失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

18金ダイヤモンドつきブローチを買取

2019年1月24日

須賀質店五反田本店でノンブランドのブローチを3万円で買い取りました。こちらのお品物は18金のイエローゴールド製です。

18金のブローチを買取

 

金性と査定方法について須賀質店が解説します

 

 

金性とは、どのような金属を使っているのかを示す刻印で判断する事が一般的です。よく査定にお持ちいただくお品物の金性では「金」や「プラチナ」が多いです。さらにそれらの含有量も確認する必要があり「K18」・「750WG」や、「プラチナ950」・「プラチナ850」などの数字の部分が含有量を示しています。

 

今回のお品物はK18の刻印があり、18金を使ったお品物であると判断されました。つまり今回のお品物の金性は18金という事になります。

 

金属の種類とその含有量を特定したら、重さに応じて査定額を算出するのですが、刻印がない(見つからない)場合や、磨きなどを繰り返して薄くなって読み取る事ができない場合もあります。

 

その様な場合は比重計と呼ばれる機械でお品物の比重を確認して金性を特定する事も出来るのですが、今回のお品物の様に貴金属以外のものがついた状態や、貴金属でも中空の場合は空洞部分の空気が影響して比重を確認する事ができません。

 

では比重計が使えない場合は査定ができないのかというと、査定員の経験値によって金性を導き出して査定を行います。「色味」「質感」「手にした時の感覚」・・・目の前にあるお品物からあらゆる情報を確認して金性を導き出します。

 

刻印があっても同じ作業を行いますが、刻印の内容が合っているのかを「確認」する作業と、この金属は18金だと「導き出す」作業では同じようで全く違ったものです。

 

須賀質店ではこの様な金性の刻印がない貴金属もしっかり査定させていただきますので、もう使わなくなったジュエリーなどで「値段がつくのかしら?」と気になるものがあれば、お気軽にお問合せ下さい。

 

宝石類は汚れが付着すると輝きが失われてしまいますので、査定時に汚れがひどいと本来の輝きが得られずに低い査定額の提示になってしまうかも知れません。

 

特殊な器具などは必要なく、柔らかいクロスなどで表面を優しく拭くことと、宝石の裏やや金属との間にたまった汚れを、毛先の柔らかい歯ブラシなどで優しくかき出して汚れを落とします。全ての宝石にお値段がつくわけではありませんが、これだけで査定員の印象もだいぶ変わります。価値がある宝石にお値段がつかないことを防ぐ為にも、査定前には是非お試し下さい。

 

 

18金ダイヤモンドつきブローチ買取についてのまとめ

 

 

今回の記事では18金ダイヤモンドつきブローチ買取について解説しました。18金であると判断するためには色々な情報をもとにしますが、情報量が少ない場合は査定員の経験値でカバーするという事になります。

 

この記事を書いている須賀質店では、全ての査定員が常日頃から数多くの貴金属製品に触れており、どの査定員も経験豊富です。五反田・渋谷・池袋に店舗がありますが、各店舗に経験豊富な査定んが常駐しておりますので、貴金属製品の売却をご検討中のお客様はお気軽にご来店下さい。お客様のお品物を丁寧に、かつ迅速に査定させていただきます。

 

 

金の査定相場←こちら

金買取(取扱い品目一覧)←こちら

18金リングの買取事例←こちら

この記事を書いた人
H.K
主任
入社前からの腕時計好きで、お客様と時計談義に花を咲かせることも多々あります。 また私の知らない情報をお客様から教えていただくことも多々あり、感謝しております。 現在は時計・貴金属・バッグをはじめ、スマートフォンやパソコンなど質屋ではあまり扱わない電化製品の査定スキルも習得致しました。
おすすめ記事