失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

パネライ ルミノールGMT PAM00048型の裏蓋に傷がある時計を買取

2019年3月6日

須賀質店五反田本店でパネライの時計を25万円で買い取りました。こちらの時計はパネライのルミノールGMTというシリーズの時計になります。

パネライの買取

 

パネライのルミノールシリーズについて

 

 

パネライは1860年ジョヴァンニ・パネライによって設立されたイタリアの腕時計ブランドです。現在の正式名称はオフィチーネ パネライ(OFFICINE PANERAI)といい、多くの有名メーカーで形成されるリシュモングループの一員です。

 

1930年代からイタリア海軍の依頼を受けて、潜水部隊用の軍用時計を納品していたエピソードが有名です。この時計をベースにしたモデル「ラジオミール」と、今回買取した「ルミノール」はパネライの2枚看板モデルです。

 

ルミノールシリーズでは、シンプルな2針の「ルミノールベース」、9時位置のスモールセコンドと拡大鏡つきデイト表示の「ルミノールマリーナ」、ルミノールマリーナにパワーリザーブ計を追加した「ルミノールパワーリザーブ」、回転ベゼルを備えた「ルミノールサブマーシブル」、第二時間帯を表示できる針を持った「ルミノールGMT」、時社製ムーブメントを搭載した「ルミノール1950」、クロノグラフ機構を搭載した「ルミノールクロノグラフ」などもあります。

ルミノールシリーズの解説

 

パネライ ルミノールGMT PAM00048型の裏蓋に傷がある時計の査定について

 

 

今回買い取りしたルミノールGMTは、付属品が無い状態でしたが買取25万円査定となりました。

 

今回の時計は裏蓋に傷がある状態でした。傷は無いほうが良いことは間違いないのですが、腕時計は日常使用されていると細かな傷はついてしまいます。浅い擦り傷の様なものであれば、職人による研磨作業を行うと目立たなくなるので、大きな傷や凹みなどがなければ神経質になる必要はないと思います。

 

その他では目立つ傷や精度不良などもなく、250,000円での買取となりました。パネライの時計を多く査定した経験からですが、大ぶりの時計でラフに扱われることも多いためキズや凹み、サビなどの状態悪化が多い印象を受けます。

 

通常査定額の提示は難しいですが、須賀質店では壊れて動かない時計の買取も行っております。以前にガラスが大破して文字盤がキズだらけになったパネライのルミノールマリーナの時計も、11万円で買取させていただきました。他店で断られてしまったお品物でも精一杯査定させていただきますので、お気軽にご相談下さい。

パネライの査定

パネライ ルミノールGMT PAM00048型の裏蓋に傷がある時計買取についてのまとめ

 

 

今回の記事ではパネライ ルミノールGMT PAM00048型の裏蓋に傷がある時計買取について解説しました。パネライの時計はルミノールシリーズと双璧をなすラジオミールシリーズも人気があります。

 

私たち査定員もパネライについて勉強しておりますが、パネリストと呼ばれるファンの方々には及ばない事も多く、時には情報を教えていただく事もございます。パネライをはじめとしてロレックスやオメガ等も他店に負けないよう精一杯査定させていただきますので、売却をお考えのお客様はお気軽にお問い合わせください。

 

ルミノール買取事例←こちら

ラジオミール買取事例←こちら

パネライ(取扱い品目一覧) ←こちら

この記事を書いた人
H.K
主任
入社前からの腕時計好きで、お客様と時計談義に花を咲かせることも多々あります。 また私の知らない情報をお客様から教えていただくことも多々あり、感謝しております。 現在は時計・貴金属・バッグをはじめ、スマートフォンやパソコンなど質屋ではあまり扱わない電化製品の査定スキルも習得致しました。
おすすめ記事