失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

エルメスのバーキンの買取相場はいくらくらいかご紹介!

2020年5月2日

「自分の持っているブランドバッグを買取に出そうか迷っている。」「ブランドバッグの査定時の参考にするために、バッグの買取価格の相場を教えて欲しい。」

 

 

高額なブランドバッグを買取に出そうと思っているときに、自分の持っているブランドバッグがどのくらいの買取価格になるのか、こんな悩みをお持ちの人は少なくないですよね。ブランド品の場合、買取価格の相場を知ることで、買取に出すかどうかの判断がやりやすくなるといえるでしょう。

 

 

エルメスバーキン買取を解説

そこで今回は、高級ブランドバッグの代表格である「エルメスバーキン」の買取相場を紹介しながら、どうすればエルメスバーキンは高く売ることができるのかを考えてみましょう。エルメスのバーキンは、大きさが5種類、使われる色は多数、素材も多数あるので、無数の組み合わせが考えられます。

 

 

この多数の組み合わせのロジックを知っておくことが、バーキンの高価買取を狙えるかどうかの分かれ道になるので、エルメスバーキンで高価買取を狙っている方はこちらのページをよく読んでお手持ちのバーキンを高く売ってみてください。

 

 

エルメスバーキンの買取相場について

高級ブランドバッグの代表格であるエルメスのバーキンには、さまざまな色と素材とサイズがあることをご存知でしょうか。そして、エルメスバーキンの買取では、バッグのサイズや色、素材などが違うだけで買取時の相場価格が変動することを覚えておいてください。

 

買取価格が変化する

2020年6月の段階ですが、新型コロナウィルスの感染拡大のためにエルメスバーキンの買取相場も大きな影響を受けて下落しています。この混乱状況がいつまで続くかはわかりませんが、混乱が起きる2019年の終わりころから2020年の初めのころまでの、バーキン買取を取り巻く状況をお話しします。

 

 

色による買取価格に差が出ている

2019年の終わりころから2020年の初めの頃はエルメスバーキンの買取価格は、高値で安定していたといえます。最も安定した人気があるといえる「バーキン30 黒色 トゴ素材」などは、新品の買取価格で130万円~150万円くらいまで高くなっていました。

 

 

バーキン30 トゴ買取

こうした高値で安定しているバーキンがある反面、あまり買取価格が伸びないバーキンにあり、その理由のひとつが「流行の色かどうか」というポイント大きいと思われます。現在の人気色は黒やエトゥープと呼ばれるベージュとブラウンの中間色となっていて、赤色、黄色、オレンジ色といった色は好まれなくなっているようです。

 

黒 エトゥープ 一番人気の有り 新品 トゴ素材 ~150万円
赤、黄、オレンジ 人気なし 新品 トゴ素材 ~100万円

 

 

定価以上で売れたのは昔の話

エルメスバーキンは2016年~2018年ころであれば、何色でも高値買取がされて、新品をそのまま買取業者に持ち込めば定価以上の買取価格で売れた時期がありました。しかし、現在では人気色であるである黒やエトゥープで、人気サイズである25や30であっても、最高買取価格が150万円くらいです。バーキンの定価が135万円くらいなので「転売して儲ける」というのは無理がありそうですね。当然、人気でない色や35、40サイズのバーキンであれば、さらに買取価格は下がってきます。

 

 

バーキンはかつて高価買取された

それでもエルメスバーキンは、今から25年前 四半世紀前の1994年製でふつうの中古品レベルのバッグであったとしても40万円程度の買取価格が付くので、高額買取になるブランド品ということは出来ます。25年前に製造されたブランドバッグで40万円の買取価格が付くメーカーは、エルメス以外にシャネルくらいしかないでしょう。

 

 

定価に対する買取率は、バーキンは高い

ブランドバッグの買取を考えたときに、ブランドごとに定価が大きく異なるので、定価に対する掛け目 いわゆる買取率を目安にすると比較がしやすくなります。ブランドバッグの買取率は商品の程度にもよりますが、買取率は「定価に対して20%~30%くらい」といわれています。

 

 

バーキンは買取率が高い

買取率で考えれば、エルメスバーキンは普通の中古程度のバッグが「定価に対して40%~60%くらい」になることが多いので、ブランドバッグの中でも特に高く買取りされる商材であるといえます。もっと状態が良い、新しい製造年のバッグであればもっと高い買取率になり、定価以上の買取価格になるバーキンも出てくるわけです。

 

 

なぜ高い価格でもバーキンは売れるのか?

