失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

ルイヴィトン ポシェットジュールGM(M61679)を渋谷営業所で高価買取

2019年11月4日

はポシェットジュールGM(型番:M61679)となります。近年のトレンドであるクラッチバッグにモノグラムコバルトラインを用いたお品物です。

ルイヴィトンは1854年に鞄店として創業したLVMHグループの中核企業で、現在では老若男女問わずバッグや財布等を中心に愛用者が多いハイブランドです。

 

手ぶらが多い男性ですが、ドレススタイル時に財布やハンカチなど身の回りの荷物をまとめて持ち運ぶことができるクラッチバッグ。以前はセカンドバッグの呼称の方が広く認知されていましたが、最近は薄マチタイプのすっきりとしたデザインが人気が高いです。

 

今回のお品物は全体的には状態よく、45,000円での高価買取となりました。今回はモノグラムコバルトを含む、ルイヴィトンのモノグラムラインやダミエラインなどの高価買取について説明していきます。

 

須賀質店の解説するバッグのルイヴィトンの高額買取

 

ブランドバッグは状態によって査定額が大きく変わってきます。同モデルの比較で、去年買った使用感があるバッグと、10年前に買ったあまり使っていないバッグで、買取価格が逆転する事例もあります。

 

その代表格ともいえるブランドの一つがルイヴィトンです。大人気のモノグラムやダミエライン、エピやタイガ、ヴェルニ、アンプラントなどの天然皮革など数多くの素材からアイテムが成り立っています。

今回はモノグラム等のエジプト綿にPVC加工を施した素材を使用したアイテムの高額査定について解説します。

 

エジプト綿×PVCコーティングという成り立ちから、軽く耐久性が高いというメリットがあります。このことからラフに扱うお客様も多いのですが表面のコーティンが削れてしまったり、湿気により反り返りやヒビ割れが発生する事が多々あります。

 

丈夫な素材だからと過信せず、丁寧に扱うことがお品物の寿命を延ばし、買取時にも高額査定が期待できる事になります。

また、もしキズやひび割れなどが発生した際、売却をご希望であればご自身で修理したりメーカー外の修理店に依頼する事はお勧めできません。これは修理工程や補修に使われる部材がメーカー外品となると、改造品扱いとなり買取ることが難しくなってしまうからです。

 

 

須賀質店のシステムについてと、高価買取・質預かりについてのまとめ

 

今回は買取査定となりましたが、須賀質店では質預かりの査定も行っております。「お金が必要だが品物を手放したくはない」という方や、「売ろうか迷っているが今すぐには決められない」という方は是非質預かりをご検討下さい。

 

質預かりでは業界最低水準の利息や、各種キャンペーンよりお客様が利用しやすい環境を整えております。一度お預かりしたお品物を簡単な手続きで買取へ変更することも可能です。少しでも気になる場合はお気軽にお問い合わせ下さい。

創業大正9年の須賀質店は、長年積み重ねてきた実績と確かなサービスを提供いたします。ブランド品や貴金属の中古相場は日々変動します。須賀質店では厳しい教育を受けた経験豊富なスタッフが、最新の相場を反映した独自の相場検索システムを駆使してその日最も高い査定金額を提示します。

 

五反田本店・渋谷営業所・池袋営業所と3拠点ございますので、お客様が足を運び易い店舗へご来店下さい。お客様の大切なお品物を一つ一つ丁寧に、かつ迅速に査定させていただきます。

 

この記事の執筆者:HK