失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

故障したロレックスでも買取はしてもらえるの? 現役質屋が徹底解説します!

2020年4月28日

高級腕時計としてステータスのあるロレックスですが、長年使っていれば故障したり、止まってしまったり、時計として正確な時間を示さなくなったりすることもあります。修理しようにも、ロレックスの時計はもともとの価格が高額のために、部品の交換だけでもかなりの費用がかかります。

 

 

故障したロレックスの買取

自分のロレックスを修理するのではなく、故障したロレックスを買取に出して新たに購入するのも1つの方法です。では、故障したロレックスや不調になってしまったロレックスは買取してもらえるのかどうか、現役の質屋が、仕事で経験してきた事例も交えて解説しましょう。

 

 

故障したロレックスは買取できるのか?

ロレックスは高級腕時計として人気がある上に、非常に価値の高い時計です。そのため、少しくらい傷があったり壊れていても、高値で買取してもらえる可能性はあります。しかし、故障していて動かない、時計として正確に機能しないとなると少し事情が違います。故障して動かなかったり、時計として機能しないロレックスをどこまで直せるかは、買取店の方針や鑑定士の経験値によって差があるため、自社で直せなければどこかに修理を依頼しなければなりません。

 

 

壊れたロレックスの買取

自社で修理できなかったり修理の費用を見積もれない店舗であれば、故障したロレックスを買取することは赤字になる可能性も高いために、故障の程度によっては買取してもらえないこともあります。しかし、自社でしっかりした修理体制ができている買取店なら、買取してもらえるでしょう。

 

 

また、自社で修理できないにしても、同じように故障していたり動かないロレックスの取り扱いの経験がある買取店であれば、買取した後の経験があるので高価買取が期待できます。このため、故障したり動かいロレックスの取り扱いは、買取店によって買取可能な業者と、買取不可能な業者に分かれることになります。

 

 

故障の程度はさまざまで、部品を交換したりオーバーホールすれば直る故障も多いでしょう。つまり、部品交換やオーバーホールで直る程度の故障であれば、ほとんどの買取店で買い取ってくれます。ただし、部品の交換やオーバーホールの費用分を引かれてしまうため、それだけ査定額も下がります。買取業者には得意分野がありますから、高級時計を扱うのが得意な業者、とりわけロレックスの扱いに慣れている業者なら、故障していても買取してもらえる可能性が高くなります。

 

 

ベゼルの無いロレックスの買取

買取業者の中でも高級時計に慣れていない業者は、自社に腕時計の修理ができる職人がいないため、高い料金を払って時計修理店に修理を依頼しなければいけません。また、故障した高級腕時計を取り扱った経験のない業者は、壊れたり不調の時計が買取に持ち込まれたときに、直せるのかどうか、修理にどの程度の費用が掛かるのかをその場で判断することができません。これでは買取したとしても採算が取れないので、故障していたり不動だったりする時計を持ち込んだ場合、買取を断られてしまう可能性が高いですね。

 

 

そのため、故障したり不調なロレックスを買取に出したいなら、その買取業者が時計の買取を専門にしているか、買取部門の中に高級時計が含まれるかなどを確認する必要があります。買取業者のホームページを見ればすぐにわかるので、事前にチェックしてみるといいでしょう。また、問い合わせの段階で、同じような症状の時計の取り扱いの経験があるかどうかを、質問してみるのもよいでしょう。

 

 

故障していたり不動であったりする時計をしてくれない業者は、幅広く何でも買取する業者に多いようです。つまり、買取の営業形態としてリサイクルショップのように何でも買取するという業者です。何でも買取すれば、どのジャンルにも専門性がなくなりますよね。そのため、通常の買取はできても、故障した商品で、特に高級腕時計のように修理ができるのかどうか、修理にどの程度の費用と時間がかかるのかの判断ができないと、故障したロレックスのような買取は難しくなります。

 

 

修理できないロレックスは買取できない

これとは逆に、時計専門の買取業者であれば、時計について深い知識とノウハウがあるので、故障した時計でも買取できる可能性は高いといえます。また営業実績が長く、様々な状態の時計を多数取り扱った経験のある業者であれば、故障したり不調であるロレックスを高価買取できるともいえます。逆に、時計に詳しくない買取店、時計専門をうたっていても経験の少ない業者の場合は、たとえ買い取ってくれてもジャンク扱いとして非常に低い買取査定額を提示してくるでしょう。そのため、そういう店には買取の依頼を出さないほうがいいでしょう。

 

 

修理可能であれば買取できる

買取店の中には故障したロレックスを取り扱わずに、買取出来ないとする店もありますが、須賀質店では故障したロレックスでも修理可能であれば買取します。

 

 

