失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

グッチのGタイムレスGMT(126.3)を高価買取

2020年5月13日

グッチのGタイムレスGMTの時計を買取

須賀質店 渋谷営業所でグッチのGタイムレスGMTの時計を45,000円で高価買取しました。

 

服飾やバッグ、時計やジュエリーに至るまで、幅の広い商品を展開しているグッチですが、そんなグッチの時計が今、再度注目されています。

 

新型コロナウイルスでステイホームを余儀なくされ、ストレスが溜まっている方が多いと思いますが、この記事を読んで少しでも解消でいていただけたらと思います。

 

【目次】

時計買取査定でのポイント

今回のグッチの時計の買取査定

まとめ 東京の五反田・渋谷・池袋の質屋

 

 

時計買取査定でのポイント

ロレックスやカルティエ、オメガなど高級時計には様々なブランドが存在します。

 

そのいずれにも共通しているポイントをいくつかご紹介したいと思います。

 

ポイント①

 

『時計の外装の状態』

 

バッグや財布、車なども中古となった時に、キズなどがないかと気になる方は多いと思います。

 

時計も同じで、普段身に着けるものであるため、どうしてもキズや破損が生じてしまうことがあります。

 

時計の主な素材はステンレスや貴金属です。

 

これらは、キズが付いたとしても研磨して磨きなおせばキレイな状態に戻ります。

 

しかし、文字盤のガラスに欠けがあったり、ブレスレットが伸びてしまっていたりなど、パーツ交換や修理が必要なものは、査定の際に大きなマイナスポイントとなってしまいます。

 

そのため、普段の使い方が後々の査定に影響を及ぼします。

 

ポイント②

 

『時計の内部の状態』

 

ポイント①では時計の外装の状態について触れましたが、②では時計の内部の機械についてお話します。

 

高級時計には主に2種類の時計が存在します。

 

それは、「機械式時計」と「電池式時計」です。

 

機械式時計は時計の内部にあるゼンマイを巻くことで動力としています。

 

古くからの技術で、非常に精巧で細かい部品がいくつも使用され、一つの時計を動かしています。

 

そのため、機械式時計は大量生産に向かず、職人が一つ一つ丁寧に手作りしているからこそ、高額になってきます。

 

しかし、そんな機械式時計は、精巧であるがゆえ、定期的なメンテナンスを受けなければ故障の原因になってしまします。

 

査定の際には、時計の機械が正常に動いているのかを機械を使って調べます。

 

もし、その際に不良が見られる場合は、大きなマイナスポイントになってしまいます。

 

機械式時計の修理は数万円~数十万円、珍しい時計になると数百万円という修理費用がかかる場合があります。

 

そのため、定期的なメンテナンスを怠ると、自分で自分の首を絞める結果になるので注意が必要です。

そして次に電池式時計ですが、これは一般的にはクォーツとも呼ばれ、大衆向けの時計のほぼすべてがこの電池式を採用しています。

 

電池式の大きな特徴は、製造コストが安く抑えられるだけでなく、電池が動力であるため、電池がしっかり残っていれば時間が狂うことはまずありません。

 

高級ブランドでも電池式の時計は出されており、主に時計のサイズが小さいレディースモデルに採用されています。

 

しかし、そんな電池式時計には大きな弱点があります。

 

それは、電池が無くなり、時計が止まったまま放置していると、電池が液漏れを起こし、時計が故障してしまうということです。

 

電池式時計は液漏れを起こしてしまうことが多々あり、査定の際に時計が止まっていると、その可能性があるため大きく査定額を下げざるを得ません。

 

ですので、もし電池式の時計を持っている方は、時計が止まったらなるべく早めに電池交換することをおすすめします。

 

ポイント③

 

『時計の市場価格相場』

 

質屋や時計の買取店などがどのように時計の買取価格を決めるかというと、中古品市場でその時計がいくらの値段で取引されているかというところを基準に決めます。

 

たまに「なんで50万円で買ったのにそんな安いの?」などという質問をいただきますが、その主な理由は市場での取引価格相場が理由です。

 

どんなに高額な商品でも、中古品市場ではほとんどの場合、定価を下回る価格で取引されます。

 

一部定価を大きく上回る価格を付ける時計もありますが、それはごく一部です。

 

中古品として売却する際は、大きく査定金額が下がることを想定していた方がいいでしょう。

 

特に今のコロナウイルスによる不況などの状況では、相場がガクッと下がることが多いので注意が必要です。

 

今回のグッチの時計の買取査定

グッチのGタイムレスGMTの買取査定

今回、買取にお持ちいただいたお品物は、グッチのGタイムレスGMTの時計です。

 

GMTとは、一度に2つの箇所の時刻を見ることができる機能で、飛行機で世界中を飛び回っているような人にはもってこいの機能です。

 

さて、今回の時計は、グッチでは珍しい、自動巻きの時計です。

 

自動巻きは機械式時計であり、時計内部にあるローターが回ることにより、ゼンマイを巻き上げる機能を持っています。

 

機械式であるため、査定の際には機械が正常であるかどうかが重要になってきます。

 

今回の時計は、特に不具合などはなく、正常な状態でしたので、大きなマイナスポイントはありませんでした。

 

しかし、今回の時計は金属のブレスレットではなく、革ベルトタイプでしたので、少しベルトに劣化が見られました。

 

これは大きなマイナスポイントにはなりませんが、良い状態という判断にすることができません。

 

そのため、今回は時計の状態や現在の相場状況なども含め、45,000円での買取となりました。

 

まとめ 東京の五反田・渋谷・池袋の質屋

 

須賀質店では、時計、バッグ、ジュエリー、貴金属、スマートフォンなどの高価買取をしています。

 

新しいものを購入して、今まで使用していたものが不要になったという方、断捨離で売却したいという方、ぜひ須賀質店にお品物をお持ちください。

 

査定は完全無料です!とりあえず査定だけでも…という方も大歓迎ですので、どうぞお気軽にお越しください!

 

グッチGタイムレスの買取事例←はこちら

グッチの他モデル時計の買取例←はこちら

グッチなどの時計の買取相場←はこちら

この記事を書いた人
S.K
ご覧いただきありがとうございます。私は2018年入社とまだ日が浅いですが、前職でリサイクルショップに勤めていたこともあり、鑑定士として日々働かせていただいています。まだまだ学ばなければならないことも多くありますが、得意分野のスマホ・家電類を中心に、時計やバッグもしっかりと査定をさせていただきます。お客様の買取・質入れのご相談を心よりお待ちしております。