルメスの製品であるというだけで、買取対象の商品となるのは、エルメスの人気が世界中で高いからに他なりません。

 

このように、ある一点から見る事で、買取可能となるようなお品物は他にもあります。エルメスの製品を断る中古品業者はあまりいないかもしれませんが、他店では値が付かなかったお品物でも、須賀質店の買取であれば買取可能なお品物かもしれませんので、是非お問い合わせください。

 

今回のエルメスのカフスは、細かなキズが付いてはいるものの、お品物としての不具合は一切無く、エルメスのカフスとして買取をしています。須賀質店池袋営業所で、6,000円で購入いたしました。ご自宅に眠っている物の中にも諦めてしまっている物があるという方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。捨ててしまう前に一度、須賀質店のスタッフにお見せください。思わぬ高価査定となるかもしれません。

 

まとめ

 

大切なものや愛着のあるもの、普段から使っているものでもいつか買い替える時や、いらなくなる時がくるかもしれません。そんな時に須賀質店いらしていただければお客様のお役に立てる事があると思います。大正9年創業で、およそ100年続く須賀質店では、池袋、五反田、渋谷どの店舗にいらして頂いても熟練のスタッフが常駐しています。100年で積み重ねたデータと、最新の相場を駆使してお客様に満足していただける買取査定が出来るように日頃から研鑽を重ねていますので、是非一度、買取査定だけでもいらしてみてください。また、電話のお問い合わせも受け付けておりますので、ご連絡をお待ちしております。

 

お品物を手放してしまう事に抵抗を感じるのであれば、買取だけではなく、手放さずに一時的に現金化する質入れという方法もございます。お預かりしたお品物に応じた金額をご融資いたしますので、様々な状況に合わせて須賀質店にご相談ください。