故障のロレックスは買取できます

故障しているロレックスは、当然ながら故障していない時計よりも査定額が下がりますが、当店には時計の状態を見て修理費用を予想できるスタッフが常駐しています。そのため、故障していたり機能が不調なロレックスであっても買取が可能です。故障して動かないロレックスを買取に出したいなら、ぜひ須賀質店に問合せしてみてください。

 

 

故障していたり機能が不調であるロレックスであっても、じっくり拝見させていただき、できる限り高い査定額を提示できるようにいたします。また、故障したロレックスを修理して使ってもいいのですが、故障した時計を買取に出して一旦処分し、新たに別のロレックスを買い求めるのも1つの方法です。

 

ロレックスを売って買いなおす

また、故障の内容によっては簡単な修理で直ったり、部品の交換をしたりするだけで済むことも多いです。一度は買取店の専門家に見せて故障状況を判定してもらうといいでしょう。ただし、故障の程度を分解しないで判断するには熟練した技術が必要ですから、1店舗だけでなく数店舗で見てもらって、それぞれの意見を聞くことをおすすめします。

 

 

故障していても買取できる理由

故障したり機能が不調になったロレックスを買取できる店舗は、これまでにご案内したとおりに、時計職人を置いていたり提携する時計修理店があったりするからです。また店頭の鑑定士が、様々な状態の高級腕時計を取り扱って、動かなかったり故障している時計の買取を多数経験していれば、故障したロレックスであっても高価買取を期待できます。

 

 

故障したロレックスを買う

しかし、実はそれ以外にも買取できる業者の形態があります。その1つが、故障したロレックスを分解して、使えるパーツをリユースできる業者です。ロレックスの正規店以外にも、ロレックスの時計を修理する時計店がありますが、そういう店に分解したロレックスのパーツを回すわけです。ロレックスは、一度購入すれば、一生物と言われる高級時計です。ロレックスの愛用者の中には、祖父が使っていた時計を父親が受け継ぎ、さらにその子供も愛用するというケースもあるでしょう。

 

 

それも耐久性があり実用性の高いロレックスだから可能なのですが、ロレックスのパーツは製造中止後、長期間は在庫を保障しているものの、一定の期間を過ぎるとパーツの在庫の保証がありません。しかしロレックスの場合、アンティークな時計として古い時計を長い期間にわたって使い続ける人がいるので、ロレックスのパーツの需要は高いのです。また、ロレックスは世界的な高級ブランドですから、中古市場でも高値で取引されます。

 

 

ロレックスは高値で取引される

通常の使用で故障したロレックスは心配なし

こちらのページでは「故障したロレックスは買取できるか?」のタイトルで解説をしていますが、質屋の店頭でたくさんのロレックスを取り扱い、止まっていたり故障したロレックスも多数あつかってきましたが、通常の使い方で壊れてしまった、止まってしまったロレックスは、実はそんなに心配はいりません。通常の利用で壊れてしまったロレックスは、大抵修理可能で、それもオーバーホールという分解洗浄の作業の工程でなおってしまうものがほとんどといえます。

 

 

中古のロレックスを販売する場合、販売前に必ずオーバーホールを行います。オーバーホールとは、時計に定期的に必要なメンテナンスの作業で、すべての外装部品、内部の機械の部品をばらして洗浄し、新規の油を注油して組みなおす作業です。この過程で故障が直ってしまうロレックスが多数あって、こうしたロレックスから「故障しているから修理費用分を安く査定する」というのは、鑑定士の知識不足といえます。

 

 

リューズが壊れたロレックス

また、ロレックスの内部の機械というのはとても優秀な機械で、めったなことで部品交換を伴う修理をすることはない丈夫な機械です。そして、故障したり不調になったりする個所や原因は決まってくるのが普通です。こうしたロレックスの故障や不調の修理費用や原因がわからない、知らないというのは、鑑定士の知識不足を言われてもやむを得ないでしょう。

 

 

鑑定士を悩ませる故障したロレックスは、水没させてしまった場合と、ベゼル、ガラス、リューズなど外装部品が破損した壊れたロレックスです。これらが原因で故障してしまったロレックスは、買取査定時の鑑定士を悩ませることになります。

 

 

ガラスが割れたロレックス

水没させたロレックスで、リューズや裏蓋、ガラスの隙間から時計内部に水が入ってしまうと、中の機械が破損したり錆びたりします。部品が錆びてしまうと、錆び落としの作業は時間がかかる上に、落としきれないと部品交換になり修理費用がかさみます。錆びの程度は外観からは判らないので、経験値の高い鑑定士でも修理費用を想定することができないのです。

 

 

また、ロレックスの外装部品は入手することができない部品もあるので、こうしたロレックスの正規修理店でなければ部品の調達ができない修理が必要な時計は、ベテラン鑑定士であっても費用の予想が難しい作業であるといえるでしょう。

