失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

ロレックス、GMTマスター、16700型の買取

2019年1月9日

ロレックス GMT 高価買取

須賀質店池袋営業所で、ロレックス、GMTマスター、16700型を買取いたしました。GMTマスターは、GMTマスターⅡの登場によって廃盤となってしまったため、現在は生産されていません。

 

Ⅱとのデザイン上での違いはほとんどありませんが、リューズの一段階目が日付の早送りになっているのが大きな特徴です。

 

ロレックス、GMTマスターの系譜

 

GMTマスターは、複数の時刻を知る事の出来るGMT機能を搭載したモデルで、パイロットウォッチとして誕生しました。

 

アメリカに存在していた、パンアメリカ航空の依頼によってパイロットに必要であったGMT機能を搭載した時計が作られたのです。

 

2つの時刻を確認する事の出来るGMTマスターを進化させたのが、3つの時刻を確認する事の出来るGMTマスターⅡです。

 

エクスプローラーのⅠ、Ⅱと違いデザイン上はほとんど変わらず、機能もGMTマスターⅡの方が優れているため、GMTマスターは1999年頃に廃盤となり、現在ではGMTマスターⅡのみが現行品で残っています。

 

4ケタの型番から存在するGMTマスターは、幾度かのモデルチェンジの後、16700という型番を最後に廃盤となりました。

 

最新のGMTマスターⅡは、セラミックベゼルとなって初めて、赤と青の2色のベゼルを再現したモデルの126710BLRO型となっています。

 

GMTマスター、16700型の買取

 

GMTマスターが廃盤となって20年近く経った現在では、以前とGMTマスターという時計に対する査定に大きな違いがあります。

 

それは、アンティークと呼べる部類に入ってきたという事です。

 

以前は単純に古い時計で、新しいGMTマスターⅡの方が高かったのですが、最近になって少し古いロレックスの中古品としての相場が大きく上がり、GMTマスターもその一つとなって、アンティークと呼ばれるような価値を見出されるようになったのです。

 

ロレックス GMTマスター 高価買取

中古品の買取査定では、新製品や新品未使用といった、新しい物程査定金額が高くなりやすくなっています。

 

中古品であるからこそ、より新しい物、綺麗物に需要があるからです。しかし、その範疇から外れ、古い物にこそ価値が見出されるのがアンティークやビンテージと呼ばれる物なのです。

 

ほんの数年前には40万円前後で買取査定をしていた16700型の時計ですが、須賀質店の買取査定はその時々の相場に応じた金額で行っています。

 

須賀質店池袋営業所で、700,000円で買取いたしました。

 

ロレックス、16700のGMTマスターの買取とまとめ

 

時計の相場は変動します。買取金額は常に同じではありません。

 

大きく金額が下がってしまう事もあるので、昔よりも安いと、お客様に言われてしまう事もあります。しかし、相場の上がっている商品もあります。それがロレックスの時計です。

 

須賀質店では、買取でお持ちいただいた商品は現在の相場確認してからお値段を付けています。今回ご紹介させていただいたロレックスの時計のように、相場が上がっている商品は、以前よりも多感で取引が可能です。

 

ロレックスの時計を売りたい方は須賀質店にお越しください。

 

 

 

 

ロレックスの買取相場←はこちら

【人気上昇中】ロレックス デイトナの買取事例←はこちら

【解説】ロレックスの査定ポイント←はこちら

 

この記事を書いた人
R.M
主任
趣味でバッグや財布を作る、須賀質店の古株従業員です。接客業が好きなため、アルバイトをしていた頃から職歴の全てが接客業です。自分でも物作りをするため、高級ブランドの商品の作りの良さに日々感嘆しています。
おすすめ記事