失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

18金、ダイヤモンド付きの指輪を買取

2018年11月28日

須賀質店五反田本店で、18金、ダイヤモンド付きの指輪を買取いたしました。ダイヤモンドとは、実験で確認されている中では自然界で最も硬い物質で、炭素で構成されている物質のため高温で燃やす事が可能です。その美しさから、古くから装飾品として重宝されていて、日本では金剛石とも呼ばれています。

 

ダイヤモンド付きの指輪の買取

 

ノンブランドジュエリーの買取の場合は、指輪が何で出来ているのか、その素材が重要になります。シャネル等のブランド品であれば、素材自体にはほとんど値の付かないお品物でも高価査定となる事がありますが、ノンブランドの場合はどんなデザインをしていても基本的には素材にお値段が付けられなければ中古品として買取は出来ないのです。

 

では、どんな素材のお品物であれば買取可能なのでしょうか。まずは、枠の部分に使われているのが金かプラチナであるという事です。一部シルバーでも買取可能な場合はありますが、シルバーという金属が中古品としての価値はあまり高くないためお値段が付かない事が多いのです。また、アクセサリーではなくジュエリーと呼ばれるような高価なお品物は、元々金やプラチナで出来ているものがほとんどで、そうでは無い物はイミテーションと呼ばれる部類に入ると思います。

 

そして、お値段の付けられる宝石が付いているという事です。ジルコニアのような人工石にはお値段は付きませんが、天然石であってもガーネットのようなお値段が付きづらい宝石もあります。

 

今回のお品物は18金の枠にダイヤモンドの付いた指輪という事で、ノンブランドジュエリーとしてはしっかりとお値段のお付けできる物でした。

 

指輪にはダイヤモンドがどれ位付いているのかという刻印がありました。真ん中の大きめのダイヤモンドは0.28ct、周りの小さなダイヤモンドは合計で0.14ctとありました。周りのダイヤモンドは一粒が小さい事や、量もあまり付いていないので、そこまで大きな上乗せにはなりませんでしたが、一粒で0.28ctある中石には単体でお値段を付ける事が可能です。

 

ダイヤモンドの価値を決める4Cは、カラットの0.28ct、カラーがI、クラリティがSI-2、カットがGoodであると判断しました。ダイヤモンドを査定する際にこの4Cというのが判断出来ないとお値段を付ける事が出来ないので、金の買取価格のみを提示する事になるかもしれません。須賀質店のスタッフであればダイヤモンドにもしっかりとお値段をお付けいたします。須賀質店五反田本店で25,000円で買取いたしました。

 

まとめ

 

大切なものや愛着のあるもの、普段から使っているものでもいつか買い替える時やいらなくなる時がくるかもしれません。そんな時に須賀質店いらしていただければお客様のお役に立てる事があると思います。大正9年創業で、およそ100年続く須賀質店では、池袋、五反田、渋谷どの店舗にいらして頂いても熟練のスタッフが常駐しています。100年で積み重ねたデータと、最新の相場を駆使してお客様に満足していただける買取査定が出来るように日頃から研鑽を重ねていますので、是非一度、買取査定だけでもいらしてみてください。また、電話のお問い合わせも受け付けておりますので、ご連絡をお待ちしております。

 

買取だけではなく、お品物を手放さずに一時的に現金化する質入れという方法もございますので、様々な状況に合わせて須賀質店にご相談ください。