失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

ルイヴィトン、定番のキーポルの買取

2019年4月24日

須賀質店五反田本店で、ルイヴィトン、モノグラム、キーポル60、M41422型のバッグを買取いたしました。ルイヴィトンでは定番中の定番であるキーポル、旅行用のバッグとして作られ、廃盤になる事無く100年程経過している商品です。派生モデルのスピーディが登場する等、ルイヴィトンと言えばこれ、というような商品の一つです。

 

ルイヴィトン、定番商品、キーポルの買取

 

アメリカのブランド、シュプリームとコラボして大きな話題となったルイヴィトンの商品にもキーポルがありました。定番商品であるからこそ、様々なバリエーションが登場しています。ですが今回は、最もオーソドックスなモノグラムのキーポルをお持ちいただきました。

 

定番であるという事は、流行り廃りに左右される事の無い、確かな人気があるという事です。キーポルだけではなく、ルイヴィトンというブランドそのものが流行り廃りに左右されない確かな人気を持ったブランドであるため、定価と中古品の買取価格を比べた時に、高値の付きやすいブランドの一つです。

 

状態が良い物をお持ちいただけるほど、高額な査定となりますが、今回のお品物は可も無く不可も無くといった感じのお品物でした。持ち手の部分は革が変色してしまっている、角等にスレがありキズが付いている点が、具体的なマイナスポイントです。ですが、新品と比べてしまうと、やはり状態は悪く見えてしまいます。どの程度の状態で、いくらでの買取となるのかは、査定員が自分の目で見て決める点であるため、見る人が違えば違った判断になる事でしょう。

 

今回の買取は、新品時の買取査定の金額と並べて見て見ると大きく下がってしまっているように見えると思います。しかし、ルイヴィトンの定番商品のキーポルで、須賀質店であるからこそある程度使い込んだバッグであってもお付けできた金額であると思います。須賀質店五反田本店で、28,000円で買取いたしました。

 

バッグの買取というのは、状態をどのように判断するのかによって買取金額は大きく変わってしまいます。キズや汚れが付いてしまって、それを新品と同様の状態に戻す事が難しい事がその理由なのですが、であるからこそ買取金額にバラつきが生じやすい商品なのです。

 

他店での買取よりも必ず高値をお付け出来るかは分かりませんが、大正から続く質屋の須賀質店を信頼していらして頂ければと思います。

 

まとめ

 

大切なものや愛着のあるもの、普段から使っているものでもいつか買い替える時や、いらなくなる時がくるかもしれません。そんな時に須賀質店いらしていただければお客様のお役に立てる事があると思います。大正9年創業で、およそ100年続く須賀質店では、池袋、五反田、渋谷どの店舗にいらして頂いても熟練のスタッフが常駐しています。100年で積み重ねたデータと、最新の相場を駆使してお客様に満足していただける買取査定が出来るように日頃から研鑽を重ねていますので、是非一度、買取査定だけでもいらしてみてください。また、電話のお問い合わせも受け付けておりますので、ご連絡をお待ちしております。

 

お品物を手放してしまう事に抵抗を感じるのであれば、買取だけではなく、手放さずに一時的に現金化する質入れという方法もございます。お預かりしたお品物に応じた金額をご融資いたしますので、様々な状況に合わせて須賀質店にご相談ください。