失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

ヴァンクリーフ&アーペル アルハンブラを高価買取

2019年9月12日

 

須賀質店 五反田本店で、高級ジュエリーブランド「ヴァンクリーフ&アーペル」のヴィンテージアルハンブラのピアスを、350,000円で高価買取致しました。

 

ブランドジュエリーの査定

 

高級ジュエリーブランドのジュエリーの査定についてお話します。

 

高級ジュエリーブランドといえば、ハリー・ウィンストンやカルティエ、ヴァンクリーフ&アーペルなどが有名どころですね。

 

もちろんその他にも多くのブランドがありますが、今回は買取となったヴァンクリーフ&アーペル(以下VCAと略)の査定について注目したいと思います。

 

そもそもVCAとはどんなブランドなのかというと、1906年にシャルル・アーペルが創設し、1900年中頃にイラン王妃の王冠を制作したことで、一躍人気のブランドになったと言われています。

 

最も有名商品は、アルハンブラという四つ葉のクローバーをイメージしたジュエリーです。

 

四つ葉の葉っぱ部分には、様々な貝や石が使われており、どんな年代の女性でも使用できるジュエリーとなっています。

 

さて、ブランドジュエリーの査定についてですが、基本的には、その商品の“中古”としての価値(相場)を基にした査定になります。

 

残念なことですが、人の手に商品が一度渡ってしまうと、もうその商品は中古となり、一気に価値が下がってしまいます。

たとえ数百万円で購入したものでも、中古となった時にはガクッと大幅に価値が落ちてしまい、買取となった時に数十万円になってしまう、ということも多くあります。

 

もちろん、ブランドや商品の人気によってそれぞれ変わってはきますが、基本的には価値が下がると認識しておくと良いかもしれません。

 

VCAのアルハンブラも例外ではなく、購入金額より中古での相場は安くなってしまいます。

 

アルハンブラは、状態によっても値段が変わり、使われている貝や石にキズが多いとその分相場が下がります。

 

今回のアルハンブラは、コーラルが使われており、目立つキズなどもなく、かなり良い状態でした。

 

アルハンブラは根強い人気があるため、どの買取店や質屋もかなり頑張った金額を提示してくるでしょう。

 

須賀質店は、店頭販売を行っていない代わりに、質入れ金額や買取金額をその分高くできるように努力しています。

 

今回は、アルハンブラの相場や状態などを鑑みて、350,000円という高価買取となりました。

東京・五反田の質屋

 

須賀質店は東京・五反田に店舗をかまえ約100年が経ちました。

 

現在は東京都内で五反田本店・渋谷営業所・池袋営業所と3店舗をかまえ、多くのお客様にご利用いただいています。

 

須賀質店ではロレックスやオメガなどの時計、貴金属、ハリーウィンストンやカルティエなどのジュエリー、ルイヴィトンやエルメスなどのブランドバッグなどはもちろん、現代人には必須アイテムとなっているスマートフォン(iPhone)やパソコン(MacBook)などの電子機器の質入れ・買取も行っております。

 

仕事が忙しくて休日しか来店できないという方は、お電話での問い合わせやLINE査定をぜひご利用ください。

 

お品物の名前や型番などをお教えいただければ、ご参考程度ではありますが、査定金額を提示させていただきます。

 

業界最低水準の金利や長い歴史で培ってきた信頼とスキルで、お客様に満足のいく査定をさせていただきます。

 

お客様のお問い合わせ、ご来店を心よりお待ちしております。

 

この記事の執筆者 SK