バーキンが通常のブランドバッグよりも高い買取率で取引され、時には定価以上で売買されるのはどうしてなのでしょう。それは、バーキンが常に店頭に並べられて、誰もが購入できる商品ではないからです。

 

バーキンは正規店で買えない

もし新品のバーキンをエルメスの正規店で購入しようと思えば、何度もエルメスの正規店でエルメス製品を購入し、エルメスの顧客リストに登録されるなどして顧客として認められなければなりません。

 

 

正規店ではバーキンの新品にお目にかかれない

そして正規店で新品のバーキンがディスプレイされることは、まずありません。バーキンはもともと職人の手作りなので、流通量が少なく店頭で見かけることはほとんどないでしょう。もしディスプレイされていたとしても「すでに売約済みです」と案内されるに違いありません。

 

 

エルメスから連絡をもらう

もし新品のバーキンが欲しいと思えば、先に説明したようにエルメスから顧客として認められて、数少ない新品の入荷があったときにすぐに連絡をもらえるような関係になっておくことが必要です。

 

 

エルメスから特別な顧客の扱いを受けられないのであれば、並行輸入品のバーキンや中古のバーキンを定価以上で購入するしかないという状況になっているのです。正規店で新品の製品が、お金を払っても手に入れられないという状況は、モノが大量に流通している現代でちょっと想像できないかもしれませんが、エルメスというブランド力のある希少品に限ってはありうる話なのです。

 

 

使用感がある中古のバーキンでも高価買取が期待できる

先にご案内したバーキンの定価に対する買取率の個所で、普通の中古程度のバッグが「定価に対して40%~60%くらい」というお話をいたしました。もし、もう少し使用感があって程度が悪くなったとしても、買取率がもう少し低くなって「定価に対する買取率が25%~40%」に収まるでしょう。

 

買取率が高い

これは金額に直せば30万円~45万円くらいになり、金額だけ考えてもかなりの高額です。使用感のある程度の良くない中古バッグで、30万円~45万円の価格が付くのであれば、人気が出るのもうなずけるのではないでしょうか。

 

 

新品の定価が上昇するので、中古価格も上昇

バーキンの新品販売価格は、年々上昇しています。この理由は材料費の高騰や職人の人件費の上昇もありますが、高い販売価格であっても売れてしまうバーキンの人気度による部分も大きいです。バーキンの新品販売価格は、バブル少し前の1985年ころは50万円くらい、21世紀に入った2000年ころに80万円くらい、そして現在2020年に130万円くらいと、約50年間で2.5倍の上昇をしています。

 

 

エルメスは定価が上昇

□買取相場を決めるのは色と素材の人気度

バーキンは素材と色が多数あって、この組み合わせがいろいろあります。そして、好まれる色や素材の組み合わせも異なるので買取を考えるときはよく調査する必要があります。バーキンの買取査定で大切な項目はこちらの4点です。

 

 

大きさ 4種類 25㎝、30㎝、35㎝、40㎝
多数
素材 多数
金具の色 ゴールドとシルバーの2種類

 

こちらの4点の項目が重要で、買取価格に大きく影響してきます。そして2020年現在、大きさに関しては25㎝か30㎝の小さめのサイズが好まれ、色は黒色かエトゥープといったモノトーン系、また明るいピンク系のカラーが高価査定されるバーキンの特徴になっています。

 

 

バーキンの人気サイズはどれだろう?

バーキンはよくお目にかかるサイズは「バーキン25」「バーキン30」「バーキン35」の3種類ですが、これら3種類よりも大きな「バーキン40」「バーキン45」も含めれば、5種類のサイズが存在することになります。

 

 

 

これら5種類のバーキンは均等に売れているわけではなくて、人気があるサイズと人気のないサイズが分かれています。最も人気があるサイズは「バーキン30」、次いで「バーキン25」、その次が「バーキン35」という順に人気に差が出てきています。バーキンは、サイズが30、25といった小ぶりのタイプが人気で、大型のタイプは不人気といえるでしょう。

 

 

いちばん重要なポイント「色と素材の組み合わせ」

バーキンには色(カラー)と素材の組み合わせが多数存在して、こちらの組み合わせがバーキンの価値を決めるといって過言ではありません。色については流行り廃りがありますが、一番安定した人気は黒とエトゥープといわれています。

 

 

バーキン ピンク色

また、今一番人気がある色といえばピンク系ですが、こちらの傾向も今後はわかりません。ピンク系のバーキンは、価格が高騰していた当時200万円を超えるほどの高額になっていた時期もあります。

 

 

人気の有る素材は何でしょうか?

