失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

ルイヴィトン ジッピーXL M61698を五反田本店で高価買取

2019年7月3日

須賀質店五反田本店でルイヴィトンの財布を50,000円で買取りました。こちらの財布はモノグラムエクリプスラインのラウンドファスナータイプのお品物となります。

 

ジッピーXLの大型のラウンドジップタイプの財布になりますが、とても大きなサイズですので、中にスマホ等を入れて持ち運ぶことも容易で、ちょっとした外出にはクラッチバッグとして使用する事も可能です。

ジッピーXLの高価買取

 

モノグラムエクリプスラインについて須賀質店が解説します

 

ルイヴィトンは1854年に創業したLVMHグループの中核企業です。当時は鞄店としてスタートし、旅行用トランクなどで人気を得て規模を拡大していきます。

 

定番の人気ラインではルイヴィトンのイメージを全面に出したモノグラムやダミエラインなどがあり、今回のモノグラムエクリプスはメンズ向けのラインとなります。

ブラックとグレーを用いたカラーリングは、モダンでクールな印象を与えるデザインで幅広い年齢層の男性から人気があります。

 

2016年に発表された比較的新しいラインですが、ルイヴィトンの貴重なアーカイヴとして所蔵されていたブラック・キャンバスで覆われたトランクからインスパイアされと言われており、同ブランドの歴史も感じる事ができますね。

 

 

須賀質店がジッピーXLの査定について詳しく解説します

 

今回買取したジッピーXLは、状態がとても綺麗なお品物でした。未使用品ではありませんでしたが、お客様が丁寧に使用されていた事が感じ取れる状態です。

財布やバッグ等の中古品を査定する場合、お品物の状態はとても重要なポイントになります。手放す事を前提で使うのは本末転倒ですが、売却を検討中のお品物があれば、なるべく早い段階でお持ちいただく事をお勧めします。

 

保管状況が悪いと、型崩れや湿気などによる劣化が進む事もありますし、不要な汚れや傷がついてしまう事もあるかも知れません。

 

良い状態のお品物を高額で売却すれば、またお気に入りのアイテムを探して手に入れる事もできると思います。売却や査定の事で気になる事がありましたら、お気軽にお問合せ下さい。

 

ルイヴィトン ジッピーXL M61698買取についてのまとめ

 

今回の記事ではルイヴィトン ジッピーXL M61698の買取査定について解説しました。クラッチバッグとしても使える大きさであるお品物で、ルイヴィトンというハイブランドの財布である点からも人気が高いお品物です。

 

モノグラムエクリプスラインはキャンバス地にコーティングを施した素材です。日常使用ではコーティングのおかげで汚れなどに強く、水滴も直ぐには染み込まないので直後にサッと拭き取れば問題ありません。

 

但しコーティングの劣化により剥離してしまったり、長期間湿気が多い状態に置かれるなどすると劣化してしまいます。表面はモノグラムキャンバス地で裏面はレザー素材を使用している作りですので、湿気によりレザー部分が収縮してしまうと表裏のバランスが崩れて反り返ってしまう現象が多々あります。

 

ジッピーXLなどの財布はキズや汚れ以外にもこうした型崩れがある状態であると高額査定は難しくなります。売却お考えの際はそういった点にも注意してみて下さい。

ルイヴィトンの財布(取扱い品目一覧)←こちら

ルイヴィトンのバッグ(取扱い品目一覧)←こちら

ルイヴィトンの財布買取事例←こちら

この記事を書いた人
H.K
主任
入社前からの腕時計好きで、お客様と時計談義に花を咲かせることも多々あります。 また私の知らない情報をお客様から教えていただくことも多々あり、感謝しております。 現在は時計・貴金属・バッグをはじめ、スマートフォンやパソコンなど質屋ではあまり扱わない電化製品の査定スキルも習得致しました。