失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

グッチ、6800Lの時計を止まっている状態で買取

2020年1月16日

時計 買取 クォーツ 電池切れ

須賀質店五反田本店で、グッチの時計を買取いたしました。ブレスレットを見て頂くと、少し変わった形をしているのが分かると思います。これは竹をモチーフにしていて、バッグの持ち手等に竹を使用した商品を販売するグッチならではのデザインです。

 

第二次世界大戦中に革が使えなくなった時に、変わりにキャンバス地や竹を使用した事で、逆にそれが人気を博し、今でもバンブーという名前でグッチのアイコンとして知られています。

 

止まってしまっている時計の買取についての解説

 

何度も説明をしている事なので、須賀質店の買取の記事のページにも同じような内容の記事がいつも見られると思いますが、今回お持ちいただいた時計がそうであったため、改めて説明をさせて頂きます。

 

今回お持ちいただいたグッチの時計は、クォーツつまりは電池式で、止まってしまっている状態でお持ちいただきました。

 

グッチのクォーツの時計の買取

機械式の場合は、ゼンマイを巻かなければ動かないため、止まっている事自体は何の問題もありません。しかし、クォーツの場合は常に動いている物であるため、止まっているというのは何かしらの不具合が発生しているという事です。

 

基本的には電池交換で動くようになりますが、電池交換だけでは動かない、故障してしまっている場合も多いのです。

 

引き出しの中から古い電池が出てきたことはないでしょうか?白い粉がついていたりしませんでしたか?

 

これは電池内部の液が漏れてしまっている状態で、これが時計の中で起こると回路に不具合が生じてしまう事があります。もちろん他の故障の可能性も考えられます。つまり、時計の買取では止まってしまっている段階で、故障として見なければならない事が多いのです。

 

グッチ、6800L、バンブーの時計の買取

 

グッチ バンブー 時計 買取

先ほども申し上げましたが、お持ちいただいた時計は止まってしまっていました。

 

グッチは時計を専門的に扱うブランドでもないため、それほど高額な買取となるお品物はあまりありません。一般的な市場に出回っている物の中にはほとんど存在していないと言ってしまえるほどです。

 

そして、お持ちいただいた商品は止まってしまっています。時計として再販するためには動くようにしなければいけません。つまり、修理代がかかるという事です。時計と故障として見るというのは、買取査定で修理代を引いた金額でお伝えする事なのです。

 

しかし、お持ちいただいた商品によっては、故障している段階で買取そのものをお断りするしかなくなってしまう事があります。

 

しかし、須賀質店では動いていない状態で、他店で断られてしまったという時計の買取を行った事も幾度となくあります。

 

今回は高価査定とはいきませんでしたが、須賀質店五反田本店で2,000円で買取いたしました。

 

グッチ、6800L、バンブーの時計の買取を通して、質屋としてのまとめ

 

大切なものや愛着のあるもの、普段から使っているものでもいつか買い替える時や、いらなくなる時がくるかもしれません。そんな時に須賀質店いらしていただければお客様のお役に立てる事があると思います。

 

大正9年創業で、およそ100年続く須賀質店では、池袋、五反田、渋谷どの店舗にいらして頂いても熟練のスタッフが常駐しています。100年で積み重ねたデータと、最新の相場を駆使してお客様に満足していただける買取査定が出来るように日頃から研鑽を重ねていますので、是非一度、買取査定だけでもいらしてみてください。

 

また、電話のお問い合わせも受け付けておりますので、ご連絡をお待ちしております。

 

お品物を手放してしまう事に抵抗を感じるのであれば、買取だけではなく、手放さずに一時的に現金化する質入れという方法もございます。

 

お預かりしたお品物に応じた金額をご融資いたしますので、様々な状況に合わせて須賀質店にご相談ください。

他のグッチの時計の買取事例←はこちら

グッチ、バンブーバッグの買取事例←はこちら

腕時計の買取相場←はこちら

この記事を書いた人
R.M
主任
趣味でバッグや財布を作る、須賀質店の古株従業員です。接客業が好きなため、アルバイトをしていた頃から職歴の全てが接客業です。自分でも物作りをするため、高級ブランドの商品の作りの良さに日々感嘆しています。