失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

ノンブランドの指輪の買取、金、プラチナ、ダイヤモンドの買取について

2019年10月10日

須賀質店五反田本店で、プラチナと金を両方使った、ダイヤモンド付きの指輪を買取いたしました。以前は金よりもプラチナの方が高価な金属でしたが、現在では逆転してしまっているため、このようなコンビ素材のジュエリーの場合は、金がメインで使われている方が高値で買取をする事が可能です。

 

プラチナ、金、ダイヤモンドの買取

 

今回お持ちいただいたようなノンブランドの指輪の買取では、製品そのものよりも、素材に対してそれぞれに値段を付けて、その合計の金額を提示する。これが買取査定の方法になります。

 

同じジュエリーでも、カルティエやティファニーといったブランド品であれば、それはそのブランドの製品としてのお値段での買取となります。

 

ノンブランドのジュエリーに価値が無いという事では無く、やはりそれを製品の形で中古品として流通させるのが難しいため、最も確かな金やプラチナ、ダイヤモンドといった素材のお値段での買取となるのです。

 

今回の指輪は全体の重さが5.9gです。金とプラチナの両方が使われていて、それぞれを別々に量る事など出来ないため、それぞれの正確な重さ出す事は出来ません。

 

このような場合は、金とプラチナの分量の違いを目で見て判断して、グラム単位の買取金額を決める事になります。最低ラインが、使われていた金属の内、安い方プラチナ、Pt900の買取金額である2920円/gとなります。

 

18金が使われているとは言え、大きな指輪ではないので金の部分も必然少量となります。実際の買取金額としては、金が使われているので高値で!とはいかず、計算としてはほとんどPt900のお値段となりました。

 

そして、ノンブランドの指輪の場合、使われているダイヤモンドも、あまり質の良い物では無い事が多く、今回の指輪のような大きさのダイヤモンドでは、お値段を付けられない事もよくあります。

 

そうなると、他の買取業者に行った際には、たいしてダイヤモンドの質を見ずに0円にされてしまうような事があります。確かに、プラチナと金の部分で17,000円の査定で、ダイヤモンドに対しては付けれたとしても、2,000円というのであれば、そのまま17,000円でというのも分からなくはありませんが、須賀質店の買取査定では、しっかりと最後まで見させて頂きます。結局、ダイヤモンドに付けられたのは2,000円でしたが、その分も上乗せした19,000円で買取させていただきました。

 

プラチナ、金、ダイヤモンドの買取を通して、質屋としてのまとめ

 

大切なものや愛着のあるもの、普段から使っているものでもいつか買い替える時や、いらなくなる時がくるかもしれません。そんな時に須賀質店いらしていただければお客様のお役に立てる事があると思います。大正9年創業で、およそ100年続く須賀質店では、池袋、五反田、渋谷どの店舗にいらして頂いても熟練のスタッフが常駐しています。100年で積み重ねたデータと、最新の相場を駆使してお客様に満足していただける買取査定が出来るように日頃から研鑽を重ねていますので、是非一度、買取査定だけでもいらしてみてください。また、電話のお問い合わせも受け付けておりますので、ご連絡をお待ちしております。

 

お品物を手放してしまう事に抵抗を感じるのであれば、買取だけではなく、手放さずに一時的に現金化する質入れという方法もございます。お預かりしたお品物に応じた金額をご融資いたしますので、様々な状況に合わせて須賀質店にご相談ください。

この記事の執筆者:MR