失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

グッチの財布の買取、偽物についての豆知識

2019年12月21日

須賀質店五反田本店で、グッチの財布を買取いたしました。黒いレザー製の長財布で、長方形の三辺にファスナーのまたがった、ラウンドファスナーと呼ばれるタイプの商品です。

 

グッチの財布の買取

 

グッチの商品の多くにGGの模様が入ったキャンバス地が使われていますが、今回お持ちいただいたのは、シンプルなデザインで黒一色のレザーの財布で、当然ながらこのような物も定番商品の一つです。

 

先に申し上げておくと、今回お持ちいただいたグッチの財布は、新品同様でかなり綺麗な状態であったため、25,000円で買取いたしました。

 

財布の買取というのは、やはり状態が命です。新品同様、ほとんど使っていないと言っても、次に使う事になる方は中古品として購入する事になります。グッチが販売するのではない以上は新品とは言えません。せめて言い方としては新古品と言ったところでしょうか。

 

中古品とは誰かが使っていた事が前提となるため、当然状態の悪い物、ボロボロの物も出回ります。しかし、中古品とは言え新しく購入する財布をわざわざボロボロの物にしたい人等いるわけもなく、状態の良い物程、より定価に近い高値で販売されます。

 

つまり、買取の時点でも、当然状態の良い物の方が高値をお付け出来るのです。

 

今回の買取では、このような理由で状態の良い物程高値で買取が出来るため、25,000円での買取となったのです。

 

財布やバッグ等、買取の際の真贋の見極めに付いて

 

須賀質店ではブランド品の買取を行っていますが、世の中には相当数のコピー品が出回っています。そういった商品にはお値段をお付けする事が出来ないため、買取は出来ません。

 

ではどのようにしてそれを見分けているのでしょうか。

 

一番は、常に様々なブランドの商品と接しているため、僅かな違いでも目についてしまうという事なのですが、簡単なポイントをお教えいたします。

 

ブランド品のバッグや財布というのは、数万円から数十万円とかなり高額な商品です。そんな物の作りが悪いわけがありません。

 

バッグや財布に関して言うと、コピー品の場合、縫製の悪さが目立つ物が多くあります。縫い目が波をうってしまっている。縫い始め、縫い終わり、返し縫いの位置がおかしい。こういった場合はコピー品である可能性が高いと思います。

 

実際に査定をする際には、真贋ではなく付ける事の出来る金額をお答えする事になるため、偽物かどうかといった事は基本的にお答え出来ません。

 

高級ブランドの商品は作りが良い、当たり前ではありますが、覚えていると役に立つと思います。

 

グッチの財布の買取を通して、質屋としてのまとめ

 

大切なものや愛着のあるもの、普段から使っているものでもいつか買い替える時や、いらなくなる時がくるかもしれません。そんな時に須賀質店いらしていただければお客様のお役に立てる事があると思います。

 

大正9年創業で、およそ100年続く須賀質店では、池袋、五反田、渋谷どの店舗にいらして頂いても熟練のスタッフが常駐しています。100年で積み重ねたデータと、最新の相場を駆使してお客様に満足していただける買取査定が出来るように日頃から研鑽を重ねていますので、是非一度、買取査定だけでもいらしてみてください。

 

また、電話のお問い合わせも受け付けておりますので、ご連絡をお待ちしております。

 

お品物を手放してしまう事に抵抗を感じるのであれば、買取だけではなく、手放さずに一時的に現金化する質入れという方法もございます。

 

お預かりしたお品物に応じた金額をご融資いたしますので、様々な状況に合わせて須賀質店にご相談ください。

この記事を書いた人
R.M
主任
趣味でバッグや財布を作る、須賀質店の古株従業員です。接客業が好きなため、アルバイトをしていた頃から職歴の全てが接客業です。自分でも物作りをするため、高級ブランドの商品の作りの良さに日々感嘆しています。