 

 

傷ついたロレックス買取

どのような状態であっても、ロレックスの需要は高い

ロレックスのように知名度があり価値が高い時計であれば、どのような状態であっても世界中で需要があるといってよいでしょう。質屋で様々な状態のロレックスを取引してきましたが、こんな状態のロレックスを購入してどのように処分するのか不思議に思う業者と、多数取引してきました。こうした業者の多くは、日本では売れないような状態のロレックスを海外で売却している業者が多かったように思います。

 

 

日本だけに販路を限定すると売れない商品でも、世界に販路を広げれば再販できる機会も増えるでしょう。それがロレックスのような人気と知名度がある世界的ブランドの強みです。そのため、世界の中古市場への販路を持っていれば、故障したロレックスを修理して再販しても十分に採算が取れます。このような理由から、世界の中古市場への販路を持っている買取業者や質屋は、故障したり不調になったり状態が悪いロレックスでも買取してくれます。

 

ロレックスの多彩な販路

もちろん修理代がかかるので利益は少ないのですが、それでもまとまった数があれば採算ベースに乗せることができるでしょう。故障したロレックスを買取できる業者は、そのギリギリの採算ラインを見極めて買取しているのです。また、世界の中古時計市場では、日本の市場ほどの精度や美しさを求められない市場もあります。日本の時計市場であればクレームになってしまうような状態や精度のロレックスでも、売買されてしまうような地域が世界にはあるということです。

 

 

日本だけでなく世界中の時計の市場を理解している業者であれば、日本では故障していたり不動であるロレックスでも流通させられる地域を理解していて、こうした地域で売却する方法を知っていたりします。こうした業者と取引できる買取店や質屋は、様々な状態のロレックスであっても買取することが可能になるわけです。

 

 

ロレックスを高額で買取してもらうためのポイント

ロレックスの時計で、高価買取を希望するのであれば、保証書の有無が重要になります。特に、デイトナやサブマリーナといったスポーツタイプのロレックスの場合、保証書がない場合数十万円の買取価格の差が付く場合があります。スポーツタイプのロレックスを高く売るのであれば、故障していたり不調である以上に、保証書の有無が重要なポイントになるので、時計本体と一緒に店舗に持ち込むことがポイントです。

 

 

ロレックスの保証書

このほか、買取に出す際はロレックスが入っていた箱や保証カード、ブレスレットのコマなどもあるかないかで査定額が変わります。こういったものはしっかり保管しておかないと、いつの間にか紛失している場合が多いですよね。購入したらすぐに引き出しの奥などに保管しておくことをおすすめします。

 

 

故障したロレックスでも買取してもらえるの? まとめ

故障したロレックスや時計の機能が不調になったロレックスは、買取してもらえる場合としてもらえない場合があります、といわれています。しかし、須賀質店では故障したり、不調だったり、止まっているロレックスで買取しなかったことはありません。ロレックスに限らず、時計で買取を断ったことは多分ないと思っています。

 

 

ロレックス買取を断らない

 

ずいぶん以前のことでしたが、時計のラグ部分が大きく破損してしまったロレックスエアキング 14000型を取り扱いしたことがあります。この時は質入れだったのですが、お客様から質預かりしている間、一体どのような取り扱いをするとこうした状態になるのか、いろいろ考えました。たぶん、車にでも轢かれてしまったのではないか、そんなひどいダメージの時計でした。

 

 

この車に轢かれたかもしれない時計は質流れになったときに、日本ロレックスでケース交換をして売却しようか、と考えて査定価格を付けた記憶があります。ともかく、時計で修理不可能というのはそうそうないというのが須賀質店の考え方です。

 

 

買取出来ないロレックスはない

ロレックスに限らず、時計買取のWebサイトには「買取業者にとっては、故障したロレックスを買い取るのはリスクがあります」といった解説がたくさんされているようです。そして「時計職人がいたり時計修理店と提携している買取店なら別ですが、そういう体制がない買取店では、買取を断られることがあります」と説明されているようですが、そんな時計であっても買取査定価格を付けられるのが、買取店や質屋の店舗の力量であり、鑑定士の知識と経験値の差が出るところです。

 

 

もし、皆さんが壊れたロレックスを買取りしてほしい、少しでも高く売りたいとお考えであるならば、ぜひ須賀質店に相談してみてください。

この記事を書いた人
須賀兼一
代表取締役
平成16年4月より須賀質店の代表取締役を務めています。質屋のシステムやビジネスモデルについて、初めてご利用する方にもわかりやすく解説することを心がけています。質屋でお金を借りることは、銀行や消費者金融からお金を借りる手法にはないメリットがあるのです。現役の質屋でしか語れない「質屋の便利な使い方」について、当Webサイトで解説しています。