失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

18金ダイヤモンドつきピアスを買取

2018年11月6日

須賀質店池袋営業所でノンブランドのピアスを5万円で買い取りました。こちらのお品物は18金にダイヤモンド合計3ctもついた華やかなお品物です。

 

 

メレダイヤとジュエリーを査定に出す前のポイント

 

 

メレダイヤとは中石を引き立てる脇石や、マリッジリングを飾るダイヤとして使われている小粒なダイヤモンドの事を指します。ダイヤモンドは研磨で精製する前に、形を整えるために一部分を切り落とします。その切り落とされた小さなダイヤを集めて加工したのがメレダイヤです。   大きさの明確な定義はないのですが、一般的に0.1ct以下のものを指すことが多いようです。今回買取したお品物にはメレダイヤが3ctもついている大変存在感があるデザインのピアスですね。

 

大粒の1粒石も勿論綺麗で魅力的ですが、メレダイヤも小粒なダイヤが様々な方向からn光を取り込んで綺麗に輝きますので魅力的です。その為、中石の周りにメレダイヤを配した贅沢なデザインのお品物を数多くあります。

 

以前はメレダイヤの事をくずダイヤと呼んでいた事もあり、その名の通り価値がないダイヤモンドとして扱われていました。もともとグレードが低く、輝きが不足しているダイヤモンドがメレダイヤとして使われているケースもありますが、一定の評価を得たダイヤモンドならば、中古市場でもしっかりと価値を認めてあげる必要があります。

 

ダイヤモンドはとても硬い宝石である事は広く知られています。その為、ついダイヤ付きのジュエリーをラフに扱ってしまいぶつけてしまったり、お手入れをせずに長年着用され続けていると、汚れがこびりついてしまうことが多々あります。

 

ダイヤモンドが欠けてしまっていると本来の査定額よりも低くなってしまうことは勿論ですが、汚れがひどいと本来の輝きが得られずに低い査定額の提示になってしまうことがあるかも知れません。

 

そういったマイナス査定を防ぐために、日々のお手入れや査定前にお品物を掃除することをオススメいたします。

 

特殊な器具などは必要なく、柔らかいクロスなどで表面を優しく拭くことと、宝石の裏やや金属との間にたまった汚れを、毛先の柔らかい歯ブラシなどで優しくかき出すだけでお品物の輝きが変わります。綺麗に輝くジュエリーを見るとお品物に惚れ直してしまい、買取査定に出すことを躊躇してしまうかも知れませんね。

 

須賀質店のシステム

 

 

今回は買取査定となりましたが、須賀質店では質預かりの査定も行っております。「お金が必要だが品物を手放したくはない」という方や、「売ろうか迷っているが今すぐには決められない」という方は是非質預かりをご検討下さい。一度お預かりしたお品物を簡単な手続きで買取へ変更することも可能です。少しでも気になる場合は一度お問い合わせ下さい。

 

ブランド品や貴金属の中古相場は日々変動しております。須賀質店では日々変動する相場を反映した独自の相場検索システムを、厳しい教育を受けた経験豊富なスタッフが駆使し、その日最も高い査定金額を提示します。五反田本店・渋谷営業所・池袋営業所と3拠点ございますので、お客様が足を運び易い店舗へご来店下さい。お客様の大切なお品物を一つ一つ丁寧に、かつ迅速に査定させていただきます。