失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

ルースダイヤモンドの買取

2019年10月21日

 

須賀質店 渋谷営業所でルースダイヤモンド0.33ctを買取致しました。

 

ダイヤモンドのカットについて解説

 

皆さんはダイヤモンドには様々な種類の形(カット)があるのはご存じでしょうか。

 

ダイヤモンドが一番キレイに光輝くと言われている、ラウンドブリリアンカットというカットがあります。

 

これは皆さんがダイヤモンドと言われて一番想像しやすいものです。このラウンドブリリアンカットが一番一般的であり、人気があるカットです。

 

そのほかにも、四角いエメラルドカットや涙型のペア・ブリリアンカット、ハート型のハート・ブリリアンカットなど、実に様々な形をしたものがあります。

 

これらはラウンドブリリアンカットより多少金額は下がってしまいますが、個性的な形が人気となっています。

 

ダイヤモンドのカットのグレードについて

 

ダイヤモンドには様々なカットがあるといいましたが、その中でもラウンドブリリアンカットには5つのグレードがあります。

 

カットの良いものからExcellent→Very Good→Good→Fair→Poorとなっています。

 

もちろんExcellentに近づけば近づくほど査定金額もアップしていきます。

 

鑑別書や鑑定書にも記載されているので、自分の持っているダイヤモンドはどうなのかな、と見てみるといいかもしれません。

 

今回のダイヤモンドの買取

 

今回お持ちいただいたダイヤモンドは、0.33ctでカラーがF、クラリティがI-1、そしてカットがGoodのダイヤモンドでした。

 

ダイヤモンドの査定では、上記でもお話ししたカットの良さというものの他に、カラー・クラリティもダイヤモンドのスペックを導き出すために必要になります。

 

基本的にはダイヤモンドの鑑別書や鑑定書、ソーティングレポートなどに記載されています。

 

今回は中央宝石研究所という日本において最も信頼に値する鑑定機関のソーティングが付属していました。

 

これらの記載事項は判断材料として採用しますが、基本的には査定するスタッフが見てどのスペックになるかを出します。

 

今回は0.33ctと小ぶりですが、カラーとカットが良いため、高値を付けることができました。

 

0.33ctのダイヤモンドを今回は15,000円で買取致しました。

 

東京・五反田の質屋

 

須賀質店は東京・五反田に店舗をかまえ約100年が経ちました。

 

現在は東京都内で五反田本店・渋谷営業所・池袋営業所と3店舗をかまえ、多くのお客様にご利用いただいています。

 

須賀質店ではロレックスやオメガなどの時計、貴金属、ハリーウィンストンやカルティエなどのジュエリー、ルイヴィトンやエルメスなどのブランドバッグなどはもちろん、現代人には必須アイテムとなっているスマートフォン(iPhone)やパソコン(MacBook)などの電子機器の質入れ・買取も行っております。

 

仕事が忙しくて休日しか来店できないという方は、お電話での問い合わせやLINE査定をぜひご利用ください。

 

お品物の名前や型番などをお教えいただければ、ご参考程度ではありますが、査定金額を提示させていただきます。

 

業界最低水準の金利や長い歴史で培ってきた信頼とスキルで、お客様に満足のいく査定をさせていただきます。

 

お客様のお問い合わせ、ご来店を心よりお待ちしております。

 

この記事の執筆者SK