失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

ルイヴィトンのクラッチバッグ ポシェットジュールGMを高額買取 ~素材の違いによる買取金額について解説~

2020年8月4日

 

ルイヴィトン バッグ 買取

須賀質店五反田本店にて、ルイヴィトンのポシェット・ジュールGM(N64437型)を買取いたしました。

 

今回買取したポシェットジュールGMは、クラッチバッグの形をした男性に人気のあるデザインであり、ラインはダミエグラフィットでした。

 

ルイヴィトンのポシェットジュールGMは、同じモデルでライン(素材)が違うものがあります。

 

ルイヴィトンのお財布やバッグには同じモデルでライン違いのお品物が多くあります。

 

例えば、ルイヴィトンの定番バッグであるネヴァーフルは、王道のモノグラムラインのみならず、ダミエやエピ、さらには人気モデルのバッグであるため限定デザインも多くあります。

 

今回は、同じポシェット・ジュールGMでラインが違う場合、買取金額はどのように変化するのか紹介します。

【目次】

①3種類あるポシェット・ジュール

②今回の買取金額について

③まとめ 須賀質店がルイヴィトンのバッグを高額で買取できる秘密

3種類あるポシェット・ジュール

今回買取したポシェット・ジュールGMは、ラインがダミエグラフィットでしたが、他にも麦穂をイメージしたエピラインと、エルメスでも使用されている上質な革、トリヨンレザーを使用したモデルがあります。

 

それぞれは、販売価格も微妙に異なっており、買取金額も変わります。

 

販売価格と買取金額の一覧は以下のとおりです。

 

商品画像 型番/ライン・素材/販売価格 参考買取査定額
 ルイヴィトン バッグ 買取 N64437型

ダミエグラフィット

84,700円

40,000円前後
  M64153型

エピ

103,400円

30,000円前後
  M67768型

トリヨンレザー

119,900円

35,000円前後

 

 

なぜ同じモデルで、買取金額や販売価格が異なるのかと疑問に思う方もいるかも知れません。

 

販売価格が異なる理由は素材の違いにあると考えられます。

 

エピは牛革を型押しして製造しており、トリヨンレザーはエルメスなど革製品の高級ブランドが使用するような高級素材であるため、その分販売価格も高額になります。

 

買取金額について、ルイヴィトンのラインや素材の違いで買取金額が変わる一番の理由は、「人気の差」と言えるでしょう。

 

今回のポシェット・ジュールGMを例に取ると、エピよりもダミエグラフィットの方が人気が高い傾向にあります。

 

他にも、同じモデルであっても限定ラインのモデルのほうがより高額に付く傾向にあります。

 

そのため、査定員はお持ち頂いたお品物のモデルを確認しながら、合わせてラインについてもどのくらい人気のあるラインであるか把握している上で買取金額をお付けします。

 

今回の買取金額について

今回買取したルイヴィトンのポシェット・ジュールGMは、冒頭でもお話したように、ダミエグラフィットラインのクラッチバッグでした。

 

今回買取したバッグは、箱や布袋などの付属品はなく、わずかに角にスレ傷がありました。

 

バッグの売却の際、付属品も持っていこうと考える方も多くいらっしゃると思いますが、実はバッグの買取時に箱や布袋と言った付属品はほとんど買取金額に影響しません。

 

ストラップなどは別ですが、箱がないからと言って須賀質店では買取金額を下げることはしないため、今回買取したバッグは付属品が無かったものの、買取金額には全く影響はありませんでした。

 

しかし、角に何箇所かキズがあり、糸も解れてしまっていたため、買取金額を下げざるを得ませんでした。

ルイヴィトン クラッチバッグ 買取

しかし、その上でもキズがあり、糸が解れているバッグとしては高額な35,000円で買取をいたしました。

 

お客様からは他店では30,000円と言われたとのことで快く買取契約となりました。

 

まとめ 須賀質店がルイヴィトンのバッグを高額で買取できる秘密

ルイヴィトン バッグ 売却 東京

今回買取したポシェット・ジュールGMに高額がお付けできた理由の一つは、キズや汚れ、型崩れなどがなかったことです。

 

バッグやお財布は、時計やジュエリーなどに比べると状態が買取金額に影響する確率は高いです。

 

その理由は、買取したバッグを中古品として販売する時にキズや汚れがあるバッグは買おうと思う人が少ないからです。

 

当たり前のように聞こえますが、査定員は中古品として販売することを念頭に置いて、お持ち頂いたバッグであれば、いくらぐらいで売れるかということを予め考えて買取金額をお付けします。

 

同じキズ、汚れがあるバッグは無いので、買取金額は査定員の査定経験や技量によって変わることもあります。

 

例えば、今回買取したポシェット・ジュールGMに白い汚れが付着していた場合、黒色のバッグに白の汚れは目立つため、技量や査定経験が少ない査定員は、販売する時に、買い手が付きにくそうだから買取金額を下げようと考えるかもしれません。

 

しかし、須賀質店は目立つ汚れがあるからと言って、一律に買取金額を下げるような査定は行いません。

 

須賀質店の査定員は中古品の市場価格の把握はもちろんのこと、どの程度の傷や汚れがあると、バッグは市場で価値が下がってしまうのかを熟知しています。

 

そのため、目立つ色の汚れであったとしても、それが隅の部分や、内側部分などで場所によって、大きさによって価値が変わることを熟知しているため、汚れがあるものの、中古品として大きく価値が下がる程度のものでない場合は、ほとんど買取金額を下げること無くお付けすることもあります。

 

須賀質店の査定員は、それぞれ豊富な査定経験を持っており、汚れやキズのあるバッグも数え切れないほど見ています。

 

そのため、どのエチ度のキズや汚れが買取金額に影響するか把握しているため、他のお店よりもより高額な買取金額をお付けできる可能性が充分にあります。

 

他のお店の買取金額に満足されなかった方はぜひ須賀質店をご利用下さい。

この記事を書いた人
K.Y
ご覧いただきありがとうございます。私は須賀質店に入社して2年目を迎えます。 出身は長野県で、進学のために神奈川県、新卒で広島県、現在は神奈川県に住んでおり色々な地方を行き来しました。趣味は写真撮影で、様々な場所の風景写真を撮ることが休日の楽しみです。最近の悩みは、5年近く蓄積された写真の影響で、パソコンのデータ容量が足りなくなってきていることです。