失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

18金ダイヤモンドつきペンダントを買取

2018年12月25日

須賀質店池袋営業所ではノンブランドのペンダントを1万9千円で買い取りました。こちらのお品物は18金イエローゴールドにダイヤモンドと藤色の石がついたお品物です。

18金ダイヤ付きペンダントの買取

 

今回の18金ダイヤモンドつきペンダント査定方法と金性について

 

 

今回のようにノンブランドのジュエリーの査定では、使われている貴金属と宝石のそれぞれに査定額をつけ、合計した金額が買取額となります。その為には貴金属の種類「金性」を特定し、宝石に値段をつけられるのかを判断する必要があります。残念ながら今回のペンダントでメインとなっている藤色の石は中古市場で値段をつける事ができないので、今回は18金とダイヤモンドの査定額が買取金額という事になります。

 

金性とは、どのような金属を使っているのかを示す言葉で、刻印で判断する事が一般的です。「18金」・「14金」や、「プラチナ950」・「プラチナ850」などを表す刻印が、お品物の裏側など目立ちにくい場所に刻まれていることが多いです。

 

この刻印を参考にしながら査定を進めるのですが、今回のお品物には「K18」と刻まれていました。もうお察しの方が多いと思いますが、この刻印は18金を表す刻印です。

 

18金を表す刻印は「K18」だけではなく、「750」「18K」「18KT」などの種類があります。「18」と刻まれている物はなんとなく18金と予想ができるかと思いますが、「750」はどうして18金を示しているのでしょうか?

 

答えは金を千分率で表すと見えてきます。24金が純度100%の金なので、18金は純度が何%なのか・・・答えは75%ですので、「750」の刻印は18金を表している事となります。

 

刻印・色味・手にした時の感覚などを駆使して金性を特定するのですが、刻印が無い場合は比重計という機械で金性の確認を行ったりもします。

 

時には刻印と金性が違うお品物もございますが、須賀質店では経験豊富なスタッフが正確な金性を導き出して査定を行います。

 

その際ダイヤモンド等がついたお品物は、汚れを落として査定にお持ちになると高額査定に繋がりやすくなります。

 

特殊な器具などは必要なく、柔らかいクロスなどで表面を優しく拭くことと、宝石の裏やや金属との間にたまった汚れを、毛先の柔らかい歯ブラシなどで優しくかき出すだけでダイヤモンドの輝きが変わります。

査定前にできるお手入れについて

 

18金ダイヤモンドつきペンダント買取についてのまとめ

 

 

今回の記事では18金ダイヤモンドつきペンダント買取について解説しました。貴金属の買取相場は日々変動しており、数日前と査定額が変わるという事も珍しくありません。高くなる分には良いのですが、場合によっては査定額が下がってしまう事も十分あり得ます。

 

この相場を先読みする事は非常に困難ですので、「もう使わないから売ろう!」と思われた時が売り時であると考えてよいでしょう。金やプラチナは日々相場が変動していますが、価値が0円になるという事がない魅力もあります。気に入って使っているときは勿論、何らかの理由で手放す際も一定の価値を示してくれるものです。

 

大切なお品物を手放す際は須賀質店にご相談下さい。1点1点丁寧に査定させていただきます。

須賀質店の買取まとめ

金の査定相場←こちら

金買取(取扱い品目一覧)←こちら

18金リングの買取事例←こちら

この記事を書いた人
H.K
主任
入社前からの腕時計好きで、お客様と時計談義に花を咲かせることも多々あります。 また私の知らない情報をお客様から教えていただくことも多々あり、感謝しております。 現在は時計・貴金属・バッグをはじめ、スマートフォンやパソコンなど質屋ではあまり扱わない電化製品の査定スキルも習得致しました。