失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

買取不可?買い取ってもらえないロレックスの特徴とは?

2020年5月20日

ロレックスを売りたいと考えているけど、自分の持っているロレックスは買い取ってもらえるのかわからないという方はいませんか。
高い値段で取引される高級時計のロレックスですが、買取不可の判断が下される場合もあります。
今回は買取ってもらえないロレックスの特徴について解説します。

□時計の買取で買取不可と判断されやすいパターンの破損

売りたいと思っている時計が破損してしまっていることもあるでしょう。
破損している時計は破損具合によっては買い取ってもらえない可能性もあります。
買取る店側は破損部分を修理して販売する必要があり、修理にかかる費用が高くつく場合は利益が生まれないので、破損具合によっては買取不可となってしまうのです。

では、どのような破損が見られる場合に買い取ってもらえない可能性が高くなるのでしょうか。
まず挙げられるのは文字盤が割れてしまっている場合です。
文字盤の破損修理はモノによってはガラスの交換ができなかったり、修理できなかったりする場合があるため、買い取ってもらえない可能性があります。

その他には、ケースの破損や時計の針が動かない場合にも買い取ってもらえない可能性が高くなります。
こちらも同じく修理できない場合や修理費費用が高い場合があるためです。

□ブランドによって買取不可の基準は違う

実は、買い取れるかどうかの判断基準は時計のブランドによって違います。
これは破損していて修理費用が高くつく場合でも、ブランドによっては高い値段で売りに出せるので、利益を確保できる可能性が高いためです。

その中でも、買い取ってもらいやすいブランドとしてロレックスが挙げられます。
ロレックスの世界的な評価はかなり高く、世界で最も売れているスイス製の腕時計はロレックスであると言われています。
様々な要因が考えられますが、単純に圧倒的な人気がロレックスの価値を高め続けています。

よく言われているのがロレックスは資産価値が非常に高いということです。
ロレックスよりも定価が高い時計は存在しているものの、資産価値にするとトップクラスであると言われています。

圧倒的な人気により需要がとても高いにも関わらず供給量が少ないので、資産価値が非常に高くなるのです。

他にロレックスが人気な理由として、完成されたデザイン性にあると言えるでしょう。
ロレックスの時計のデザインは昔からデザイン性が一貫していて、誰が見てもロレックスの時計であることがすぐにわかります。
この伝統的で、存在感があり、歴史のあるデザインがロレックスの時計の人気につながっていると言えるでしょう。

ブランド力も大きな魅力の1つです。
ロレックスはブランディングに力を入れていました。
特にメディアを巧みに使ったブランディングに力を入れていて、製品開発の過程での実験を大々的に公開するなどしていました。

印象的な実験を行い、その実験は消費者にインパクトを残すだけでなく、製品の耐久性を確認するという実験の要素も兼ねていました。
結果的に成功することで、ロレックスの時計の実用性を証明するとともに、多くの人の注目を浴びることに成功したのです。

具体的な実験の内容としては、深海での耐久性の実験であったり、エベレスト登頂に同行したりなど、興味を惹かれる内容で壮大な実験でした。
これらの普通は公開されないような実験を公開することで、人々を惹きつけ、認知度を高めてきたのです。

その他には富裕層にターゲットを絞って、広告を打つなどのブランディング戦略を展開していました。
富裕層を狙って広告を打つことで、ロレックスの時計は敷居の高いものという認識をイメージとして世間に植え付けようとしてたのです。

印象的な実験を公開することによって実用性、耐久性を身をもって証明し、富裕層を狙うことで敷居を高くして、ロレックスの時計のステータスを高め、ブランド力を付けてきたのです。
このブランディングによって今では世界中の人々が憧れる時計というイメージがあり、根強い人気を保っています。

□アフターダイヤのロレックスは買取できない

アフターダイヤとは元はダイヤモンドがついていない製品に、購入後自ら後付けでダイヤモンドを装飾するなどの加工を施すことを指します。

元からダイヤモンドがついている製品は価格が高くなる傾向にあるので、ダイヤモンドが装飾されていない製品を購入し、後からダイヤモンドを装飾することで少し費用を抑えられるという効果や、自分好みの装飾を楽しめるといった効果があります。

しかし、このアフターダイヤの加工が施された製品はもはや純正製品とは言えず、本来の製品とは別物になってしまいます。
アフターダイヤ加工された製品が純正のものとして取引されるという事態も起こっていました。
この事態が問題視され、ロレックスも公式にアフターダイヤ加工が施された製品のオークション取引や出品を禁止すると発表しています。

これにより、買取を行っている業者であってもアフターダイヤ加工が施された製品の買取を拒否するということがおおいです。

しかし、例外も存在します。
アフターダイヤ加工が施された製品でも買取可能な場合があるのです。
買い取ってもらえる条件として、取り換え可能は部分にのみアフターダイヤ加工されている製品に関しては、取り換えできる部分を正規品の部品と交換することで買い取ってもらえるようになります。

また、部品の交換ができないパターンであっても、加工されていない箇所はパーツ単体として買い取ってもらえる場合があります。
アフターダイヤ加工をしていて、買い取ってもらえないと思っていても部品を交換することで買い取ってもらえる場合や部品のみを買い取ってもらえる可能性があるので検討してみましょう。

注意すべきこととして、偽物は絶対に買取ってもらえないということです。
偽物の製品の取引は法律違反であり、ブランドの価値を大きく侵害することとなるので、当然偽物は買い取ってもらえません。

査定してもらう製品が偽物である場合は買取できないのはもちろんですが、買取できない理由を教えてもらえないこともあります。
偽物かどうかを正式に判断できるのは、正規品を販売しているブランドのみであって、買取を行う業者ではないからです。
そのため、たとえ買取店が偽物であるとの判断で買取を拒否しても、正規品でないという理由ではなく、他の理由で買取できないと説明を受けるでしょう。

偽物の取引は最悪の場合は法律で罰せられるので注意が必要です。
故意的に取引するのはもってのほかですが、貰い物で正規品かどうかの自信がない場合はあらかじめ確認しておく必要があるでしょう。

□買取不可と言われた場合の解決策

どうしてもロレックスの時計を売りたくて買い取ってもらおうとしたけど、買取できないと言われてしまった場合でもあきらめずに買い取ってもらう方法を探してください。

もし、買取業者を1社しか当たっていない場合はなおさらあきらめない方が良いでしょう。
業者によって査定基準は違う場合もあり、何社にも査定に出してみると意外と簡単に買い取ってもらえることもあるでしょう。
製品まるごと買い取ってもらえなくても、ロレックスのパーツは高値で取引されるので、部分的に買い取ってもらえることもあるでしょう。

□まとめ

今回は主に買い取ってもらえないロレックスの特徴について解説しました。
破損している場合、買い取ってもらえないケースもありますが、ロレックスの場合、意外と買い取ってもらえたり、パーツだけでも買い取ってもらえたりします。
早々からあきらめずに様々な買取店を当たってみることをおすすめします。

この記事を書いた人
須賀兼一
代表取締役
平成16年4月より須賀質店の代表取締役を務めています。質屋のシステムやビジネスモデルについて、初めてご利用する方にもわかりやすく解説することを心がけています。質屋でお金を借りることは、銀行や消費者金融からお金を借りる手法にはないメリットがあるのです。現役の質屋でしか語れない「質屋の便利な使い方」について、当Webサイトで解説しています。