バーキンの素材で、人気がある素材は以下の4種類といわれています。こちらの素材は安定した人気の有る素材で、常に高価査定が期待できる素材といえます。

 

トゴ 目が大きく、柔らかめの雄仔牛の革。柔らかいので扱いやすく傷が付きにくい。バッグのほかに財布や小物にも使われている
トリヨンクレマンス トゴよりも目が大きい、柔らかい手触りの雄成牛の革。バッグのほかに財布や小物にも使われている
ヴォーエプソン 雄仔牛の革に細かなプレス加工により、細かな型押しの目をつけた固めの革
スイフト 雄仔牛の革で柔らかく手触りが良い素材

 

 

金具の色で査定に上下はあるのか?

バーキンの金具は、シルバーとゴールドの二種類がありますが、金具の色によって大きな査定価格の差は出ないといわれています。ただ、ゴールド金具の方が高級感が出るといわれ、数万円高く査定される傾向があるようです。

 

 

高額査定が付くポイントは「製造年が新しいこと」

バーキンは製造された年が、製品に打刻されたアルファベットの刻印から判断が付きます。この刻印のために新しいかどうかの判断が簡単に出来るので、製造年によって査定価格が変わってきます。どんなに商品の状態が良くても、3年も5年も前の刻印であれば新品の扱いは出来ずに「新品同様」とか「未使用品」の扱いになってしまいます。

 

新品扱いにできません

新品であれば、定価に近い価格の買取査定価格がつけられますが、未使用品や新品同様になってしまうと、定価の60%~70%くらいになってしまうでしょう。

 

 

新品のバーキンとはどんな状態か

新品状態のバーキンは定価に近い価格の買取査定額が付くといわれていますが、ここでいう「新品状態」とはどのような状態を指すのでしょうか。新品状態の基準は、買取店や質屋によって異なりますが、おおむね以下のような状態を指すことが多いようです。

 

①製造年が去年か今年である
②箱から出しただけで、未使用状態である
③保護シールが残っている

こちらの3項目に該当するバーキンが新品状態といわれて、そうでない状態の良いバーキンは未使用品や新品同様品として扱われてしまいます。

 

 

製造年を表すバーキンの刻印とは

バーキンの刻印はベルト部分の裏側に入っていて、アルファベット記された刻印から製造年を知ることができます。(2015年ころから本体の内側側面に刻印の位置は変更されています)中古品のバーキンを選ぶときに、色や素材を気にするだけでなくこちらの刻印の意味も知ったうえで、より新しくて状態の良いバーキンを選ぶようにした方が良いですね。

 

 

刻印一覧

 

 

バーキン買取相場をわかりやくすく説明します

こちらではバーキンの買取相場をより判りやすく解説しています。これまでにご案内した通り、バーキンの買取相場価格は「大きさ」「色(カラー)」「素材」によって変わるので、それぞれの組み合わせ別の買取価格を解説してみました。

 

 

バーキンの買取価格を解説

皆さんもお手持ちのバーキンの買取相場価格を調べるのであれば、「大きさ」「色(カラー)」「素材」を比較しながら買取相場価格を絞り込んでいってください。

 

 

中古バーキンのおよその買取相場価格は?

以下の表示しているバーキンの買取相場価格は、中古買取市場にもっともたくさん流通している「状態の良い中古品」です。ECサイトなどでは「中古品A品」などと呼ばれていて、状態が悪くなると「中古品B品」、さらに状態が落ちると「中古品C品」などと呼ばれています。

 

 

バーキンの場合は、製造年による買取価格の上下が加わりますが、こちらの買取価格は「状態の良い中古品Aの平均的な買取価格」であるとご理解くださいますようにお願いいたします。

 

 

 

バーキンの買取相場価格(黒、モノトーン)

バーキンの買取相場価格で、モノトーン系のカラーは常に安定して高価買取価格が付いています。最近までは黒やエトゥープが高値で安定していましたが、こちらのカラーも出回りすぎて以前ほどの価格が付かなくなったとはいえ、高値で安定は変化在りません。

 

 

バーキン30 トゴ買取

モノトーンといってもホワイト、ヴァニラ、パルシュマンといった白系のカラーは、汚れや焼けが気になるので、暗めの色の方がより好まれる傾向があります。

 

 

ブラック

素材 サイズごとの買取相場価格
トゴ 25サイズ:800,000円
30サイズ:800,000円
35サイズ:650,000円
トリヨンクレマンス 25サイズ:700,000円
30サイズ:700,000円
35サイズ:500,000円
ヴォーエプソン 25サイズ:800,000円
30サイズ:800,000円
35サイズ:650,000円
スイフト 25サイズ:700,000円
30サイズ:700,000円
35サイズ:500,000円

