失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

ティファニー ダイヤ付きピアスを買取

2018年11月5日

須賀質店池袋営業所でティファニーのピアスを3万5千円で買い取りました。こちらのピアスはダイヤモンドがついたプラチナ製のお品物となります。

 

アメリカの名門ティファニー

 

ティファニーは1837年にアメリカで創業しました。現在では銀製品やジュエリー・腕時計などを中心に展開していますが、創業時は文房具や装飾品を扱っていました。その後、宝石事業で成功を収め規模を拡大し、1851年にジョン・C・ムーア氏の事業を買収。ニューヨークの銀細工師であったムーア氏の事業から銀製品の製造を手がけ、アメリカ企業としては初めてスターリングシルバー基準を適用し話題になりました。前出の宝石事業と銀製品の2本の柱によってさらに規模を拡大してくティファニー。

 

1853年にはチャールズ・ルイス・ティファニーが会社を掌握し、社名を「Tiffany & Co.」に変更します。この年には今日のティファニーに繋がる出来事が他にもあり、ティファニーのブランドカラーとも言える気品がある「ティファニーブルー」を採用した年でもあります。女性の方が憧れるシチュエーションの一つとして、恋人からのプレゼントがティファニーブルーの紙袋から取り出されたリングだった・・・と言われる程の憧れを抱かせるブランドカラーです。

 

その他にも1853年には、ギリシャ神話に登場するアトラスという巨人に支えられた大時計が本店の入り口に設置され、1878年には287.42カラットのイエロー・ダイヤモンドを購入し、有名なDr.ジョージ・フレデリック・クンツが128.54カラットにカットしたものが本店に展示されています。

 

ティファニーのダイヤつきピアスと今回の買取金額

 

 

今回買取したピアスは、付属品の箱や袋がある状態で買取り額3万5千円の査定となりました。

 

ジュエリーは査定にお持ちいただく前に、綺麗に掃除すると高額査定に繋がりやすくなります。宝石が付いていない場合は超音波洗浄なども有効ですが、今回の様にダイヤモンドがついている場合は、毛先の柔らかい歯ブラシなどで優しく、隙間に入った汚れやほこりをかき出し、メガネ拭きなどの柔らかいクロスで拭いてあげるだけでも印象が違います。

 

査定時にジュエリーや宝石の表面汚れをふき取ることは査定員も行いますが、細かな隙間の汚れなどは査定時に取り除くことはできません。そうするとジュエリーや宝石本来の輝きを確認する事が出来ない為、査定員も強気の査定をしにくくなってしまいます。

 

ご来店前に上記の内容に気を付けるだけで、高額査定が期待できます。

 

須賀質店のシステム

 

 

須賀質店では鑑定書などの付属品がない状態でも買取させていただきます。しかし大きな1粒のダイヤが付いたお品物等で鑑定書などがあると、より正確な査定金額を提示することができます。

 

今回は買取査定となりましたが、須賀質店では質預かりの査定も行っております。「お金が必要だが品物を手放したくはない」という方や、「売ろうか迷っているが今すぐには決められない」という方は是非質預かりをご検討下さい。一度お預かりしたお品物を簡単な手続きで買取へ変更することも可能です。少しでも気になる場合は一度お問い合わせ下さい。

 

ブランド品や貴金属の中古相場は日々変動しております。須賀質店では日々変動する相場を反映した独自の相場検索システムを、厳しい教育を受けた経験豊富なスタッフが駆使し、その日最も高い査定金額を提示します。五反田本店・渋谷営業所・池袋営業所と3拠点ございますので、お客様が足を運び易い店舗へご来店下さい。お客様の大切なお品物を一つ一つ丁寧に、かつ迅速に査定させていただきます。