失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

18金テニスネックレスを高価買取

2020年4月14日

18金テニスネックレスの買取須賀質店渋谷営業所で、ダイヤモンド付きの18金ネックレスを買取いたしました。銀色をしているので、シルバーかプラチナのようにも見えますが、ホワイトゴールド、18金を使用しています。

 

ダイヤモンドを一粒ずつ数珠繋ぎに並べたデザインで、テニスネックレスと呼ばれる物です。名前の由来は、著名なテニスプレヤーが同様のデザインのブレスレットをしていた事から、テニスブレス、テニスネックレスと呼ばれるようになりました。

 

18金、ホワイトゴールドのテニスネックレスの買取

 

テニスブレスレット、テニスネックレスの買取査定では、基本的に2点のポイントがあります。枠の部分の貴金属に対する査定と、装飾のダイヤモンドに対する査定です。

 

貴金属の部分の査定に関しては、単純に重さ×買取単価となるため、難しくはありません。今回の場合は、18金の買取単価×重さとなります。しかし、ここで注意していただきたいのが、この買取単価はお店、業者によって違うという点です。

 

18金テニスネックレスの買取金の価格とは、株や為替のような相場の金額と、それに対して実際の品物をいくらで取り扱うかで決まるため、最後の取り扱い金額に関しては全ての業者が一律の金額ではありません。

 

貴金属に限った事ではありませんが、何かを売るのであれば、より高く買ってくれる所を数件でも探した方が良いと思います。その上で、貴金属に関しては、須賀質店にお持ちいただければかなり高値での買取が可能であると思います。

 

続いて、ダイヤモンドに対しての査定です。

 

今回の商品の査定の難点は、ダイヤモンドのカラット数の刻印が入っていなかった事です。一粒で何カラットという事であれば、見た目でもある程度は判断が付きますが、テニスネックレスのように、小さなダイヤモンドがたくさんあるような場合は、見た目だけでカラット数を判断する事が難しいのです。

 

それでも、今までの買取査定の経験からある程度判断が付くのが、須賀質店の強みの一つでもあります。一粒があまり大きくは無く、テニスネックレスとしてはあまり大きなカラット数ではありませんが、1ct程度であると判断しました。ダイヤモンドの査定分もしっかりと上乗せした金額で買取を行っています。

 

18金テニスネックレスの買取ちなみに、このように買取査定をする際に、ハッキリとした情報が分かり辛い商品の場合、その部分には値段を一切付けないという事がよくあります。しかし、須賀質店では判断が付く限り、値段を付けれる限りは高値が付けられるように査定をいたします。

 

須賀質店渋谷営業所で、18金のテニスネックレス、12.6g、ダイヤモンド1ct程度で55,000円で買取いたしました。

 

18金、ホワイトゴールドのテニスネックレスの買取を通してのまとめ

今回のように、ダイヤモンド等の宝石が使われていたとしても刻印が入っていないため、正確に石目といった買取査定に直接関わる情報を正確に得る事が出来ない商品という物があります。

 

貴金属の刻印に限った話ではありません。他の商品でも、その場では確認する事が出来ない、確かな情報が分からないという事はそれなりに起こる事なのです。

 

そんな時、須賀質店のように長年の経験がなければ、取り合えず値段を付けないで査定をしてみる。といった判断になってしまう事もあるでしょう。

 

100年続く須賀質店では、様々なデータの蓄積があり、買取査定に依頼にいつでもお答え出来るように努力を重ねております。

 

昔買った、海外で買った、こういった貴金属では買取を断られてしまったり、思った以上に安い買取査定だったという経験をお持ちの方は、是非須賀質店にいらしてみてください。

 

 

 

 

 

ノンブランド、テニスブレスの買取事例←はこちら

ノンブランド、ネックレスの買取事例←はこちら

ノンブランド、リングの買取事例←はこちら

この記事を書いた人
R.M
主任
趣味でバッグや財布を作る、須賀質店の古株従業員です。接客業が好きなため、アルバイトをしていた頃から職歴の全てが接客業です。自分でも物作りをするため、高級ブランドの商品の作りの良さに日々感嘆しています。