失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

キズと汚れがあるルイヴィトンのバッグの買取

2019年5月23日

須賀質店池袋営業所にてルイヴィトンのショルダーバッグを買取致しました。今回買い取りさせて頂いたバッグは、モノグラムマカサーと呼ばれるラインのお品物であり、バッグの内部にペン跡や外側にスレがあったことから、2万円で買い取りさせて頂きました。

 

「モノグラム」のメンズライン

 

モノグラムマカサーは2009年に発表され、現在では人気のあるメンズラインです。モノグラムによく似たラインですが、違いは持ち手や底部に使用されている革の素材にあります。茶色のヌメ革を使用しているモノグラムに対して黒い革を使用している為、見た目の印象も変わり、茶色と黒色のコントラストから渋い印象を与えます。

 

ライン名の「マカサー」は家具などで人気のある木材の黒檀から由来しているとされ、インドネシア産の黒檀「マッカーサーエボニー」の特徴的な木目からインスピレーションを受け、モノグラムマカサーと名付けられたと言われています。

 

今回の金額について

 

バッグやお財布といったお品物は状態が重要な査定ポイントです。ブランドや、お持ち頂いたお品物の相場を確認することはもちろんですが、最終的にお値段に結びつくのは状態です。皆さんも中古のバッグやお財布を購入される際は、少しお値段が高くても状態が良いものを選ぶと思います。須賀質店でも同じように状態が良いお品物であれば、より高額なお値段をお付け致します。

 

バッグは、外に持ち運ぶ機会が多い為、気づかない内にキズや汚れを作ってしまうことが多いです。今回のお品物は、前述した通り外側にスリ傷が多く見られました。さらに内側にボールペンで付けた汚れもあった為、これらがマイナスポイントとなってしまいました。

 

ここまで何点かマイナスポイントを挙げましたが、今回のプラスポイントはキズや内側に汚れはあったものの、大きな型崩れがなく、チャックなどの金具類や持ち手部分など壊れている箇所が無かった点です。
今回のバッグの状態をS(未使用品)・A(美品)・B(中古品)・C(状態が悪い中古品)の4段階評価で例えるとBが当て嵌まります。未使用品、美品として見ることはできませんでしたが、汚れやキズのみで壊れている箇所が無かった為、状態が悪いお品物という判断は致しません。須賀質店の査定員はそういった良い部分、悪い部分を総合的に判断し、お値段をお付け致します。

 

最後に

 

今回は、買い取りをさせて頂きましたが、大切なお品物を手放すのに抵抗のある方も多くいらっしゃると思います。そんな方にオススメさせていただくのが質預かりです。質預かりは、須賀質店にお品物を預けていただき、それを担保にお金をご融資する事です。ご融資した金額とお利息をお支払い頂ければ、お品物はお返し致します。

 

須賀質店では、現在質預かりの際のお利息を業界最低水準に挑戦しています。質屋は、質屋営業法という法律の下、金利が9%以下と決まっています。須賀質店では、1ヶ月の利息を10万円未満は2.3%、10万円以上30万円未満は1.8%、30万円以上は1.5%、100万円以上は1.2%としております。金利を下げる事によって他社に負けないように、さらにお客様にいつまでもご利用頂ける環境で有り続けるために須賀質店は日々努力を積み重ねています。新規のお客様であった場合は最初の1ヶ月の利息は1%のキャンペーンも行っております。この機会にぜひご利用下さい。