 

 

エトゥープ

素材 サイズごとの買取相場価格
トゴ 25サイズ:900,000円
30サイズ:900,000円
35サイズ:700,000円
トリヨンクレマンス 25サイズ:700,000円
30サイズ:700,000円
35サイズ:500,000円
ヴォーエプソン 25サイズ:900,000円
30サイズ:900,000円
35サイズ:600,000円
スイフト 25サイズ:700,000円
30サイズ:700,000円
35サイズ:500,000円

 

 

エタン

素材 サイズごとの買取相場価格
トゴ 25サイズ:900,000円
30サイズ:900,000円
35サイズ:700,000円
トリヨンクレマンス 25サイズ:800,000円
30サイズ:800,000円
35サイズ:600,000円
ヴォーエプソン 25サイズ:800,000円
30サイズ:800,000円
35サイズ:600,000円
スイフト 25サイズ:700,000円
30サイズ:700,000円
35サイズ:500,000円

 

 

 

黒、モノトーン系の新品状態のバーキンは

黒色、モノトーン系の新品状態の買取相場価格はどのくらいになるのでしょうか。コロナの相場混乱が起こる前までは120万円前後で取引をされていました。そして、黒色よりもエトゥープ等のグレー系、ブラウン系の方が人気があり、少し高めの買取価格が付いていたようです。

 

 

バーキンの買取相場価格(ブルー、グリーン系)

ブルー系のバーキンは5年くらい前に人気が出て、最近ではグリーン系も含めて新しい色がいくつか出ています。マラカイト、バンブーといったグリーン系、ブルーサンジバル、ブルーエレクトリックといったブルー系が最近発表されて人気が出た色です。

 

 

ブルー、グリーン系バーキン買取相場

ただ、ブルー系やグリーン系の色は以前と比べて人気の出る機関が短くなってきているので、査定価格が高めになっているうちに売却してしまった方が良いかもしれません。

 

 

ブルージーン

素材 サイズごとの買取相場価格
トゴ 25サイズ:700,000円
30サイズ:700,000円
35サイズ:500,000円
トリヨンクレマンス 25サイズ:700,000円
30サイズ:700,000円
35サイズ:500,000円
ヴォーエプソン 25サイズ:600,000円
30サイズ:600,000円
35サイズ:500,000円
スイフト 25サイズ:600,000円
30サイズ:600,000円
35サイズ:500,000円

 

 

ターコイズ

素材 サイズごとの買取相場価格
トゴ 25サイズ:800,000円
30サイズ:800,000円
35サイズ:650,000円
トリヨンクレマンス 25サイズ:800,000円
30サイズ:800,000円
35サイズ:650,000円
ヴォーエプソン 25サイズ:700,000円
30サイズ:700,000円
35サイズ:600,000円

 

 

ヴェールヴェローヌ

素材 サイズごとの買取相場価格
トゴ 25サイズ:800,000円
30サイズ:800,000円
35サイズ:650,000円
トリヨンクレマンス 25サイズ:800,000円
30サイズ:800,000円
35サイズ:650,000円
ヴォーエプソン 25サイズ:700,000円
30サイズ:700,000円
35サイズ:600,000円

 

ヴェールボスフォール

素材 サイズごとの買取相場価格
トゴ 25サイズ:800,000円
30サイズ:800,000円
35サイズ:650,000円
トリヨンクレマンス 25サイズ:800,000円
30サイズ:800,000円
35サイズ:650,000円
ヴォーエプソン 25サイズ:700,000円
30サイズ:700,000円
35サイズ:600,000円

 

 

ブルー、グリーン系の新品状態のバーキンは

ブルー、グリーン系色の新品状態の買取相場価格はどのくらいになるのでしょうか。コロナの相場混乱が起こる前までは90万円前後で取引をされていました。ブルー、グリーン系色のバーキンは人気が下落傾向にあり、新しい色が加わったりすると少し買取相場価格が上昇したりしますが、今後も現在の相場を維持できるかどうかはわかりません。

 

 

バーキンの買取相場価格(オレンジ、赤色系)

バーキンには赤系、オレンジ系は昔から存在するカラーだったので、新しい赤・オレンジ系の価格と古い赤・オレンジ系の価格差がかなり出る色です。新しい赤・オレンジ系であれば70万円程度の買取査定価格が期待できますが、古いと50万円程度に下がってしまうでしょう。

 

 

赤、オレンジ系のバーキン買取

 

