失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

ルジアダのダイヤ付きリングを買取

2019年2月2日

須賀質店五反田本店でルジアダのリングを1万7千円で買取りました。こちらのお品物はダイヤモンドがついた華やかなお品物となります。

 

ダイヤモンド大きさ(カラット)はジュエリーを見ればわかる!?

 

 

ダイヤモンドの価値を大きく左右する「4C」という言葉を聞いた事がある方も多いと思います。「Carat(カラット)」「Color(カラー)」「Clarity(クラリティ)」「Cut(カット)」の4項目の頭文字をとって「4C」。それぞれランク分けしてダイヤモンドの価値を決めていきます。この「4C」すべてのランクが高いほどダイヤモンドは美しく輝くので、必然的に高価な品物となります。

 

「4C」の中でダイヤモンドの重量を表しているものが「カラット」です。同じカッティングであれば重量が重ければ大きくなるので、本来の意味とは異なりますが「カラット」≒大きさといったところでしょうか。

 

一般的には指輪などにダイヤモンドが付いている場合、裏側など目立たない場所に何カラットなのかを示す数字が刻印されています。刻印は少数第2位もしくは第3位まで記載されている事が多いです。但しブランドジュエリーの場合はカラット数の刻印がない場合が多いです。そういったお品物を買取査定する場合は、カラット数をどうやって判断するのでしょうか。

答えはダイヤモンドのカラットを測るゲージがあるので、お品物にゲージをあててカラット数を判断します。今回買取したルジアダのリングもカラット数の刻印がなかったので、店頭でゲージを当てて査定を行いました。

この様に須賀質店では査定に必要な専門器具も揃えて、万全の体制でお客様がお持ちになるお品物を査定しております。ご来店の前に確認したい点がございましたら、お気軽にお問合せ下さい。お品物のおおよその査定額を確認したい場合は、お電話・ホームページからのお問合せも可能です。SNSの普及に伴い、須賀質店ではLINE査定も行っておりますので是非お問合せください。

 

査定フォームからのお問合せ↓

https://www.sugashichiya.com/satei/inquiry/

 

LINE査定のご案内

https://www.sugashichiya.com/kaitori/use/line-valuation/

 

 

須賀質店のシステム

 

 

須賀質店では鑑定書などの付属品がない状態でも買取させていただきます。しかし大きな1粒のダイヤが付いたお品物等で鑑定書などがあると、より正確な査定金額を提示することができます。

 

今回は買取査定となりましたが、須賀質店では質預かりの査定も行っております。「お金が必要だが品物を手放したくはない」という方や、「売ろうか迷っているが今すぐには決められない」という方は是非質預かりをご検討下さい。一度お預かりしたお品物を簡単な手続きで買取へ変更することも可能です。少しでも気になる場合は一度お問い合わせ下さい。

 

創業大正9年の須賀質店は、長年積み重ねてきた実績と確かなサービスをご提供いたします。ブランド品や貴金属の中古相場は日々変動します。須賀質店では厳しい教育を受けた経験豊富なスタッフが、最新の相場を反映した独自の相場検索システムを駆使してその日最も高い査定金額を提示します。五反田本店・渋谷営業所・池袋営業所と3拠点ございますので、お客様が足を運び易い店舗へご来店下さい。お客様の大切なお品物を一つ一つ丁寧に、かつ迅速に査定させていただきます。