失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

カルティエ、パンテールMMの時計を買取

2018年9月20日

IMG_0383 

須賀質店渋谷営業所で、カルティエ、パンテールMMの時計を買取いたしました。宝飾品ブランドとして世界的に有名で、宝石商の王という異名を持つカルティエですが、世界で初めて一般用の量産腕時計を販売したブランドとしても知られています。飛行士のアルベルト・サントス・ドュモンの依頼から始まったカルティエの腕時計は、広く人気を得ています。

 

カルティエ、パンテールMMの時計の買取

 

今回お持ちいただいたパンテールというモデルの時計は、1980年代にカルティエに登場しました。四角い形の時計ではありますが、モデル名の通りにカルティエのアイコンである豹をモチーフにしていて、サイドのラインが腕を伸ばした豹を表しています。カルティエのジュエリーにも、パンサーやパンテールという豹をモチーフにしたモデルが多数あります。

腕時計のパンテールは2000年頃に一度生産を終了してしまい、長らくは廃盤となっていましたが、2017年にデザイン上の大きな変更はなく再登場しています。

 

IMG_0381

今回お持ちいただいたのは、MMというサイズで、ボーイズやユニセックスと呼ばれる中間の大きさのサイズのお品物です。2017年に復刻して以降のお品物ではなく、2000年までに製造された古いタイプで、素材はステンレスと18金のイエローゴールドとのコンビとなっています。

 

ブレスレットの形状から5連ブレスという呼び方をしますが、ステンレスとイエローゴールドのコンビのパンテールでは、5連の内2つが金となっている場合や、3つが金となっている場合等があります。今回のお品物は、2つが金で、3つがステンレスのタイプで2ロウと呼びます。

 

IMG_0378

上記に挙げた情報は買取査定をする際、お値段をお付けするのに重要な情報となります。同じパンテールであってもサイズや素材、形状、新旧等によって買取価格は大きく違うため、細かな点まで違いを判断しなければいけないのです。2017年以降に販売された新型のパンテールと、2000年までに製造された旧型のパンテールでは、買取査定が数倍も違うので、混同してしまうと実際にお付け出来るお値段と大きなズレが生じてしまうのです。

 

今回実際にお持ちいただいたお品物は、故障等はありませんでしたが、古いお品物である事もあり細かなキズが全体的に入ってしまっていました。状態による大きなマイナスはありませんでしたが、キズの分を考慮に入れた価格となりました。須賀質店渋谷営業所で、90,000円で買取いたしました。

 

まとめ

 

大切なものや愛着のあるもの、普段から使っているものでもいつか買い替える時やいらなくなる時がくるかもしれません。そんな時に須賀質店いらしていただければお客様のお役に立てる事があると思います。大正9年創業で、およそ100年続く須賀質店では、池袋、五反田、渋谷どの店舗にいらして頂いても熟練のスタッフが常駐しています。100年で積み重ねたデータと、最新の相場を駆使してお客様に満足していただける買取査定が出来るように日頃から研鑽を重ねていますので、是非一度、買取査定だけでもいらしてみてください。また、電話のお問い合わせも受け付けておりますので、ご連絡をお待ちしております。

 

須賀質店のトップページ

須賀質店の買取のページ

須賀質店のカルティエ相場のページ

須賀質店(五反田本店)アクセス

須賀質店(渋谷営業所)アクセス

須賀質店(池袋営業所)アクセス