ブーゲンビリア

素材 サイズごとの買取相場価格
トゴ 25サイズ:600,000円
30サイズ:600,000円
35サイズ:-円
トリヨンクレマンス 25サイズ:600,000円
30サイズ:600,000円
35サイズ:-円
ヴォーエプソン 25サイズ:600,000円
30サイズ:600,000円
35サイズ:-円

 

 

ヴァーミリオン

素材 サイズごとの買取相場価格
トゴ 25サイズ:600,000円
30サイズ:550,000円
35サイズ:-円
トリヨンクレマンス 25サイズ:600,000円
30サイズ:550,000円
35サイズ:-円
ヴォーエプソン 25サイズ:600,000円
30サイズ:550,000円
35サイズ:-円

 

 

アプリコット

素材 サイズごとの買取相場価格
トゴ 25サイズ:650,000円
30サイズ:600,000円
35サイズ:-円
トリヨンクレマンス 25サイズ:600,000円
30サイズ:650,000円
35サイズ:-円
ヴォーエプソン 25サイズ:550,000円
30サイズ:600,000円
35サイズ:-円

 

 

ルージュグレナ

素材 サイズごとの買取相場価格
トゴ 25サイズ:650,000円
30サイズ:550,000円
35サイズ:-円
トリヨンクレマンス 25サイズ:600,000円
30サイズ:550,000円
35サイズ:-円
ヴォーエプソン 25サイズ:550,000円
30サイズ:500,000円
35サイズ:-円

 

 

オレンジ、赤系の新品状態のバーキンは

オレンジ、赤系色の新品状態の買取相場価格はどのくらいになるのでしょうか。コロナの相場混乱が起こる前までは90万円前後で取引をされていました。オレンジ、赤系色は明るく濃い色は人気がありますが薄い、暗い系統は人気がないのでご注意ください。

 

 

 

バーキンの買取相場価格(ピンク色系)

ピンク系のバーキンは現在でも人気の有る色で、黒色やモノトーン系に次ぐ人気になっています。数年前であれば買取相場価格で100万円を上回る事例もありましたが、現在では当時より人気が下がって80万円前後の買取相場が付くことが多いようです。

 

 

バーキン ピンク色

ピンク系のバーキンは急に人気が出て、一気に出回った感があるので、現在の80万円前後の買取相場を維持できるかどうかわかりません。コロナの影響で、世の中の先行きが不透明な感もあるので、相場が下がるようであれば早めに買取に出したほうが良いかもしれません

 

 

ローズテリアン

素材 サイズごとの買取相場価格
ヴォーエプソン 25サイズ:850,000円
30サイズ:850,000円
35サイズ:-円

 

ピンク

素材 サイズごとの買取相場価格
ヴォーエプソン 25サイズ:850,000円
30サイズ:800,000円
35サイズ:-円
トゴ 25サイズ:850,000円
30サイズ:800,000円
35サイズ:-円

 

 

ローズリップスティック

素材 サイズごとの買取相場価格
トゴ 25サイズ:850,000円
30サイズ:800,000円
35サイズ:-円

 

 

ピンク系の新品状態のバーキンは

ピンク系色の新品状態の買取相場価格はどのくらいになるのでしょうか。一時の人気が衰えているとはいえ、現在でも黒やモノトーンに次ぐ人気を保っているのがピンク系です。新品の買取相場価格は100万円前後になりますが、人気に陰りが出ていることはご注意ください。

 

 

バーキンの買取相場価格(茶色・ブラウン系)

ブラウン系、茶色系のバーキンは30年くらい前の古いバーキンにもラインアップされている古くからあるカラーなので、当時人気だった素材のが使われているバーキンは安めの買取査定価格になってしまいます。

 

 

茶色、ブラウンのバーキンの買取

30年くらい前のバーキンには、アルデンヌ、クシュベルといった手触りが固い素材が使われているので、触るとすぐに判ります。また、現在はトゴ、トリヨンクレマンスといった柔らかめの素材が中心になっていることもあって、古い茶色、ブラウン系のバーキンは安めの査定になっています。

 

 

ブラウン、ゴールド

素材 サイズごとの買取相場価格
トゴ 25サイズ:650,000円
30サイズ:700,000円
35サイズ:600,000円
トリヨンクレマンス 25サイズ:650,000円
30サイズ:700,000円
35サイズ:-円
ヴォーエプソン 25サイズ:650,000円
30サイズ:700,000円
35サイズ:600,000円
アルデンヌ 25サイズ:-円
30サイズ:400,000円
35サイズ:350,000円

 

 

