ネックレス NECKLACEの買取・質入れ価格相場 | 買取・質入れの須賀質店
NECKLACE

ネックレス(取扱い品目一覧)

ネックレスの査定相場

下記のダイヤモンドや色石付きネックレスの買取査定額は、金・プラチナなどの貴金属の買取価格の影響を大きく受けるために、サイトの製作時の買取価格とお考えください。

 

また、ダイヤモンドや色石付きネックレスの買取査定価格は、金・プラチナの買取価格の他にダイヤモンドの買取価格にも影響されます。金・プラチナやダイヤモンドの買取価格は、それぞれの商品の買取相場以外にも、為替の影響にも左右されます。

 

そのため、下記に紹介したダイヤモンドや色石付きネックレスの査定価格とおりに買取をできない場合がありますので、下記買取査定額についてはひとつの参考としてご覧くださいますようにお願いいたします。

 

※質入れの場合のダイヤモンドや色石付きネックレス査定額は、買取査定額より10%~20%下回ります。

ネックレス 取扱い品目一覧
ネックレスの査定のポイント
ダイヤモンドや色石付きネックレスの高価買取、高価質入れのコツ

このページでは、ブランド製でないネックレスの買い取りや質入れ相場について説明しています。

 

「自分の持っているネックレスを少しでも高く売りたい」

「親から譲り受けたネックレスだが、質れして少しでもたくさんお金を借りたい」

 

こんな願いをお持ちの方であれば、現役の質屋 須賀質店がご案内するこちらのページをご覧になってみてください。高く買取して欲しい、高く質入れしたい、そんな要望に応えられるように出来るだけ簡単にわかりやすく解説しています。

 

こちらのページの後半部分では、皆さんのネックレス買取やネックレス質入れに役立つ解説を載せているのでご覧になってみてください。

ダイヤモンドや色石付きネックレスの買取価格、質入れ価格の決まり方

皆さんがお持ちのブランド製でないネックレス(←ノンブランドのネックレスと呼びます)は、どのようにして買取価格や質入れ価格が決まるのか、お判りでしょうか。

 

「買い取り店や質屋の査定員が、適当に値段を決めているのだろう」と思われている方もいらっしゃると思いますが、決してそんないい加減に決めているわけではありません。ネックレスの買取価格や質入れ価格は、きちんとした手順が有って決められています。ネックレスの買取価格や質入れ価格の決まり方は、以下の考え方で算出されます。

 

【ネックレスの素材価格+ネックレスに取り付けられたダイヤモンドや色石の価値+全体のデザイン】

 

 

①ネックレスの素材価格

皆さんがお手持ちのネックレスは、金やプラチナといった貴金属で作られていることがほとんどだと思います。金やプラチナは1gあたりいくらと、取引価格が決まっている素材です。

 

取引価格が決まっているとはいえ、どの店舗も一定の価格というわけでなく、店舗によってバラつきがあります。もし、少しでも高く売ろうと思ったら、また高く質入れをしようと思ったら、金やプラチナの買取価格や質入れ価格が高いお店に相談したほうが良いですね。

 

金やプラチナの買取価格や質入れ価格は、お店のWebサイトに公表されていることも多いので、お店にネックレスを持ち込む前に調べておいた方が良いですね。Webサイトに公表されていない場合でも、お店に電話で問い合わせをしてみれば、すぐに教えてもらえると思います。

 

また、金やプラチナの買取価格や質入れ価格は毎日変わるので、問い合わせをするのであれば同じ日に行わないと価格が正確に比較できなくなり、注意が必要です。

 

 

②ネックレスのダイヤモンドや色石の価値

ネックレスには喜平ネックレスのように、金やプラチナの素材のみのネックレスもありますが、ダイヤモンドや真珠、エメラルドやルビーといった色石が付いたネックレスもたくさんあります。このネックレスに取り付けられたダイヤモンドや色石やパールはそれぞれ価値があり、買取価格や質入れ価格を上乗せすることが出来ます。

 

ノンブランドのネックレスの場合、大粒のダイヤモンドや色石が取り付けられているケースは少ないので、小ぶりな宝石でも価値があるのはダイヤモンドであるといえます。

 

ダイヤモンドは、カラー(Color 色)、カラット(Carat 重さ)、クラリティ(Clarity 透明度)、カット(Cut 仕上げ)の4Cと呼ばれるグレードを組み合わせて、買取価格や質入れ価格を算出します。そして、4Cの組み合わせは無数にあるので、ダイヤモンドの4Cを見極めるのはとても難しい作業で、熟練の技術が必要です。

 

ネックレスを高く売ったり高く質入れするためには、ダイヤモンドをはじめ、エメラルドやルビーなどの色石を見極めて、高い査定価格を付けられる査定員がいるお店を選ぶことになります。ダイヤモンドや色石の価値を見極めて高い買取価格、高い質入れ価格を付けられる査定員に巡り合うには、ネックレスの質入れや買取を強化しているお店を何店舗か選んで、問い合わせをしてみることがお勧めです。

 

ダイヤモンドや色石は、実物を見てみないとその価値を見極めるのが難しいので、電話の問合せでは十分な情報を伝えられず高い査定価格を引きだすのは難しいでしょう。ネックレスについたダイヤモンドや色石の査定価格を問い合わせる場合は、メールやラインを使って画像付きの問い合わせにすることをお勧めします。

 

 

③全体のデザイン

ネックレスの買取や質入れで、ネックレス全体のデザイン性も価格を上乗せできる要素になります。ネックレスのデザインは流行の影響を受けるので、むかしに支持されたデザインであっても現代ではそうではない場合も良くあります。

 

ただ、ブランド製のネックレスの場合であれば、デザイン性に価値を見出して査定価格を上げることが出来る場合が多いですが、ノンブランドのネックレスの場合、デザイン性を査定価格に上乗せできることは稀であるといえます。

 

デザインについても②で触れた「ダイヤモンドや色石の価値」と同様に、メールやラインで画像付きで問い合わせをすることがポイントです。電話の様に言葉だけでは、ネックレスのデザインを十分に伝えきることが出来ないからです。

ネックレスの買取価格、質入れ価格の決まり方 まとめ

最後までお読みいただきましてありがとうございました。こちらまででご説明したのは

 

①ネックレスの素材である金やプラチナの買取価格、質入れ価格が高いお店を探す

 

②ダイヤモンドをはじめエメラルドやルビーの価値を見極められる査定員がいるお店を探す

 

③ネックレスのデザイン価値を見極めて、査定価格を上乗せできる査定員のいるお店を探す

 

 

以上の3つがネックレスを高く買取したり、高く質入れするために必要な要素でした。金やプラチナに他店よりも高い査定価格を付けることができるお店で、ネックレスについているダイヤモンドや色石の価値を見極めて、ネックレスのデザイン性に価値を見いだせる査定員のいるお店に巡り合うことが重要でした。

 

インターネットがなく、連絡手段が電話しかない時代であれば、こうした3要素を兼ね備えたお店を探すことは不可能でしたが、現在はWebサイトで店舗を絞り込めるだけでなく、問い合わせもメールやSNSやLineで複数の画像を添付して出来る時代になりました。

 

皆さんもネックレスを高く売ったり、高く質入れするのであれば、複数のお店にアクセスして査定価格を問合せすることをお勧めいたします。そして、少しでも高く売るなら、少しでも高く質入れするのであれば、このサイトの運営会社 須賀質店にもぜひお問い合わせください。