失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

以外と難しくない金の売却

2019年7月31日

須賀質店五反田本店で、18金の指輪を買取いたしました。指輪やネックレスといった装飾品が好きな方であれば、金やプラチナといった貴金属を素材にした物もお持ちだと思います。いらなくなった、使わなくなった時にどうしていますか?仕舞ったままになっているのではないでしょうか。当然金やプラチナといった貴金属は、資産にもなるため大事に取っておくのも良いかもしれませんが、金が高騰している今だからこそ、売却を考えてみるのも良いのではないでしょうか。

 

金の取引について

 

金の取引と聞くと仰々しく聞こえてしまい尻込みをしてしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、金を売るのも、古着を売るのも、古本を売るのも手続きに大きな違いがあるわけではありません。

 

もちろん、数キロ単位のというような大きな取引となれば変わりますが、指輪やネックレスといったジュエリー等の売却は手軽に出来るものなのです。

 

必要なものは、実際に売却する金製品、身分証明書、この2つだけです。この2つをお持ちいただければ、金の買取、金の取引をする事が可能なのです。

 

金の買取金額に関しては、その製品の金の純度がどうなっているのか、持ち込まれた日の金の価格がどうなっているのかによって金額が変わります。製品の純度が変わる事はありませんが、金の価格は毎日変動しているので、出来るだけ高い日に売るようにチェックをしていると良いかもしれません。

 

須賀質店では、貴金属の買取金額は毎日更新、公開しています。是非須賀質店のホームページを参考にしてみてください。

 

今回の金の査定と買取

 

指輪、ジュエリーの買取のため、金だけでは無く、装飾に使われているダイヤモンドやルビーも一緒に買取をいたします。この時に、お値段をお付け出来る宝石であれば、その分を上乗せした金額をご提示いたしますが、宝石でであっても必ず値が付くわけでは無く、金の買取で考えた時には、宝石の重さを引いて計算しなければならない場合もあるのです。

 

今回の指輪には、ダイヤモンドが0.30ct、ルビーが0.20ct程使われていました。重さで考えると0.1g程(1ctは0.2g)が金ではなくダイヤモンドとルビーの重さである事になります。指輪全体の重さが6.0gであったため、金の買取としては5.9gで計算いたしました。お持ちいただいた日の18金の買取金額で計算して、5.9gでは23,000円となりました。

 

日によって買取金額の違う金の事なので、この金額が高いか安いかを比べるのは難しいと思いますが、金の買取価格は店舗、業者によって違うため、実際に売却しようと思った際には複数の店舗を回ってみる事をお勧めいたします。

 

須賀質店の貴金属の買取金額は業界屈指であると自負しております。

 

さらに、今回の指輪ではルビーにはお値段は付けられませんでしたが、ダイヤモンドの分では上乗せをして買取をしています。須賀質店五反田本店で、25,000円で買取いたしました。

 

質屋の買取、質預かりとまとめ

 

大切なものや愛着のあるもの、普段から使っているものでもいつか買い替える時や、いらなくなる時がくるかもしれません。そんな時に須賀質店いらしていただければお客様のお役に立てる事があると思います。大正9年創業で、およそ100年続く須賀質店では、池袋、五反田、渋谷どの店舗にいらして頂いても熟練のスタッフが常駐しています。100年で積み重ねたデータと、最新の相場を駆使してお客様に満足していただける買取査定が出来るように日頃から研鑽を重ねていますので、是非一度、買取査定だけでもいらしてみてください。また、電話のお問い合わせも受け付けておりますので、ご連絡をお待ちしております。

 

お品物を手放してしまう事に抵抗を感じるのであれば、買取だけではなく、手放さずに一時的に現金化する質入れという方法もございます。お預かりしたお品物に応じた金額をご融資いたしますので、様々な状況に合わせて須賀質店にご相談ください。

この記事の執筆者:MR