失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

エルメスの買い取りでお悩みの方へ!人気のベアンについてご紹介します

2020年7月20日

ベアンは、エルメスの財布やキーケースの中で最も人気のモデルと言えるでしょう。
ベアンと聞いただけではどのようなものか分からない方も多いのではないでしょうか。
今回は、エルメスの中でも特に人気なベアンについてご紹介します。
買取で悩まれている方も、査定の際のポイントも解説するので、ぜひ参考にしてみて下さい。

□ベアンの特徴とは?

エルメスは創業当初、高級馬具メーカーとして知られていました。
そのため、高級革皮アイテムの品質の高さが世界的に評価されているブランドです。
そんなエルメスの革皮加工技術の高さと、上質なレザーの感触を体現しているのがベアンです。
エルメスが作り出すベアンをはじめとする財布やカバンなどは、上質な素材と高い技術力によって、長い間使い続けられるような、丈夫で質の高い仕上がりが特徴と言えるでしょう。

ベアンは、20年以上前から販売されているエルメスの代表的な財布です。
ベアンの形はとてもシンプルで、正面にエルメスのHの金具があることが特徴的であり、ベルトを通すことによって開け閉めを行う構造です。
このエンブレムであるHが入った金具は、ベルトの先端に付けられているため、さりげなくエルメスの高級感を演出してくれる存在と言えるでしょう。

このようなシンプルかつスリムなデザインは流行に左右されないため、1つの財布を長く使いたい方にはピッタリな財布です。

シンプルな形状であるベアンは、様々な人々から人気を集めていますが、その中でも特に本格志向の女性から支持を集めています。
また、コンパクトなデザインであるため、女性に限らず男性の間でも人気があります。
男性の場合でも、内ポケットや胸ポケットなどに入れて持ち歩くのも良いでしょう。

ベーシックで使いやすいシンプルなデザインながら、エルメスの加工技術と上質なレザーによって。
エルメスの加工技術と上質なレザーによって、圧倒的な雰囲気を感じられます。
年齢や性別問わずに長く使えるデザインであるため、大切な人へのプレゼントとしても喜ばれるでしょう。

□ベアンの中でも人気の色や素材を紹介!

ベアンは、幅広い素材やカラーのものが揃っています。
そこで、次にベアンの中でも人気のカラーや素材をご紹介します。

*ヴォー・エプソン

ヴォー・エプソンは2003年にクシュベルの後継素材として、新しくエルメスの素材バリエーションに加わりました。
細かい型押しをプレス加工した雄の仔牛のレザーです。
また、適度な張り感もあり、かっちりとした質感であるため、フォーマルなスタイルにピッタリなレザーと言えるでしょう。

さらに、形崩れしにくく、美しい形を長い間味わえるのも魅力の1つであり、他の素材と比較して軽い、傷擦れしにくい、耐水性が高いことが大きな特徴です。
このように、とても扱いやすい素材であることから、バッグや小物など幅広いアイテムで使用されています。

*ボックスカーフ

カーフとは、そもそも生後3から6ヶ月の仔牛の皮を使用した皮革のことです。
このカーフ素材に、見た目の艶やかな美しさと傷がつきにくい丈夫さを加えたのがボックスカーフです。
使い込むほど上品な光沢が増していくエルメスの中で定番とも言える素材でしょう。
ブラックやブラウンといった落ち着いた色に向いています。

ちなみに、ボックスという名前は、1980年代のイギリス王室御用達の靴屋のジョセフボックスの名前から来ていると言われています。

*アリゲーター

アリゲーターは、エルメスのアイテムに使用されている素材の中でも特に希少で高価な素材です。
アメリカのミシシッピ川流域が原産地のワニ革素材であり、ワニ革の中では唯一、穿孔(せんこう)という点状の模様がなく、斑目が大きいのが特徴的です。
エルメスでは主に、財布やバーキン25などで使用されています。

*オーストリッチ

オーストリッチは、クリルマークと呼ばれる水玉模様が特徴的な高級な素材です。
1つ1つ違った表情が見られ、自然が生み出す神秘を感じられるでしょう。
軽量でありながら丈夫であり、その耐久性は牛レザーの数倍とも言われています。
利便性にも優れ、発色が美しいことから、ケリーバッグやバーキンをはじめ、幅広いアイテムで使用されています。

□ベアンとベアンスフレの違いとは?

