失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

ポールスミスのトートバッグを五反田本店で高価買取

2019年11月29日

須賀質店五反田本店でポールスミスのバッグを1,000円で買取りました。こちらのバッグはキャンバス素材にレザーのハンドルがついたお品物で、ハンドルの付け根部分にキズがある状態でした。前面のダイナソープリントは迫力があり、存在感のあるお品物です。

ポールスミスの買取

ポールスミスは、1970年にイギリス・ノッティンガムにサー・ポールスミスが服飾店を開いたのが始まりです。規模の拡大に伴い、次第に自身の名前を冠した「ポールスミス」製品も開発・発売を行い、現在の地位を確立していきました。

 

今回はポールスミスのバッグで高額査定を得るポイントを須賀質店が解説します。

 

 

ポールスミスのバッグの高額査定ポイントを須賀質店がわかり易く解説

 

ポールスミスと言えば、マルチカラーストライプが代表的なデザインであり、男性からの支持が高いブランドとして有名です。革小物や腕時計は、ブランド品としては手の届きやすい価格設定から大学生や若手サラリーマンに人気で、スーツや革靴などは質の良さから中堅サラリーマンの方も着用されていますね。

ポールスミスのロゴ

中古バッグは各ブランドやシリーズによって平均相場が存在します。今回買取したポールスミスの場合、残念ながら中古市場ではお値段がつきにくいブランドです。傷や汚れなどが酷い場合は買取をお断りする事もあります。

 

今回のポールスミスのバッグは、ハンドル部分にキズがありましたが、全体はくたびれた状態ではなく、買取額1,000円でのお取引となりました。

ハンドル部分の傷

ここからはバッグ類全般で、査定時にチェックするポイントを解説します。バッグの傷がつきやすい箇所は、角・底・底鋲部分などです。チャームやカデナがついたモデルはその周辺の擦り傷がつきやすく、査定時には必ず確認をします。

 

ハンドル部分は手垢などで汚れやすく、ショルダーストラップもご使用により劣化が進みやすいパーツです。容量以上のものを詰め込んだり、保管時に潰してしまう型崩れも要注意です。

 

内側ではボールペンや化粧品などの汚れ、香水の匂い移り、ジュースやお菓子をこぼした汚れなどがよく見られる状態です。

バッグ内部

ボックスカーフなどスムースレザーの場合、新品時の見た目はなめらかで魅力的ですが、キズが目立ちやすい為取扱いには注意が必要です。

 

バッグの状態は同じ物が2つとないので、正確な査定額を提示するために、常に最新の相場を把握する事と、正確に状態を見極める力が重要になります。

 

須賀質店では業者専用のオークションサイトで常に最新の相場を把握し、経験豊富な査定員が各店に常駐しております。査定をお考えで気になる事がございましたら、お気軽にお問合せ下さい。

 

 

ポールスミスのトートバッグ買取についてのまとめ

 

今回の記事ではポールスミスのトートバッグ買取について解説しました。

 

ポールスミスは男性から人気の高いブランドで、筆者も大学生のころバイト代を貯めてマルチカラーの財布を購入したなど思い出のあるブランドです。

 

中古品の査定額において一部プレミア品やレアアイテムを除くと、中古品として売却する金額が新品を買った時の値段を上回る事はありません。

 

ご希望の価格に届かない事もあるかと思いますが、須賀質店では精一杯査定させていただきますので、お気軽にご相談下さい。

ポールスミスの財布買取事例←こちら

バッグ(取扱い品目)←こちら

ブランドバッグの買取ポイント←こちら

この記事を書いた人
H.K
主任
入社前からの腕時計好きで、お客様と時計談義に花を咲かせることも多々あります。 また私の知らない情報をお客様から教えていただくことも多々あり、感謝しております。 現在は時計・貴金属・バッグをはじめ、スマートフォンやパソコンなど質屋ではあまり扱わない電化製品の査定スキルも習得致しました。