失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

18金製の指輪の買取

2019年7月22日

須賀質店五反田本店で、18金の指輪を買取いたしました。現在では投資目的や電子機器に使われる事も多い金ですが、古くから貨幣や装飾品として加工されてきました。指輪やネックレス等の製品は、金製品として現代でも大変人気のある品物であるため、買取でもよくお持ち頂きます。

 

18金の指輪の買取

 

金製品の多くは、強度を保つために18金等の合金を使い作られています。つまり金製品の買取の多くは、18金の買取となります。

 

画像を見ていただくとお分かりいただけるのですが、18金だけを使用した指輪ではなく、水色の石が装飾に使われています。金は重さで取引される物であるため、金の買取でお値段を決める際には、重さを量らなければいけません。しかし、このようなお品物である場合は、金の部分だけが何gなのかを量る術がないため、総重量から目算で石の重さを引いて、金の重さ、買取の金額を出します。

 

この時に、石の部分が、ダイヤモンドやルビー、エメラルドといった高値で取引され宝石であり、実際に高値をお付け出来る品質の物であれば、買取金額に上乗せさせて頂きます。

 

しかし、指輪やネックレス等のジュエリーに使われている石の多くは、中古品としてお値段の付けられる物ではないため、買取の際にはその重さを引いた、金のみのお値段での買取となる事が多くなります。

 

石、宝石と呼ばれる物は、希少性があり、見た目の美しい鉱物を指していますが、買取、取引価格となると、それだけではなく、相場、市場価格というのも関係してくるのです。

 

その上で、残念ではありますが、今回の指輪の付いていたのは、お値段をお付け出来る物ではなかったため、買取は金のみのお値段となりました。

 

これはあくまで、今回のお品物の買取査定の話となります。当然宝石だけのお値段で、数十万円、数百万円の買取金額となったお品物も多数あります。しかし、指輪やネックレス等のお品物は貴金属の買取となる事が非常に多いため、買取金額は金等の貴金属にどのくらいの高値を付けているのかが重要なのです。

 

総重量は8.3gでした。18金の部分は、石の量が多かったため、5.0gで見させていただきました。須賀質店五反田本店で、19,000円で買取いたしました。

 

金、貴金属の買取というのは、実は単純な計算だけではなく、見る人物の判断によって、会社の経営方針によっても金額が違ってしまうものなのです。実際に何か金製品を売却する時には何店舗か回ってみるのが良いでしょう。その中に須賀質店を入れてみてください。貴金属の買取に於いては他店よりも高値を付けていると自負しております。

 

質屋の買取、質預かりとまとめ

 

大切なものや愛着のあるもの、普段から使っているものでもいつか買い替える時や、いらなくなる時がくるかもしれません。そんな時に須賀質店いらしていただければお客様のお役に立てる事があると思います。大正9年創業で、およそ100年続く須賀質店では、池袋、五反田、渋谷どの店舗にいらして頂いても熟練のスタッフが常駐しています。100年で積み重ねたデータと、最新の相場を駆使してお客様に満足していただける買取査定が出来るように日頃から研鑽を重ねていますので、是非一度、買取査定だけでもいらしてみてください。また、電話のお問い合わせも受け付けておりますので、ご連絡をお待ちしております。

 

お品物を手放してしまう事に抵抗を感じるのであれば、買取だけではなく、手放さずに一時的に現金化する質入れという方法もございます。お預かりしたお品物に応じた金額をご融資いたしますので、様々な状況に合わせて須賀質店にご相談ください。

この記事の執筆者:MR