茶色・ブラウン系の新品状態のバーキンは

茶色・ブラウン系のバーキンは、昔から存在するカラーで使う場所を選ばない癖のない色ではありますが、バーキンの色のバリエーションが増えた現在では、存在感が出にくく個性的でない色として見られているようで、相当に状態が良くない限りは高額の査定価格が付きません。

 

 

本当に状態の良いもので、トゴやトリヨンといった最新の素材が使われていれば80万円以上の査定価格が付く場合もあります。

 

 

特殊素材のバーキンは買取価格も別格

これまでご案内したバーキンは牝牛、牡牛といった違いはあるものの普通のレザーを用いて作られたバーキンでしたが、バーキンにはワニやトカゲの革を使って製造した特殊素材のバーキンが存在します。以下は特殊素材のバーキンに使われている素材です。

 

 

ポロサス バーキンのポロサス 東南アジア、オーストラリア、シンガポールなどに住むソルトウォータークロコダイルのレザー
ニロティカス バーキンのニロティカス アフリカを流れるナイル川流域にすむクロコダイルのレザー
アリゲーター バーキンのアリゲーター アメリカのミシシッピー川流域に住むクロコダイルのレザー
リザード バーキンのリザード 東南アジアを中心に住むトカゲのレザー
オーストリッチ バーキンのオーストリッチ オーストラリアや南アフリカに住むダチョウのレザー。羽毛を抜いた跡の丸い穴はクイルマークと呼ばれる

 

 

特殊素材のバーキンは買取価格で400万円を超えることも珍しくありません。特に特殊なカラーを施した「ヒマラヤ」などは、1000万円近い買取価格が付く場合があります。特殊素材のバーキンは買取査定価格で200万円前後を期待して良いと思います。

 

 

エルメスバーキンヒマラヤ

バーキンの買取相場価格(ショルダーバーキン)

 

エルメスショルダーバーキン高価買取ショルダーバーキンは、その名のとおり肩から掛ける使い方を前提としているバーキンです。そのために鞄の高さが通常のバーキンの半分ほどしかなく、持ち手の部分も長くなっています。珍しさのために、発表当初は通常のバーキン以上の査定価格が付きましたが、現在では40万円前後が査定価格になっているようです。

 

 

 

オータクロアの買取相場価格

バーキンと似たバッグに「オータクロア」というバッグがあります。画像で見るだけでは、一見同じバッグに見えますが、このふたつのバッグは別物で右がバーキン、左がオータクロアです。オータクロアは、バーキンが発表される前からエルメスのバッグとして販売されていた商品で、オータクロアを改良したバッグがバーキンといわれています。

 

 

エルメスオータクロア高価買取

オータクロアとバーキンの相違点は、ベルトを2つ合わせる金具部分の形状と、バッグの本体がオータクロアの方が少し縦長である点が相違点です。バーキンとオータクロアはよく似たバッグではありますが、買取査定価格はバーキンの半額程度に下落していて30万円~40万円程度になることが多いようです。

 

 

バーキンの査定価格を上げる方法は?

これまでに様々なバーキンの査定価格について紹介してきました。では、バーキンを買取に出すとしたら、少しでも高く査定してもらいたいですよね。こちらでは、少しの工夫で持っているバーキンに高い査定が付くかもしれない「査定を上げるポイントや技」について解説したいと思います。

 

 

買取価格をあげる方法を解説

バッグの型崩れを直しておこう

バーキンは底が平らで幅広で、上に向かって細くなっている形状のために、真ん中あたりから折れてつぶれてしまっているバーキンを何度も見てきました。また、最近流行の素材である「トゴ」や「トリヨンクレマンス」はとても柔らかい素材のために、折れたり形が崩れてしまいがちです。

 

 

型崩れしたバーキン

 

形が崩れてしまったバーキンは、鑑定士の印象も悪いので、買取査定に出す前に少しでも修正してみましょう。くったりとつぶれてしまったバーキンは、査定価格を10万円以上マイナスされてしまう可能性があります。バッグの中にタオルや緩衝材をきつめに詰めて数日間放置すれば、多少形はもどるので、型崩れを放置したまま買取に出すのは止めましょう。

 

 

内側底部分やポケット部分のホコリ、髪の毛は取り除く

バーキンの買取で内側をのぞいた時に、底の隅部分にほこりがたまっていたり、ポケット部分にほこりやティッシュが押し込められていたり、髪の毛やペットの体毛などが出てきたりすると、普段から雑に扱っていたのかな、と疑いたくなります。

 

 

