失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

エルメスのHウォッチを買取

2019年4月22日

須賀質店渋谷営業所で、エルメスのHウォッチを3万5千円で買取いたしました。

 

こちらのお品物は、エルメスの頭文字である「H」をモチーフとしており、一目でエルメスの時計だと分かるようなシンプルかつ印象的なデザインです。また、さまざまなカラーバリエーションのある革ベルトが、選ぶ楽しさをもたらしてくれるモデルです。

Hウォッチ

今回お持ちいただいたエルメスのHウォッチは型番がHH1.210型のモデルで、茶色の革ベルトが使用されていました。エルメスの時計は裏蓋に型番が刻印されています。お持ちいただいたお品物がどういったものなのかを示す手がかりの中で、型番ほどハッキリしたものはございません。ですので、この度の買取査定もスピード感をもって査定額の提示まで進めさせていただきました。

 

須賀質店では、どのような査定でも丁寧かつ迅速に行うことをモットーとしております。例えば、エルメスと肩を並べるブランドであるルイヴィトンのバッグは型番の種類が多く、一見すると同じお品物のように見えて実は違う型番であることも多々ございます。そのような状況であっても、弊社の経験豊かなスタッフはお品物を特定する手がかりを迅速に発見し、査定に繋げます。

 

 

さて、エルメスと言えば「バッグ」の印象をお持ちの方が多いかと思います。バーキンやケリーなど人気のモデルがパッと思い浮かぶのではないでしょうか。須賀質店にも、エルメスのバッグをお持ちいただくことは多々ございます。ただ、エルメスほどの知名度を誇るブランドになりますと悪意ある人の目にも留まりやすく、偽物を本物として売るといったことも後を絶ちません。須賀質店のスタッフは専門業者のオークションなどに出向き、本物にふれることで見る目を養っておりますので、確かな目で真贋を確認しお品物にお値段を付けさせていただいております。

 

その確かな目でこの度のHウォッチも査定させていただきました。中古市場におけるエルメスというブランドの強さや最新相場なども鑑みた結果、3万5千円という査定額を提示させていただいたところ、買取となりました。

 

質預りという選択肢

この度は買取となりましたが、須賀質店は「質屋」でございますので、質預りが本業と言えます。質屋をご利用になったことがない方も、おおまかなイメージはお持ちではないでしょうか。古くは鎌倉時代に端を発し、現在の広く一般の方々を対象とする質屋が形作られたのは江戸時代と言われています。質預りというのは端的に表現すると、お品物を手放すことなく現金化できるシステムです。一度売ってしまえば、同じお品物には二度と巡り合えません。お金は入用だけど手放すのは抵抗があるなどの状況において、質屋は強い味方でございます。質預りという選択肢でもお役に立てる須賀質店をどうかご活用ください。

まとめ

須賀質店は大正9年に創業し、おかげさまをもちまして、現在は五反田・渋谷・池袋の都内3店舗で営業しております。お客様のご納得を第一にした丁寧な接客・迅速な査定をモットーに、明るく清潔感がある店舗で経験豊かなスタッフがご来店をお待ちしております。ぜひ一度、須賀質店にご来店いただければ幸いです。