失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

天然ダイヤモンドの買取

2019年10月16日

 

須賀質店 五反田本店でダイヤモンドを40,000円で買取致しました。

 

質屋が語るダイヤモンドについて

 

皆さんはダイヤモンドはもちろんご存じだと思います。透明でキラキラ光り輝くダイヤモンドは、男女問わず憧れですよね。

 

そんなダイヤモンドはなぜ値段が高いかご存じでしょうか。

 

とっても希少だから高い…と思われた方はハズレです。実は数多くある宝石の中で、ダイヤモンドは一番採掘量が多いのです!

 

ダイヤモンドは世界中の様々な鉱山から取れてしまい、珍しくもなんともないのが実情なのです。

 

ではなぜダイヤモンドは値段が高くなるのでしょうか。

 

正直なところ正確なことは分かりません…

 

しかし、ダイヤモンドが宝石として加工された時に、他の宝石よりキレイに見えることや、何といっても世界中で根強い人気があるから高くなるのでは…と推測します。

 

希少性だけで言えば、ルビーやエメラルドなどのカラーストーンの方が希少性は高くなっています。

 

ダイヤモンドは、指輪やネックレスをはじめとするジュエリーには欠かせない存在であり、主役にも脇役にもなる唯一無二の宝石といっても過言ではないでしょう。

 

ダイヤモンドの類似石について解説します

 

上記でお話した通り、ダイヤモンドは取引量が多く、高い価格で取引されています。

 

そんなダイヤモンドの類似石が出回っていることはご存じでしょうか。

 

代表的なものが、模造ダイヤとして広く知られる「ジルコニア」、そして極めてダイヤモンドに近い合成ダイヤの「モアサナイト」が挙げられます。

 

これらは何年も前から世界中に出回っており、一般消費者や買取業者を悩ませてきました。

 

さらに最近では、天然ダイヤモンドと成分構成から屈折率まですべて同じという、「ラボグロウンダイヤモンド」というものが開発されました。

 

グロウンダイヤは人工的に作られる天然ダイヤモンドといってもいいほど完璧なものであり、見た目では一切見分けられないそうです。

 

今までは天然ダイヤモンドかそうでないかで分けられてきましたが、グロウンダイヤモンドが広く周知されるようになれば、天然ダイヤモンドと双璧をなす存在になるかもしれませんね。

今回の天然ダイヤモンドの買取いついて

 

今回須賀質店にルースダイヤモンドをお持ちいただきました。

 

ダイヤモンドの査定は基本的に、4Cと呼ばれるダイヤモンド特有のスペックを見分けます。

 

今回のダイヤモンドは重量0.40ct、カラーF、クラリティVS-1、カットGoodでした。

 

ダイヤモンドはスペックによってはこのような小さなものでも数万円、高いものだと数十万円にもなります。

 

今回のダイヤモンドのスペックでの中古取引市場の相場から、査定金額を算出し、今回は40,000円の買取となりました。

 

東京・五反田の質屋

 

須賀質店は東京・五反田に店舗をかまえ約100年が経ちました。

 

現在は東京都内で五反田本店・渋谷営業所・池袋営業所と3店舗をかまえ、多くのお客様にご利用いただいています。

 

須賀質店ではロレックスやオメガなどの時計、貴金属、ハリーウィンストンやカルティエなどのジュエリー、ルイヴィトンやエルメスなどのブランドバッグなどはもちろん、現代人には必須アイテムとなっているスマートフォン(iPhone)やパソコン(MacBook)などの電子機器の質入れ・買取も行っております。

 

仕事が忙しくて休日しか来店できないという方は、お電話での問い合わせやLINE査定をぜひご利用ください。

 

お品物の名前や型番などをお教えいただければ、ご参考程度ではありますが、査定金額を提示させていただきます。

 

業界最低水準の金利や長い歴史で培ってきた信頼とスキルで、お客様に満足のいく査定をさせていただきます。

 

お客様のお問い合わせ、ご来店を心よりお待ちしております。

 

この記事の執筆者SK