バッグの内側を掃除する

内側が汚れていて鑑定士の心証が悪くなると、高価査定をしたいと思わなくなるので、買取査定に出す前は必ず内側のクリーニングをするようにしましょう。クリーナーなど使うと素材を傷めることもあるので、ブラシで隅のほこりや髪の毛を取り除くだけで印象はまったく変わってきます。

 

 

タバコやペットのにおいは出来る限り消しておく

タバコのにおいやペットのにおいが付いてしまった場合は、風通しの良いところに置いておくなどして、出来る限りにおいを落としておいた方が良いです。においは一度ついてしまうと、なかなか落とせないので、普段から取り扱いに注意してにおいが付かない場所で保管したいものですね。

 

 

においにはファブリーズなどが有効ですが、エルメスの場合素材を傷めることになるので、使用しない方が良いでしょう。通気の良いところに放置して、出来る限りにおいを落としておきましょう。

 

 

わずかの手間暇を掛けるだけで、査定価格はあげられる

 

買取査定価格はあげられる

バーキンの買取査定に限ったことではありませんが、ブランドバッグの買取査定は鑑定士の目で見て手で触れておこなわれるものです。鑑定士の最初の心証が良くなければ、高価査定を望むことは出来ません。「形崩れを直しておく」「内部のクリーニングをしておく」「においを出来る限り落としておく」とやれることは少ないですし、完璧に元通りには出来ないかもしれませんが、うまくゆけば査定価格の10万円くらいのアップは期待できるかもしれません。

 

 

付属品の有無は、買取の時にどのくらい重要視されるの?

バーキンを買取に出す時に、付属品の有無が問題になることがります。付属品の有無は買取価格にどの程度影響があるのでしょうか。バーキンの付属品といわれるものには、以下の品物があります。

 

 

外箱 エルメスの外箱 エルメスのバーキンはオレンジ色をした大型の箱に収められています。エルメスの特徴として品物に対して大型でゆったりした箱が選ばれています。
保存袋 エルメスの保存袋 エルメスのバーキンは布製の袋に入れられて箱に収められています。布袋は年代に応じて色が変化しています。最新のバッグは白色系の色をしています。
カデナ+鍵 エルメスのカデナと鍵 エルメスバーキンのベルトを固定するためのカデナ(南京錠)と鍵になります。鍵は2本ついてきます。
クロシェット エルメスのクロシェット エルメスのバーキンは2本のカギが革の袋に収められており、この革製の袋をクロッシェっとと呼びます。
レインカバー エルメスのレインカバー エルメスのレインカバー    エルメスのバッグは雨除けに「レインカバー」が付いてきます。レインカバーは製品や大きさに応じて番号で管理されています。
カード類 エルメスのカード類 カード類には正規店の名称や連絡先が記されています。

 

もし、皆さんが持っているバーキンで「新品」または「未使用品」の状態で買取に出すというのであれば、これらの付属品がないと「新品」「未使用品」の扱いにならなくなってしまうと思っていた方が良いでしょう。

 

 

外箱は価値があるものなのか?

エルメスのバッグには、独自のオレンジ色の外箱があります。バーキンにもバッグ本体を保存袋で包んだうえで、余裕をもって収納できる大型の箱が付いてきます。バーキンの箱はメルカリなどのフリマアプリの市場で、数千円~1万円程度で売られていてそれなりの価値があるようです。

 

 

価値があるのか

ただ、質屋や買取店の現場で外箱の価値を買取価格に上乗せするのは、新品未使用品の場合に限られると思います。普通の中古品として買取の現場に持ちもむのであれば、外箱の有無は買取査定価格に影響があることはほとんどないでしょう。

 

 

カデナとクロシェットの価値はどのくらいか?

エルメスのバーキンには、ベルト部分を固定するための独特のカデナ(南京錠)が付いていて、鍵が2本付属しています。そして、鍵を入れる革製の袋がクロシェットと呼ばれています。カデナとクロシェットも、フリマアプリ市場やインターネットのECサイトで売られているので、売値くらいの価値はあるといえるでしょう。

 

 

カデナやクロシェットの価値は

 

バーキンにとって、カデナとクロシェットは象徴的な備品のひとつといえるので、こちらがないと5万円~10万円程度の査定価格の減額をせざるを得なくなります。ただ、カデナとクロシェットは、エルメスの正規店で取り寄せることができるので、これらをなくしてしまって査定価格の減額が不安な方は相談して取り寄せてもらってはどうでしょうか。

 

 

レインカバーやカード類はどうか

レインカバーや、バッグと一緒に入っているカードやタグ類は、あれば好印象ではありますが、なかったとしても買取査定価格の減額にはならないでしょう。

 

 

