グッチGクロノスコープの時計を買取 | 買取・質入れの須賀質店
失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

グッチGクロノスコープの時計を買取

グッチの時計を買取須賀質店池袋営業所でグッチの時計を4万5千円で買い取りました。こちらの時計はGクロノスコープというモデルでクォーツ式(電池式)の時計です。

 

 

グッチとクォーツ式腕時計について須賀質店が解説します

 

 

グッチは1921年にイタリアで創業し、現在はケリンググループの中核企業です。

 

レザーアイテムの評判は創業当時から高く、第二次世界大戦下ではレザーアイテムが作れずに、代替え素材としてコーティングを施したキャンバス地で製品を作成しました。現在では、アパレルや今回買取した腕時計なども扱っています。

 

今回買取した時計はクォーツ式で、現在の腕時計において殆どの時計がクォーツ式です。有名なロレックス等の高級腕時計といわれている時計には機械式が採用されることが多いですが、現代においては工芸品としての意味合いが強いです。一般的にクォーツ式は大量生産が可能なため、安価なモデルに搭載されている事が多いですが、もちろん高級モデルに搭載される事もあります。

 

クォーツ式は電池が切れるまで動き続け、水晶を電子制御することで精度が良いことが特徴です。ただし力が弱いのでチッ、チッ、チッと1秒ごとの運針となり、大きくて太い針を動かすことが一般的には難しいことと、定期的な電池交換が必要になります。

グッチをクォーツ式の説明

 

今回のグッチGクロノスコープの時計買取金額と腕時計の高額査定を期待できるポイント

 

 

今回買取したグッチの時計は、付属品はありませんでしたが状態がよく買取り額4万5千円の査定となりました。

 

今回のお品物の様にブレスレットタイプの時計は、コマの間に溜まった汚れを柔らかめの歯ブラシなどでとっておくと綺麗な状態を保てます。査定においては汚れが詰まってコマの動きが悪くなっている状態を「コマが変形しているから交換が必要」判断されないために為にも重要です。

 

またクォーツ式の場合は、電池切れの際は電池交換をしてからお持ちいただく事をお勧め致します。電池が切れて動いていないだけでも、査定時には故障して動かない可能性を考えるため、強気の査定が出来なくなります。

 

ご来店前に上記の内容に気を付けるだけで、高額査定が期待できます。

クォーツ式は電池切れに注意

グッチGクロノスコープの時計買取についてのまとめ

 

 

今回の記事ではグッチGクロノスコープの時計買取について解説しました。グッチは日本でとても人気の高いブランドですので、腕時計をはじめバッグや財布、アパレルやフレグランスなどの人気が高いです。

 

この記事を書いている須賀質店ではバッグや財布類の取扱い量が多いですが、今回買取した腕時計やジュエリーなども買取実績がございます。ブランド品を中古で買われる多くの方は、そのブランドを象徴するようなデザインを好みます。

 

グッチでいうとGG柄がそれにあたります。文字盤やベルトがGG柄という腕時計もありますが、ブランドを象徴する腕時計となるとグッチではGクロノスコープもその一つでしょう。

 

お品物の状態により買取査定額は大きく異なりますが、必ず島定価が高い=買取額が高いという事ではない点が中古品の査定を行う醍醐味の1つです。経験豊富な査定員が大切なお品物をしっかり査定しますので、是非須賀質店にご来店下さい。

 

グッチのバッグ買取事例←こちら

グッチの財布買取事例←こちら

グッチの時計買取事例←こちら

この記事を書いた人
H.K
主任
入社前からの腕時計好きで、お客様と時計談義に花を咲かせることも多々あります。 また私の知らない情報をお客様から教えていただくことも多々あり、感謝しております。 現在は時計・貴金属・バッグをはじめ、スマートフォンやパソコンなど質屋ではあまり扱わない電化製品の査定スキルも習得致しました。