失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

18金、宝石付きの指輪を高価買取

2019年1月23日

指輪 アメシスト 買取

須賀質店池袋営業所で、アメシスト、ダイヤモンド付きの18金の指輪を買取いたしました。アメシストとは紫色をした水晶の一種で、今回お持ち頂いた指輪には1.02ctというサイズの物が付いていました。

 

アメシスト、ダイヤモンド付きの指輪の買取

 

様々な色に発色する水晶の中でも、紫色のアメシストは流通量の豊富な宝石の一つです。

宝石の価値を決める基準として、色や内包物の有無による質の良さでどれだけ美しいかという事は重要な要素ですが、希少性というのも大きな要素の一つです。ダイヤモンドやルビーのような天然鉱物の宝石で、サイズの大きくな物に高値が付くのも、大きく美しい物が産出され難いからという理由があります。

 

アメシストという宝石は流通量の多い宝石なので、希少性はあまり無いのが現状です。また、ダイヤモンドやルビーであれば1ctを越えていればそれなりの大きさではあるのですが、アメシストの1ct前後というのはあまり大きな物ではありません。

 

今回の買取査定はノンブランドのジュエリーなので、指輪に付いている宝石と、指輪そのものの素材である金の価格でお値段をお付けします。上記の理由からアメシストにはお値段を付ける事が出来ないので、金とダイヤモンドのお値段での買取となりました。

 

金の価格は相場の変動があるので日々更新されています。お持ち頂いたお品物は18金であったため、純金、24金の75%というのが金の価値となります。ジュエリー等の製品に18金が多いのは、金が柔らかい金属であるため、強度を上げるという意味で別の金属を混ぜた18金が使われるのです。

 

金は重さで取引されるため、指輪が何グラムあるのか量って買取価格を出します。この時に、金では無い部分であるアメシストの重さを引いてグラムを量らなければ正確な金の重さにはなりません。何の情報もなければ目分量でアメシストの重さを出しますが、アメシストは1.02ctという刻印があります。宝石の大きさとして使われることの多いカラットという単位は、正式には重さの単位であり、1ctが0.2gとなるため、アメシストの分で0.2g引いて計算いたしました。買取査定をする上では、このような豊富な知識が必要になります。確証の無い目分量で計算するのでは、大きく引かなくてはいけませんが、1ctが0.2gである事を知っているからこそ須賀質店のスタッフは正確に買取査定が出来るのです。

 

金とダイヤモンドの価格での買取とは言いましたが、ダイヤモンドは0.14ctであまり付いていなかったため大きな上乗せとはなっていません。しかし、金の買取価格は他店よりもお付けしていると思います。総重量が8.2gの指輪を須賀質店池袋営業所で、29,000円で買取いたしました。

 

アメシスト、18金の指輪の買取とまとめ

 

18金の指輪の買取は、どこに行っても同じ金額ではありません。金を高価査定で買い取っている質屋、それが須賀質店です。

 

店舗は東京都内に三か所、五反田、渋谷、池袋にございます。貴金属の買取は是非お任せください。金が高騰しているので、売却したという方も多いと思います。須賀質店は皆様のお問い合わせ、ご来店をお待ちしております。

 

 

 

 

プラチナ、アメシストの指輪の買取事例←はこちら

その他貴金属の買取事例←はこちら

金の買取相場←はこちら

この記事を書いた人
R.M
主任
趣味でバッグや財布を作る、須賀質店の古株従業員です。接客業が好きなため、アルバイトをしていた頃から職歴の全てが接客業です。自分でも物作りをするため、高級ブランドの商品の作りの良さに日々感嘆しています。
おすすめ記事