鑑定士は査定時に何を見て査定の判断をしているのか

バーキンを買取に出したときに、鑑定士はどちらの部分を見てどのように判断しているのでしょうか。鑑定士がじっくり見たり、査定の判断にしているポイントなどについて解説するので、現在バーキンをお持ちの方、これからバーキンを検討しようと思っている方も、バッグの普段の使い方などに気を付けていただき、将来の買取するときに役立てていただきたいと思います。

 

 

金属部品部分に張られているシールの有無

バーキンには金属でできた部品がいくつかついています。2本のベルトの先端部分、2本のベルトを組合わせて止める部分、ベルトがずれないように引っ掛ける部分、底の4つの鋲部分です。新品のバーキンの場合、この金具にシールが貼ってあり傷防止に役立っているのですが、鑑定士はこのシールの有無で新品かどうかを判断しています。

 

 

逆に金具部分のシールが残っていない場合は、新品とはみなされないこととなるので、新品のバーキンの買取を考えているのであれば、金具のシールははがさないことが大切です。

 

 

金属部分の傷やスレは、査定で減額要因になる

先にご案内した金具部分の傷やスレは、買取査定で減額要因になります。大切に取り扱われたバーキンの場合、金具部分に傷が付いたり擦り傷が付いたりすることはあり得ないだろうというのが、鑑定士の考え方といえます。

 

 

外側の角部分のスレや持ち手の汚れや傷は査定にマイナス

バッグの外側角部分は、ぶつけたり擦り傷が付きやすい部分ではありますが、こちらの部分の色が変色したり色落ちしているようなバッグは査定にマイナスの影響が出るといえます。また、持ち手の部分も同様で、色が落ちたり黒く変色している場合は査定にマイナスになります。

 

 

金具の部分でも触れましたが、中古品のバーキンの査定であれば、ある程度の傷や汚れ、スレなどがあるのは普通なのですが、金属部分にしっかり付いた傷や、角部分が4か所ともすれて白くなっているバーキンを査定すると、大切に扱われていなかったんだな、という感覚で鑑定士は査定をするものなのです。

 

 

こうした感覚になってしまうと、何か他にも欠点を見落としているのではないかという感覚にもなり、積極的に高価査定が出来なくなってしまうものなのです。

 

 

エルメスバーキンの買取相場はどのくらいかご紹介 まとめ

エルエスバーキンの買取相場はどのくらいなのか、という内容を中心にいろいろ解説してきました。2020年6月現在、コロナ禍の混乱でエルメスの買取相場も大きく下落し、今後の行方は不透明な状況が続いています。

 

 

コロナの混乱が収まれば、買取相場も少しづつ戻ってくるに違いありません。回復の過程で、これまでのトレンドに大きな変化があるとは思えないので、コロナ前のトレンドをそのまま引き継いでゆく相場が続くと思われます。

 

 

バーキンはその色と素材で、買取相場価格が大きく変わるバッグでした。現在のところ好まれる色は黒色(黒色)とエトゥープ といったモノトーンが主流でした。そして、好まれる素材は柔らかめの素材 トゴとトリヨンクレマンスが主流でした。この流れは、今後もしばらく変わらないと思われます。

 

 

バーキンの買取相場は、その状態があまり良くない、製造年がかなり古い商品であっても、30万円~40万円程度の買取価格がつく商品です。この金額だけで判断してしまうと、ずいぶん高い高額査定だと思われるかもしれませんが、バーキンに限っていえば決してそんなことはないということもご理解いただけたのではないでしょうか。

 

 

自分の持っているバーキンの状態や価値を十分理解したうえで、買取店や質屋に持ち込んだ方が良いですね。もしかしたら、皆さんのお持ちのバーキンはもっと高い査定価格が付いたかもしれません。そして「バーキンを買ってみよう」「バーキンの購入を検討しよう」という方は、多くの場合ブランド品の所有経験が多く、自由なお金をもった富裕層と呼ばれる方々です。

 

 

こうしたブランド品の知識が豊富でお金もお持ちの方々は、求める商品の水準も高くなりがちなので、バーキンの買取を考えている皆さま方には、お持ちのバーキンの状態を高く保ちながらご利用いただくことを強くお勧めいたします。

この記事を書いた人
須賀兼一
代表取締役
平成16年4月より須賀質店の代表取締役を務めています。質屋のシステムやビジネスモデルについて、初めてご利用する方にもわかりやすく解説することを心がけています。質屋でお金を借りることは、銀行や消費者金融からお金を借りる手法にはないメリットがあるのです。現役の質屋でしか語れない「質屋の便利な使い方」について、当Webサイトで解説しています。