失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

ルイヴィトンの財布を高価買取

2019年5月22日

ポルトモネクレディの買取

須賀質店五反田本店で、ルイヴィトン、モノグラム、ポルトモネクレディ、M61725型の財布を買取いたしました。フランス語で、財布・小銭入れという意味の言葉であるポルトモネを冠するシリーズの、クレディというタイプの商品です。フラップ式の長財布で、カード入れ等の細かなポケットの無いシンプルな作りになっています。

 

ルイヴィトンの財布には必ずポルトモネと名付けられる訳では無く、他にも、ポルトフォイユ、ジッピーといった名前を冠する商品があります。

 

ボロボロの財布の買取

 

今回お持ちいただいたポルトモネクレディ、M61725型は、残念ながらボロボロになってしまっていました。あまり新しい物ではなく、ポルトモネクレディそのものが、現在は廃盤となっています。廃盤品が必ず古いわけでも、ボロボロなわけでもありませんが、今回は状態の悪い物の買取となりました。

 

具体的にどのような状態であったかを挙げていくと、糸が解れているところがあったり、マチ(側面)の折り目がズレていたり、全体な汚れ、特に小銭入れの汚れがひどいといった具合でした。

 

どんな物でも、買取をする以上は、販売をしなければなりません。その上で、ここまで状態が悪くなってしまっている物というのは再販が難しくなってしまいます。

 

ルイヴィトン 財布 フラップ 買取

しかし、画像で見ていただくと分かるように、閉じて正面から見ただけでは、状態が悪い事があまり分かりません。つまりは、財布として使う事は可能であるという事です。

 

ルイヴィトンであるという事もお値段をお付け出来た要因の一つです。人気のあるブランドであるからこそ、ボロボロになってしまっていても需要があるのです。須賀質店五反田本店で、6,000円で買取いたしました。

 

ボロボロの財布、バッグ買取ります

 

ルイヴィトンに限らず、ボロボロになってしまっていても買取る事の出来るバッグや財布はたくさんあります。どんな物であってもお値段をお付けしますとは言えませんが、今回の買取のように、ブランド品で、ある程度その機能を保ったお品物であれば買取可能な物が多いのです。

 

数百円、数千円、もしかしたら1万円以上の金額で売却出来る物を捨ててしまったとしたら、もったいないと思うのではないでしょうか。捨ててしまう前に須賀質店へのお越しをお待ちしております。

 

ボロボロのルイヴィトンの財布の買取とまとめ

 

今回はルイヴィトンの財布の買取をご紹介させていただきました。お持ちいただいた物はあまり状態が良く無い、ハッキリと言ってしまえばボロボロでした。それでも買取が可能、お金に換える事が可能なのが、ブランド品です。

 

もちろん新品同様に綺麗な物をお持ちいただければその分高値で買取をする事が出来ます。お値段に関しては、まず何より実物を拝見させて頂いてからになってしまいますが、メール、ライン、お電話でのお問い合わせも受け付けております。

 

須賀質店がどのようなお店か分からず不安な方もいらっしゃると思います。まずは気軽にお問い合わせください。

 

 

 

ルイヴィトン、ジッピーウォレットの買取事例←はこちら

ルイヴィトン、ポルトフォイユヴァスコの買取事例←はこちら

ルイヴィトン、小物の買取相場←はこちら

この記事を書いた人
R.M
主任
趣味でバッグや財布を作る、須賀質店の古株従業員です。接客業が好きなため、アルバイトをしていた頃から職歴の全てが接客業です。自分でも物作りをするため、高級ブランドの商品の作りの良さに日々感嘆しています。