ROLEX

ロレックス(取扱い品目一覧)

デイトナ、サブマリーナ、シードゥエラー、GMT マスター
エクスプローラ、ヨットマスター、ターノグラフ、ミルガウスなど
長年培った鑑定眼で、誠実に高価査定させて頂きます。
ロレックス
創業 大正 9 年の老舗ロレックスの質入れ・買取なら、須賀質店にお任せください

須賀質店ではロレックス(ROLEX)の時計はどのモデルでも、新型はもちろん数十年前の古いモデルでも買取を強化しています。 ロレックスの時計であれば、附属品や箱、保証書が無くても、壊れて動かない時計でも買取、質入れ可能です。

須賀質店は、創業大正9年。まもなく創業100年になる質屋で、長い歴史の中で全国の高級時計オークション市場の落札結果を収集、分析して業界最高値を提示するシステムを作り上げました。 また、海外のオークション市場や外国人バイヤーの情報も取り入れて、業界最高買取価格、質入れ価格の提示に努めています。 ロレックスの高価買取、高価質入れをご希望であれば、須賀質店にお問い合わせください。

ロレックスの査定相場

Rolex(ロレックス)は商品の状態、人気度、付属品の有無によって、買取査定額は上下することがあります。 ホームページの記載のロレックス査定価格とおりに買取をできない場合がありますので、参考としてご覧くださいますようにお願いいたします。 ※質入れのRolex(ロレックス)査定額は、買取査定額より若干下回ります。

ロレックス 取扱い品目一覧
デイトナ
DATONA
サブマリーナ
SUBMARINER
シードゥエラー
SEEDINGERROR
GMTマスター
GMTMASTER
エクスプローラー
EXPLORER
ヨットマスター
YACHTMASTER
ターノグラフ
TURNOGRAPH
ミルガウス
MILGAUS
スカイドゥエラー
SKYDEADERROR
エアキング
AIRKING
デイデイト
DAYDATE
デイトジャスト
DATEJUST
オイスターパーペチュアル
OYSTERPERPETUAL
チェリーニ
CHERINI
ディープシー
DEEPSEA
GMTマスターⅡ
GMTMASTER2
エクスプローラーⅡ
EXPLORER2
ヨットマスターⅡ
YACHTMASTER2
ヨットマスターボーイズ
YACHTMASTERBOYS
ヨットマスターレディース
YACHTMASTERWOMANS
レディースデイトジャスト
WOMENSDATEJUST
レディースパーペチュアル
WOMENSPERPETUAL
ボーイズデイトジャスト
BOYSSDATEJUST
ロレックスの査定のポイント
ロレックス社誕生までの逸話

1905年のこと、ひとりの若者によってイギリスロンドンの時計会社が設立されました。 若者の名はハンス・ウィルスドルフ、設立された会社は”ウィルスドルフ&デイビス社”とよばれ、後の世界一流の時計メーカーに成長したロレックス(ROLEX)の前身です。

当時は時計といえば懐中時計を指していた時代に、ハンス・ウィルスドルフは将来の腕時計全盛の時代を予想していたのでしょう、数々の革新的な機能を備えた時計を発表します。 1907年にはスイスのジュネーブに事務所を移転し、本格的に腕時計の製造を開始します。 イギリスからスイスに会社を移転したのは、当時イギリスの関税は非常に高く、商売ができなかったことが理由といわれています。

1908年にはロレックス(ROLEX)社として時計の製造を始めて、1910年には腕時計として初のクロノメーターの認証を受けて、周囲を驚かせました。 当時は時計をいうと懐中時計を指し、腕時計の精度や使い勝手については大きな期待を持たれていない時代だったので、新興メーカーのロレックス(ROLEX)の腕時計がクロノメーターの認証が受けられたということで、ロレックス(ROLEX)の名前が人々に知れ渡るようになりました。

ロレックス 3つの革新的機能の開発

ロレックス(ROLEX)の革新的取り組みはクロノメーター認証だけにとどまりません。その後も3つの驚くべき機能を発表します。 1つ目は1926年に開発したオイスターケース、2つ目が1931年に開発した自動巻き機能パーペチュアル、3つ目が12時の瞬時にデイトが切り替わるデイトジャスト機能です。

当時の腕時計は懐中時計を腕に巻きつける程度の扱いで、防水性能は無いに等しく、巻き上げについても手巻きが当たり前の時代でした。 その中で、ロレックス(ROLEX)の3つの革新的開発は驚きをもって受け止められました。 当時のスイス時計メーカーはロレックスの革新的開発姿勢を異端児的な扱いをするものも少なくなかったようです。

そのためロレックス(ROLEX)は、メルセデス・グライツ嬢のドーバー海峡横断時にロレックス(ROLEX)の時計の装着を提案したり、ヒラリー卿のエベレスト登頂時にもロレックス(ROLEX)の時計の装着を提案したりして、新興の時計メーカーとしての挑戦的イメージのアピールを行ったといわれています。

ロレックス(ROLEX)の革新的開発への取り組みや、未知や未踏への挑戦的イメージが一般に知れ渡るようになり、その後ロレックス(ROLEX)はスポーツウォッチという他の時計メーカーが当時扱わなかった機械式時計メーカーとして、大きく発展してゆきました。