ベアンのラインナップは、「ベアン」と「ベアンスフレ」の2つが存在します。
見た目は大きく変わらない2つですが、どのような違いがあるのでしょうか。

まず、ベアンは無駄のないデザインが特徴的で、収納場所にも困らないほどスリムでコンパクトな財布です。
普段から小さめのバッグを使われる方や、バッグを持ち歩かずジャケットの内ポケットに財布を収納される方にも便利なデザインです。

また、札入れ以外にも3つのポケットがあり、ファスナー式のコイン入れの片側にはマチもあるので、小銭の出し入れもスムーズに行えるでしょう。

一方、ベアンスフレはベアンと比べて少し横幅があります。
ベアンはスリムである一方で、あまり紙幣が入りません。
その点を改善し、収納力を上げたのがスフレベアンになります。

ベアンスフレはマチが付いて容量を増やしても、エルメスらしい美しくエレガントな印象を保っています。
このように機能性だけを上げられるのは、エルメスが持つ技術力の高さがあってこそのものでしょう。

□ベアンの高額買取のポイントを紹介!

実際にベアンを買取に出す際は、高額で買い取ってもらいたいと思いますよね。
ここからは、高額で買い取ってもらうためのポイントをご紹介します。

まず1番重要と言えるのは商品の状態です。
当たり前のことのようですが、多くの方がアイテムのケアを十分にできておらず、意外なところで損をしています。
家に保管していた状態のまま買取に出す方が多いのですが、一度出す前にアイテムの状態を確認しておきましょう。

もし自分が買う立場だったら買いたいと思うのかを1つの基準にしてみるのも良いでしょう。
実際に査定を行うのはプロの方です。
買取をした後に販売を行うため、売れないアイテムは買取価格を安く査定し、売り場に出した時に高く売れそうなアイテムであれば高く査定してくれます。
売れる要素として、状態は非常に重要な項目になります。

そのため、実際に買取に出す前にご自分でツヤ出しや汚れ落としを行い、少しでも良い状態で出すと高額買取につながるでしょう。

また、付属品の有無も査定額に関わってきます。
その中でも特に重要になるのが、ギャランティカードです。
ギャランティーカードがない場合の減額は、箱がないよりも大きくなってしまいます。
もし箱がない方でも、ギャランティカードだけでも一緒に持っていくと良いでしょう。

さらに、なるべく早く売ることも重要になります。
ブランド買取を検討する際に、売れるか分からないと悩んでいて時間ばかりが経過してしまうケースがあります。

しかし、一般的なアイテムの場合は、時間が経過するほど旬の時期から遠のいてしまい、買取価格が下がる傾向にあります。
そのため、少しでも買取に出そうか悩まれている方は、まずは査定を受けても良いかもしれません。

□まとめ

今回はエルメスの中でも特に人気があるベアンについてご紹介しました。
エルメスは様々なブランド品の中でも特に人気があります。
この機会に、使わなくなったブランド品を買取に出してみてはいかがでしょうか。
当店は、エルメスをはじめ様々なブランド品の買取り実績が豊富にあります。
買取に関してぜひ一度、ご相談下さい。

この記事を書いた人
須賀兼一
代表取締役
平成16年4月より須賀質店の代表取締役を務めています。質屋のシステムやビジネスモデルについて、初めてご利用する方にもわかりやすく解説することを心がけています。質屋でお金を借りることは、銀行や消費者金融からお金を借りる手法にはないメリットがあるのです。現役の質屋でしか語れない「質屋の便利な使い方」について、当Webサイトで解説しています。