失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

コルムの時計バブルを五反田本店で高価買取

2020年1月30日

須賀質店渋谷営業所でコルムの時計を38,000円で買取りました。今回のお品物はバブルというシリーズの時計で、その名の通りプックリ膨れ上がったフォルムが特徴的な時計です。

コルムの高価買取

ムーブメント(動力源)はクォーツ(電池)式で、電池切れまでは動き続ける手軽さから女性に人気があります。

 

今回はクォーツ式のバブルの高価買取について須賀質店が解説します。

 

 

須賀質店が解説するクォーツ式のバブルの高価買取

 

現在の腕時計のムーブメント(動力源)は、電池を使用したクォーツ式が主流となっています。全体の約9割が採用しているクォーツ式は、大量生産が可能で安価なモデルに搭載されている事が多いです。

バブルの高価買取

もちろん高級モデルに搭載される事もあり、日本のメーカーではグランドセイコーやザ・シチズンのクォーツラインが高精度で外装仕上げも綺麗な為人気があります。

 

海外製の高級時計メーカーでも、オメガやタグホイヤーをはじめ、雲上ブランドやマニュファクチュールとして名高いオーデマピゲやジャガールクルトでもラインナップされています。外装の仕上げは同等でも、機械式より安い価格帯で商品を提供する事ができます。

 

また複数の時計を気分で付け替える場合、機械式時計は数日放置すると止まってしまいますが、クォーツ式は電池が切れなければ動き続けるので手間がかからず、女性も扱いやすい事からレディースモデルにも多く搭載されています。

クォーツ式の高価買取

クォーツ式の査定ポイントとしては、「正常に動いてるか?」が最重要ポイントです。

 

高級時計に多く採用されている自動巻きや手巻き式時計は、ゼンマイの解ける力を利用して時を刻む仕組みです。ローターの回転や竜頭を回す事によってゼンマイが巻き上がるので、ゼンマイを巻いても動かない場合は内部に不具合がある事が容易に判断できます。

 

一方クォーツ式時計の場合、電池が動力源となり時を刻む仕組みです。大抵の場合、止まっていても電池を交換したら動き出すでしょう。しかし、店頭での査定時にその場で電池交換する事はできないので、「電池切れではなく故障しているかも知れない」という判断になります。

コルムのバブル高価買取

動かないクォーツ式時計は故障扱いとなり、通常より低い査定額となってしまいますので、電池切れの場合はあらかじめ電池交換をして査定にお持ちください。これだけで余計なマイナス査定を回避することができます。

 

 

コルムのバブル買取・質預かりについてのまとめ

 

今回はコルムのバブルについて買取の解説を行いました。

 

時計買取のポイント

この記事を書いている須賀質店では買取の他に、質預かりもおこなっております。

 

業界最低水準の利息、各種キャンペーンなどがあり、大切なお品物を手放さずにお金を借りる事ができます。お金を返済すればお品物は手元に戻ってきますので、売却はできないが大切なお品物を元手にお金を借りたいという場合にご活用下さい。

須賀質店ではコルムの時計を数多く取り扱ってきた実績があります。下に今回の取引以外の事例も紹介しておりますので是非ご確認下さい。

大切なお品物の買取・質預かりともに須賀質店にお任せください。丁寧に査定させていただきます。

 

 

コルム(取扱い品目一覧) ←こちら

コルムの買取事例←こちら

コルムの買取事例←こちら

この記事を書いた人
H.K
主任
入社前からの腕時計好きで、お客様と時計談義に花を咲かせることも多々あります。 また私の知らない情報をお客様から教えていただくことも多々あり、感謝しております。 現在は時計・貴金属・バッグをはじめ、スマートフォンやパソコンなど質屋ではあまり扱わない電化製品の査定スキルも習得致しました。