失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

古い時計の買取、セイコー

2019年8月24日

須賀質店五反田本店で、セイコーの古いレディースの時計を買取いたしました。1421-5720という番号が裏蓋に刻印されていて、これがお品物を特定するのに重要な番号となります。ケースナンバーとムーヴメントナンバー、セイコーの時計には4桁、4桁でこの番号が設定されています。しかし、今回のお品物の場合は古い物であったため、この番号だけではほとんどの情報がありませんでした。

 

セイコーの古い時計の買取

 

高級時計ブランドの多くは歴史が古く、老舗と呼ばれるブランドで、世界最古と言われるブランパンは1735年創業と言われています。それほどではありませんが、日本のセイコーも、会社の設立という事では、1881年(明治14年)が始まりの老舗と言えるブランドです。

 

創業から年月が経っていればいるほど、今までに製造された商品が多いという事にもなり、それだけ今とは違う、見たことのないような商品が多くなっていくのです。

 

時計の買取をするには、このように古い時計の知識もある程度持ち合わせていないと、行う事が出来ません。

 

ブランドによっては、古いというだけでも驚くような高値で取引されるようなブランドもあるのですが、セイコーに関してはほとんどの商品で、そのようなプレミア的な価格では取引されていません。

 

つまり、今回お持ちいただいたセイコーの時計に関しては、買取がかなり難しい商品なのです。しかも、お持ちいただいた状態は、社外品の革ベルトが付いていて、その上でそのベルトが切れてしまっていました。切れている箇所が悪く、尾錠が無く現状のままでは腕に巻く事すら出来ない状態だったのです。

 

どんな時計で、どのような状態なのか。時計の買取でお付けする金額とはそれに尽きると思います。そうすると、今回お持ちいただいたセイコーの時計に関しては、お値段を付ける事の出来る物ではありませんでした。

 

しかし、それを断るだけが須賀質店ではありません。他店では断られてしまったという事でしたが、ほんの僅かの金額ではありましたが、買取とさせていただきました。

 

須賀質店五反田本店で、500円で買取いたしました。

 

古いセイコーの時計の買取を通して、質屋としてのまとめ

 

大切なものや愛着のあるもの、普段から使っているものでもいつか買い替える時や、いらなくなる時がくるかもしれません。そんな時に須賀質店いらしていただければお客様のお役に立てる事があると思います。大正9年創業で、およそ100年続く須賀質店では、池袋、五反田、渋谷どの店舗にいらして頂いても熟練のスタッフが常駐しています。100年で積み重ねたデータと、最新の相場を駆使してお客様に満足していただける買取査定が出来るように日頃から研鑽を重ねていますので、是非一度、買取査定だけでもいらしてみてください。また、電話のお問い合わせも受け付けておりますので、ご連絡をお待ちしております。

 

お品物を手放してしまう事に抵抗を感じるのであれば、買取だけではなく、手放さずに一時的に現金化する質入れという方法もございます。お預かりしたお品物に応じた金額をご融資いたしますので、様々な状況に合わせて須賀質店にご相談ください。

この記事の執筆者:MR